連絡先(CardDAV)

MobiControl v14 Manual

CardDAVサーバから連絡先情報をダウンロードします。その内容はiOSの連絡先アプリ(コンタクトアプリ)に 反映されるようになります。
(図1)の「構成プロファイルのメニュー」の画面を表示します。
表示方法は、「iOS端末の構成プロファイルの作成」を参照ください。
(図1)の中から、「連絡先」を選択します。

(図1)


「構成プロファイルの追加」メニュー(図1)の中の「連絡先」を選択すると、(図2)が表示されます。

(図2)連絡先設定画面


連絡先設定画面の説明

項 目 名説 明
アカウントの説明この設定の表示上の名前
アカウントのホスト名CardDAVサーバのホスト名 またはIPアドレス
アカウントのポート番号CardDAVサーバのポート番号
CardDAVのプリンシパルURLCardDAVサーバで要求された場合に入力する
アカウントのユーザ名CardDAVアカウントのユーザ名(ログインID)。 もし、CardDAVサーバが、AD_DS(Active Directory Domain Service)での認証を必要とするように設定してあれば、 %EnrolledUser_UPN% とマクロの入力でも可能。 その場合は、構成プロファイルに、端末ユーザの実際のUPNに置き換えて、端末に配布する。
アカウントのパスワードCardDAVアカウントのユーザ名に対応するパスワード
SSLを使用CardDAVサーバとの交信にSSLを適用する場合にチェックをいれる

次の場合、端末ユーザはパスワード入力することなく、CardDavサーバにログインできます。
  • CardDavが、AD_DS(Active Directory Domain Server)の認証を必要とするように設定してある
  • 端末をMobiControlに登録する際に、AD_DSによる認証を必要とするように、端末登録ルールを作成してある。 従って、端末を登録する際に、AD_DSのパスワードをMobiControlサーバに入力する。
  • 端末登録の「詳細設定」で、「パスワードをキャッシュに入れる」にチェックを入れてある
  • 端末の登録後、10分以内に、ここで作成する構成プロファイルが、端末に配布されること。MobiControlサーバは、 その構成プロファイルに、パスワードを含めて端末に配布します。従って、端末ユーザはパスワードを入力することなく CalDavにログインできます。

構成プロファイルの作成が終わると、「OK」ボタンを押します。
構成プロファイルの作成が終わると、これを対象とする端末グループやAD(Active Directory)の グループに割り当てます。そして、それを当該グループの端末に配布し、インストールします。詳しくは、 「Apple製品の構成プロファイルの作成」 のページの「E. 構成プロファイルの端末グループへの割り当て」以下を参照ください。