Webクリップの表示

MobiControl v14 Manual

iOS端末のホーム画面にWebサイトへのショートカット(Webクリップ)を表示させます。 業務上、頻繁にアクセスするWebサイトのWebクリップを表示しておくと、端末ユーザにとってアクセス作業を楽にできます。  
 
(図1)の「構成プロファイルのメニュー」の画面を表示します。  
表示方法は、「iOS端末の構成プロファイルの作成」を参照ください。

(図1) 
 

 
(図1)の中の「Webクリップ」を選択すると、(図2)が表示されます。

(図2)Webクリップの登録 

項 目説 明
名前端末の画面にアイコンの下に表示される文字列
アイコン端末の画面に表示されるアイコン画像。(図2)の画像部分をダブルクリックすると、 コンソールマシンのエクスプロラが開きます。 画像ファイルのあるフォルダに移動して、所定の画像ファイルを指定します。画像が変ります
メモWebサイトの説明
URLWebサイトのURL。
このURLには、接頭辞を指定します。
この欄に記述する接頭辞サイトのURLの接頭辞ブラウザの種類
http://httpSOTI Surf以外
https://https
surf://httpSOTI Surf
surfs://https
削除可能端末ユーザが当該Webクリップを削除するのを許容するときに、チェックを入れます
アイコンに追加の視覚効果は適用されませんこのチェックをオフにすると、アイコンの4隅が丸くなります。オンにすると4隅の角マルが消えます
全画面表示モードでWebクリップを開きますWebクリップをタップして、Webページを開いたときに、フルスクリーンで表示させるときにチェックを入れます。 フルスクリーンモードにすると、画面上辺のステータスバーが消え、画面下辺のツールバーは「戻る」「進む」「通常表示に戻る」アイコンのみ表示され、 「ブックマーク」アイコンなどは表示されません。

 

構成プロファイルの作成が終わると、「OK」ボタンを押します。
構成プロファイルの作成が終わると、これを対象とする端末グループやAD(Active Directory)の グループに割り当てます。そして、それを当該グループの端末に配布し、インストールします。詳しくは、 「Apple製品の構成プロファイルの作成」 のページの「E. 構成プロファイルの端末グループへの割り当て」以下を参照ください。