端末画面リモート表示など

MobiControl v14 Manual


A. iPhoneまたはiPadの画面をコンソールに表示

端末ユーザがiPhoneまたはiPadを操作する画面変化を、コンソールの画面に表示できます。
端末ユーザは、画面を見せながら、コンソール管理者にアプリの操作方法について問い合わせができます。 
端末のアプリに不具合があるとすれば、それを、より早く、調査および解決ができます。

iPhone及びiPadの画面をコンソールに表示することを、リモート表示と呼びます。リモート表示をするための端末操作には、2種類があります。
  • 方法1 次のどれかのアプリを起動する
    1. SOTI Surf(ブラウザ)
    2. SOTI Hub及び、このアプリで文書を開いた状態
    3. SDK for iOSを組み込んだアプリ
    4. コンテンツライブラリ及び、これからダウンロードした文書を開いた状態
    5. コンソールから送られたメッセージを開いた状態
  • 方法2 「Remote Screen Sharing」を押す
    この場合は、どのアプリを起動中でも、コンソールに画面表示ができます。
方法1は、iOSのバージョンを問いません。
方法2は、iOS12以上が必要です。

B. 方法2の 端末側操作

MobiControlのアイコンをタップします。
画面の左上のハンバーバーマークをタップすると(図1)が表示されます。 インデックスのRemote Screen Sharingを選択します。
二重丸(赤矢印)をタップします。
(図3)に画面遷移します。
(図1)(図2)

「ブロードキャストを開始」をタップ。二重丸の部分が、3、2、1とカウントダウンします。

二重丸の赤点が点滅します。
(図3)(図4)

C. コンソール側操作

コンソールで該当の端末の名前をクリックすると、右上に(図5)のようなアクション・アイコンが現われます。
(図5)

(図5)で、「リモート表示」を選択すると、(図6)がポップアップします。
端末側でMobiControlのアイコンをタップしないと、「リモート表示」のアイコンは グレイアウトしたままです。

(図6) 


コンソール側のアプリ特長
ウェブベースブラウザプラグインのインストールが不要。
ダウンロード可能な
プラグイン
プラグインアプリ
  • ウェブベースで、端末画面を開けない場合は、当社にご相談ください
  • 最初に、プラグインでのリモート表示を実行しようとすると、(図7)のようなポップアップが現れます。 「ダウンロード」ボタンを押して、これをダウンロードします。

    (図7)

    このブラウザプラグインのファイル名は、SotiRemoteControlInstaller.msiです。これをコンソールPCにインストールし、且つ、ブラウザを再起動します。
    プラグインのインストール方法は、 「コントロール(Windows PC)のプラグインのインストール」を参照してください。 インストールプロセスでは、「Install for all users of this machine」を必ず選択してください。
  • (図6)の「毎回たずねる」をONにしておくと、リモート表示をするたびに、 「プラグインベース」か「ウェブベース」のどちらで実行するかのプロンプト(図6)がポップアップします。

D. リモート表示のWindow

(図8) 

 

(図8)が表示されると、端末ユーザに画面操作を開始するように要請します。

E. 方法2の場合の端末側の事前準備

「設定」を選び、更に「コントロールセンター」を選択します。(図9)が現れます。 (図9)で、「コントロールをカスタマイズ」をタップします。
もし「画面収録」が、「コントロールを追加」の欄にあれば、緑丸の十字部分(赤矢印)を タップします。
(図9)(図10)
(図11)
「画面収録」が、「含める」の欄に移動したことを確認します。 確認したら、ホームボタンを押して、「設定」から離れます。

(図9)から(図11)までの設定は、1回だけ実行すれば結構です。 今後、Remote Screen Sharingをする毎には、実行する必要はありません。

方法2の方法で、リモート画面ビューをするためには、端末は次の条件が必要です。
  1. OSのバージョンが、iOS12.0以上であること。
  2. MobiControlのAgentのバージョンが、13.2.1 Build3693 以降であること

F. ツールバー

 
(図8)の左上に、ツールバーが表示されています。 
端末画像の縮小。 
メニューの「表示」
からでも可能
端末画像の拡大 
メニューの「表示」
からでも可能
端末画像の回転端末画像の色品質。
通信回線が遅い時は
低品質へ
端末画像をキャプチャ。 
画像をコンソール
コンピュータに保存
端末画像を 
クリップボードへ
端末画像を印刷端末画像の変化を
ビデオ録画
ビデオ録画の中止 ビデオ録画の終了

G. ツールメニュー

(図12)

上辺で「ツール」を選択すると、(図12)のようにプルダウンメニューが現れます。
  • 「エクスプローラツール」
    を選択すると、(図8)のようにエクスプローラ風に、端末内フォルダを開くことができます。 を開くと、サブフォルダを表示できます。
    (図8)のの矢印部分をクリックすると、その内部が、 のペインに表示されます。
  • システム情報
    端末画面の解像度(縦横のピクセル値)や、メモリ使用率などが表示されます。
  • チャットツール
    端末との間で、チャットができるようになります。(図8)の端末メニュー画面では、「リモートチャット」の項目を、 端末側でタップして貰うと、チャットができます。
  • ビデオ
    端末画面の変化を動画として録画できます。