端末の詳細

MobiControl v14 Manual


端末の詳細

コンソールの左側ペインで任意の端末グループを選択すると、(図1)のような端末一覧が表示されます。

(図1)


(図1)の中の任意の端末名をクリックすると、(図2)のように、当該端末の属性情報が表示されます。

(図2)

下記の全ての表の赤文字の項目は、直近の「接続」の時に、サーバが収集したデータです。「チェックイン」の時には収集できない項目です。

1. コンプライアンス

(表1)

項  目説  名
コンプライアンス
ステータス
端末が正常な管理対象になっているかどうか
  • コンプライアント(正常な管理対象)
  • 非対応
    • 非登録(登録されていたが、登録解除された)
    • 管理者によって無効にされた端末(「利用禁止機能」を実施された。登録はされているが、サーバとの 送受は中止している状態)
    • Wipeされた(初期化された)
    • 脱獄された
      (但し、脱獄した後に、端末ユーザがMobiControlエージェントを起動することで、サーバに通知される)
エージェント互換インストールされたエージェントが、端末モデルと適合性があるかどうか。
適合性があると「はい」

2. 端末の詳細

(表2)

項  目説  名
端末種別 Apple製品の場合、iOSかmacOSか
端末ID登録時にMobiControlが付番した16進法番号
登録実行日時MobiControlに登録した日時
端末ファミリー端末登録ルール作成時の上辺タブの名前
IPアドレスApple製品の場合、最後に「接続」した時のIPアドレス。チェックインした時のIPアドレスではない。
エージェントオンライン「接続」しているか否か。端末ユーザがMobiControlエージェントまたは SDK for iOSをアドオンしたアプリを起動、若しくは、コンソールから送られたメッセージをタップすると「接続」する。
端末モード下記のいずれかの表示
  • アクティブ (正常にMobiControlの管理下にある)
  • 管理者による登録解除
  • ユーザによる登録解除
  • 管理者によって無効にされた端末(「利用禁止機能」を実施された)
  • Wipeされた(初期化された)
  • 脱獄された
    (但し、脱獄した後に、端末ユーザがMobiControlエージェントを起動することで、サーバに通知される)
OSバージョン直近のチェックイン時のOSバージョン
パス所属する端末グループの階層関係
Deployment Server端末を管理しているデプロイメントサーバの名前
エージェントバージョンMobiControlのエージェントソフトのバージョン
エージェントなしエージェントレスで運用しているかどうか
(iOS端末では、機能制限があることを前提に、MobiControlエージェントが無くても運用ができます)
エージェント チェックイン時間MobiControlエージェントによる直近のチェックイン時刻
(エージェントチェックインは「接続」の後に実行される)
エージェント接続時間MobiControlエージェントによる直近の接続時刻
エージェント切断時間MobiControlエージェントによる直近の接続の後に切断した時刻
ネットワーク接続タイプ直近のチェックインの時に、端末が直接的に接続していた回線の種類:
「携帯電話回線」経由か「WiFi」
パーソナイラズされた名前 端末の「設定」-->「一般」-->「情報」-->「名前」で表示されている名前。コンソールに表示される端末名ではない。
電話番号契約キャリアから割り当てられた電話番号
ビルドバージョンiOS または macOS のビルド番号
バイパスアクティブ化
ロック ステータス
(アクティベーションロック・バイパスのステータス)

監視モードの端末でのみ有効な機能
コンソールからのリモートWipeの後には、端末をアクティベーション(初期設定)をすることになります。 予め、端末にアクティベーションロックのバイパスを要求しておくと、アクティベーションの作業が 簡単にできます。
具体的には、Apple ID とパスワードまたは、バイパスコードの入力作業を回避(バイパス)できます。 次の4種類の値が表示されます。
  1. バイパスを要求済み
    アクティベーションロックのバイパスをコンソールから端末に対し要求済み
  2. コードを使用できる
    有効なアクティベーションロックのバイパスコードをサーバは受領済みだが、 現在は、コンソールからバイパスを端末に要求してない状態
  3. コードの有効性が未定義
    アクティベーションロックのバイパスコードが有効か否か不明
  4. コードを使用できない
    なんらかの理由でアクティベーションロックのバイパスコードを利用できない
  5. 該当なし
    アクティベーションロックのバイパスコードを MobiControlサーバが受領していない
詳しくは、アクティベーションロックとそのバイパスを参照ください。
登録済MobiControlに登録されているか否か
紛失モード紛失モードにすることができるか否か。できない場合は「該当なし」
監視モードの端末でのみ、紛失モードにすることが可能
iTunesハッシュIDPCのiTunesにバックアップする時に使われるID
MDMステータス更新端末のMDMプロトコルが、端末のステータス情報を収集した直近の時刻。 端末の直近のチェックインよりは前の時刻になる。

3. 携帯の詳細

(表3)

