設定をする

MobiControl v14 Manual


iOS (7.0 以上)のiPhone及びiPad、並びに、macOS (10.12以降)をプラットフォームとするApple社製品をMobiControlに登録し、管理するための 方法を説明します。

A. iOS端末の設定の前に決めておくこと

A-1. 監視モードか非監視モードか

構成プロファイル、ルール及び詳細設定の設定をしますが、「監視モード」でしか有効にならない機能が 多々あります。 そこで、端末の設定モードを、「監視モード」にするか「非監視モード」にするかを、最初に決めておきます。 設定の途中で、この設定方針を変更するとなると、作業工程にロスが生じます。
「監視モード」の方が、端末管理領域が広く、Appストアのアプリのサイレントインストールができるなど、業務の効率性が増します。 「監視モード」のメリットについては、「監視モード」を参照ください。
一方、「非監視モード」の端末では、端末側操作で、MobiControlからの脱出、つまり、登録解除ができます。 そういう意味で、私物端末は、「非監視モード」で設定することが妥当です。
勿論、会社支給端末を「非監視モード」に、私物端末を「監視モード」にセットアップするのも技術的には可能です。 「監視モード」と「非監視モード」のライセンス料金は同じです。

(図1)

「監視モードで端末を設定する」と、方針決定した場合に、最初にやる仕事は、 Apple社に、ABM(Apple Business Manager)担当者アカウントの発給を申請することです。1週間程度かかります。 ABM担当者アカウントがないと、端末のセットアップができません。 ABM担当者アカウントの作成を参照ください。
監視モードの端末セットアップ方法には、下記2種類があります。その選択は、下表のように自動的に決まります。
対象端末 セットアップ方式
  • 携帯電話会社から直接購入する端末
  • DEP販売店IDを持つ販売店から購入する端末
自動DEP登録
  • DEP販売店IDを持たない販売店から購入した端末
  • 既に購入済の端末
  • 非監視モードで使用中の端末
手動DEP登録
「自動DEP登録」と「手動DEP登録」の設定の違いは、手動DEP登録を参照ください。「手動DEP登録」は、 アクティベーションを伴うので待機時間が長いですが、設定工程そのものは15秒間程度ですみます。 それも、Apple Configurator USB Hub を使い、10台以上を同時に、設定すると、作業がはかどります。 「自動DEP登録」でも、macOSコンピュータにUSBケーブルでつないで、アクティベーションをすると、作業がはかどります。

A-2. 登録時にActive Directoryで認証させるか否か

これも、設定作業の前に、事前決定をしておきます。
AD_DS(Active Directory Domain Service)で認証して、端末登録をすると、端末ユーザのAD_DSの属性情報をMobiControlが把握できます。 そのことで、端末管理の有用性が増します。
登録時にAD_DSで認証して登録することのメリットについては、「AD_DS認証をして、端末をMobiControlに登録するメリット」 を参照ください。
AD_DSで認証をすると方針決定した場合は、 LDAP接続プロファイルの作成をしておきます。
インターネット上のMobiControlサーバを利用する場合は、 AD FSとの接続プロファイルを作成しておきます。
AD_DSまたはAD_FSで認証する場合は、 これらの接続プロファイルのどちらかを設定しておかないと、端末登録ルールは作成できません

B. 端末の設定順序

MobiControl設定を、総覧的にご理解いただくためには「MobiControlの設定順序」 のページを、お読みください。
Apple製品の設定のためには、必ず、APNs証明書のインストールを実行してください。
端末OS共通の設定項目も、参照ください。

C. 「構成プロファイル」と「ルール」の設定のための基本メニュー

コンソール画面の左上の三本線アイコンをクリックすると、(図2)の基本メニュー画面が現れます。
(図2)

 

(図2)の「プロファイル」を選択すると、 設定済みの構成プロファイルの一覧画面(図3A)又は(図3B)が現れます。
  • MobiControl v14.3以上の場合は、(図3A)が表示されます。
  • MobiControl v14.3未満の場合は、(図3B)が表示されます。

(図3A)
プロファイルの一覧 (MobiControl v14.3以上の場合)

(図3A)の右上の「新しいプロファイル」のアイコン(赤矢印)をクリックすると、端末のプラットフォームの一覧がプルダウンされます。 この中から「Apple」を選択して、新しいプロファイルの作成を行います。

(図3B)
プロファイルの一覧 (MobiControl v14.3未満の場合)

(図3B)の上辺の「Apple」のタブを選択し、「追加」ボタン(赤矢印)を押して、 新規の構成プロファイルを作成します。

(図2)で、「ルール」を選択すると、ルールの種類の一覧(図4)が現れます。

(図4)
ルールの種類

(図3B)及び(図4)のいずれでも、コンソール画面下辺には、(図5)のようなタブが表示されmす。

(図5)
Apple製品の設定画面での下辺タブ

 

(図5)で「ルール」のタブを選択すると、ルールの設定モードに画面遷移します。 同様に、「プロファイル」のタブを選択すると、構成プロファイルの設定モードに画面遷移します。
iOS端末の構成プロファイルは、macOSのコンピュータのそれとは、異なります。iOS端末の構成プロファイルを macOSコンピュータに割り当てることはできません。その逆もできません。
macOSコンピュータに適用できるルールは、「端末登録ルール」だけです。

D. 「詳細設定」の設定のメニュー


コンソールで、対象となる端末グループを選択し、3点リーダーをクリックすると、(図6)のようなメニューが現れます。
(図6)
(図6)の中から、「グループの詳細」を選択します。 現れたダイアログの上部タブで、「構成」を選択すると、(図7)が表示されます。
ここで、「編集」をクリックすると、詳細設定を設定できます。

(図7)