アラート・ルール(全OS共通)

MobiControl v14 Manual


異常状態が発生した場合、管理者にその旨をメール連絡します。同時に、アラート管理画面に、アラートログを表示します。


アラート・ルールとは

「アラート・ルール」は、何をアラートトリガーとするかを規定します。
アラート対象は、端末、MobiControlサーバ、システム全体です。 アラートルールの作り方は、下記のリンク先を参照ください。

アラート・ルールと電子メールプロファイルの紐付け

アラートイベントが発生したら、メールで関係者に通報します。 そのメールの差出人に関するプロファイルを予め設定しておきます。そのプロファイルの主な内容は SMTPサーバのURLや認証パスワードの設定などです。
  • アラート内容により、アラートルールは、複数設定されます。(例:サーバ運用、端末の技術的イベント、コンプライアンス関係など)
    各々関係者も異なります。

  • メールは、サーバにより自動発信されますが、その差出人メールアドレスは、担当者のメールアドレスを使って発信されます。 メール受信者が返信すると、当該担当者に返信が届きます。

  • アラートルール毎に、差出人メールアドレスに関するプロファイルを選択設定します。

端末のアラートとその構成プロファイルの自動変更

アラートイベントに基づき、その端末の機能を変更するために、端末の所属グループを自動変更させます。
  1. 端末にセキュリティ上のリスクが生じたとき
  2. ジオフェンスで、端末が職場内に入ったとき、または職場外に出たとき
a. の場合は、VPNなど社内情報へのアクセスを禁止したり、特定のアプリの使用を禁止したり、端末の機能設定を変える必要があります。 それには、当該端末の所属グループを隔離グループに移動させます。隔離グループの構成プロファイルとルールと詳細設定は、抑制的に設定しておきます。
b.の場合は、情報漏洩対策の見地から職場内と職場外の構成プロファイルを作っておき、各々別々の端末グループに割り当てておきます。 端末がジオフェンスの中に入ったり、外に出たことを検知して、端末グループを移動させます。

アラートの監視管理

MobiControlの管理者は、アラート通報メール以外に、アラート管理画面で、アラートを監視し管理できます。 「アラートの監視管理」とは、アラート発生を認識し、認識メモを記し、問題解決に努め、問題解決メモを記す プロセスを指します。 アラート監視管理については、「アラートの監視と管理」を参照ください。