契約した通信会社の網識別番号
項  目説  名
携帯電話のキャリア現在接続中の携帯電話会社。契約した携帯電話通信会社でないことがある。
ICCIDICカード識別子。SIMカードの識別番号の一つ。19桁。
IMEI/MEID/ESN 端末識別番号
IMEI (International Mobile Equipment Identity)
MEID (Mobile Equipment Identfier)
ESN(Electric Serial Number)
ローミング現在、ローミング中か否か
携帯の通信方式2G通信をする場合の通信方式
  • GSM
  • CDMA
  • GCM及びCDMA(デュアルモード)
現在接続中の通信方式を表示しているのではない。
キャリアの設定バージョン端末で、「設定」-->「一般」-->「情報」--> 「キャリア」の数字
現在のMCC接続中の通信会社の国番号
日本は440と441。ローミング中は外国の国番号を表示
現在のMNC接続中の通信会社の網識別番号。ローミング中は海外のキャリアの網識別番号<
データローミングが有効「設定」-->「モバイルデータ通信」-->「通信のオプション」-->「データローミング」を オンにしてある。
コンソール管理者は、「データローミング」ができないアプリを指定できる。
SIMキャリアネットワークSIMを購入したキャリアの名前。現在接続中のキャリアと異なることがある。
加入者のMMC契約したキャリアの国番号
加入者のMNC
音声ローミングが有効「設定」-->「モバイルデータ通信」-->「通信のオプション」-->「ローミング」で音声ローミングをオンに してあるときは、「はい」

4. 端末ステータス

(表4)

項  目説  名
Exchangeがブロックされました MS ExchangeのフロントサーバであるExchange ActiveSyncに対し、アクセス拒否を指示したかどうか。 指示してないときは、「いいえ」
ExchangeのステータスMS Exchangeサーバへのアクセス許容/拒否
許容されているときは、「いいえ」、拒否されているときは「はい」
暗号化済パスコードまたはTouch IDを設定しているか否か
OSセキュア脱獄(JailBreak)しているか否か。してないと「はい」
パスコードが有効パスコードの設定をしてあるか否か
アクティブ化ロックアクティベーションロックが有効状態なら「はい」、無効状態なら「いいえ」が表示される。詳しくは、 アクティベーションロックとそのバイパスを参照。
「iphoneを探す」を有効にする有効にしてあると「はい」
おやすみモードを有効にする有効にしてあると「はい」
iTunesストアがアクティブiTunesストアにアクセス可能か否か
パーソナルホットスポットを有効にする端末がテザリング(WiFiルータに)なっていると「はい」
監視下端末が監視モードになっている。

5. ユーザ情報

端末登録ルールの設定では、AD_DS(Active Directory)での本人認証を「必要とする」か、「必要としない」の選択肢があります。 どの選択肢を採用するかによって、このユーザ情報欄の表示が変わります。

端末登録ルールの設定
AD_DSで認証しないAD_DSで認証する
iOS何も表示されない AD_DSのユーザ情報が表示される
macOSコンピュータmacOSコンピュータにログインするときに入力するログインユーザ名が表示される

(表5)

項  目説  名
ユーザ名AD_DSでのユーザ名。
下の名前。英語のFirst Name
ドメイン名AD_DSのドメイン名
UPNユーザープリンシパル名。ユーザ名とAD_DSのFQDNドメイン名を @で接続した文字列
IDAD_DSのユーザアカウントのSID(Secure Identifier)。AD_DSにユーザを登録したときに自動的に発行されるID番号。
ユーザ情報が空白の場合は、手動で入力ができます。
をクリックすると、 設定してあるLDAPプロファイル名が表示されます。 複数のLDAPプロファイル名を設定してある場合は、右端をプルダウンすると、LDAPプロファイル名のリストが表示されるので その中から該当するLDAPプロファイル名を選択します。
続けてユーザ名を入力します。ユーザ名の全ての文字列を入力しなくても、半角で最初の4文字を 入力すると、ユーザ名候補が表示されます。それを選択すると(表5)の情報が自動的に表示されます。

6. ハードウェアの詳細

(表6)

項  目説  名
MACアドレスWiFiモデムのMACアドレス
メーカーApple
モデルiPHone、iPad、MacBook、iMac、MacPro、MacMiniの区別
総メモリメモリ容量。一時的記憶装置の容量
総ストレージ永続的記憶装置の容量
書込可能なメモリ容量メモリの空き容量
書込可能なストレージストレージの空き容量
バッテリステータスバッテリの残量
ハードウェア暗号化機能暗号化の鍵をハードウェア(チップ)に保存する方式の場合、「データの保護が有効」と表示する
BluetoothのMACアドレス
メーカーのシリアル番号製造時にメーカーがつけた16進法番号
モデル番号メーカーが付けたモデル番号
モデムのファームウェアWiFiモデムのファーウェアバージョン
製品名商品としてのモデル番号

7. 付属情報

コンソール管理者が追加的に入力した端末に関する情報。 任意の情報を付加できる。例えば、「所属部門名」、「会社支給か私物か」、「端末ユーザ名」、「端末ユーザのメールアドレス」、「端末の資産台帳番号」 など。
詳しくは、端末グループと端末の付属情報を参照ください。

8. ソフトウェアアップデート

(表7)

項  目説  名
ソフトウェアアップデートを入手できますアップデートできるOSの新バージョン・ビルドがあるか否か
最後に使用できる OS アップデートをスキャンアップデートできるOSの新バージョン・ビルドがあるか否かを チェックした日時
端末のステータス情報は、直近のチェックインで、サーバが収集した情報です。 但し、下記の情報は、直近の「接続」の時に、サーバが収集した情報です。
  • IPアドレス
  • バッテリ空き容量
  • 総メモリと書込可能なメモリ容量
  • 脱獄(JailBreak)しているかどうか
チェックインと「接続」については、iOS:チェックインと接続を参照ください。