パッケージ・スタジオ

MobiControl v14 Manual

パッケージとは

MobiControlパッケージ・スタジオを起動してアプリファイルを挿入(登録)すると、「パッケージ」(拡張子:pcg)を作成できます。 MobiControlサーバから端末に、そのパッケージを送った直後にアプリはサイレント・インストールされます。 サイレント・インストールとは、端末ユーザの介在なくして、自動的にインストールすることです。
パッケージは、Android、Windows、及びLinuxの端末に送ることができます。

Android Enterpriseモードの端末に対してアプリを配布するには、 通常のMDM/EMMソリューションでは、Google Playストアに アプリを登録する方法しかありません。MobiControlでは、Google Playストアに登録せず、パッケージを端末に直接配布することもできます。 これにより、社外秘のアプリが外部に漏れる不安を回避できます

端末にアプリを配布する方法には、他にアプリカタログがあります。パッケージとアプリカタログの端末OS別の対応状況を下表に示します。


パッケージアプリカタログ
iOS、macOS
Android
Windows

Windows Modern
(ADでユーザ認証ができる環境でのWindows10)
Windows Classic
Windows Embedded
Linux
(Ubuntu、Raspbian)
パッケージを端末に送り、アプリをインストールするまでの作業は、次の通りです。

(図1)

  1. アプリを開発する。外部アプリなら、それをダウンロードする。
  2. パッケージスタジオを起動し、パッケージを作成し、ビルドする。
    1. パッケージプロジェクトを作成
    2. アプリ・ファイルを挿入
    3. スクリプトを挿入(オプション)
    4. ビルド(コンパイル)
  3. パッケージをMobiControlサーバにアップロードする。
  4. パッケージをプロファイルに積み込む
  5. 配布対象の端末、端末グループ又はAD(Active Directory)のグループにプロファイルを割り当てる。デフォルトでは、割り当てるとすぐに端末に送られます。
  6. 構成プロファイルを受信した端末は、アプリをサイレントインストールする。
  7. インストールされたかどうかをコンソールで確認する。

パッケージの最大サイズは、2GBです。これ以上大きいサイズのアプリファイルは、ファイル同期ルールで端末にプッシュ配布するか、 コンテンツライブラリで端末ユーザにピックアップして貰います。

パッケージスタジオのダウンロード

コンソール画面の左上の三本線アイコンをクリックすると、(図2)のメニュー画面が現れます。
(図2)

 

(図2)の「パッケージ」を選択すると、画面が遷移します。画面の上部は(図3)のようになります。

(図3)
パッケージ管理画面


(図3)の「パッケージスタジオのダウンロード」のボタンをクリックすると、 (図4)のポップアップが現れます。「ファイルを保存」を選択します。

(図4) 

 
パッケージスタジオは、頻繁にバージョンアップされています。 MobiControlサーバのバージョンがアップグレードされたら、新しいバージョンまたはビルドのパッケージスタジオをダウンロードすることを お勧めします。

パッケージスタジオの起動

MCStudio.exe は、「ダウンロード」フォルダに保存されています。 
これを、適当なフォルダに移し、MCStudio.exe をクリックすると、 パッケージスタジオが起動します。

(図5)