iOS7端末のセットアップ

MobiControl v14 Manual

端末グループ毎に、端末登録ルールが作成されています。 その端末登録ルール毎に、一意性のある登録IDが生成されます。
iOSのバージョンが、iOS7の場合、次の手順で、MobiControlサーバに登録します。
  1. Appストアから、MobiControlエージェントをダウンロード
  2. MobiControlエージェントをインストールするプロセスで、登録IDを入力する 画面が表示される。ここで、登録IDを入力
  3. 画面プロンプトに従い、タップをすると、登録完了
以下、その方法を詳述します。この方法での登録では、MobiConrolエージェントを「管理対象」とすることができません。 従って、iOS8以上の端末では、この方法での登録をお勧めしません
MobiControlは、iOS6以前のiOS端末をサポートしていません。

登録IDの入力とMobiControlエージェントのインストール

1.

2.

3.

App Storeの検索画面で、sotiと入力。「soti mobicontrol」をタップ。 雲マークをタップ。ダウンロードが始まります。 ダウンロードが終わると、「開く」の文字が現れます。これをタップすることで、インストールが始まります。

4.

5.

6.

「許可」を押します 登録IDの入力画面が現われます。この画面が現れないときは、HOME画面でMobiControlアイコンをクリックすると、 この画面が現れます。 MobiControl管理者から予め連絡があった登録IDを入力します。アルファベット6文字と数字2文字の合計8文字。 白い欄をタップすると入力モードになります。入力後、「Enroll」または「Go」をタップ。

7.


ここまでで、MobiControlエージェントプログラムのインストールが完了しました。
続けて、MobiControlサーバへの登録作業を開始します。
「続ける」をタップします。

端末ユーザの本人認証

本人認証には2つの方法があります。
  • 8a. 登録作業用のパスワード
  • 8b. AD(Active Directory)で認証

8a.



端末登録ルールの作成で、登録時にパスワード入力を必要と設定していた場合、パスワード入力画面が現われます。 パスワードは管理者から端末ユーザに予め通知があります。パスワード入力を求めないように端末登録ルールを設定してあれば、この画面は 現われません。

8b.

\ (逆スラッシュ)を入力するには、「# + =」を押します。


\ のキーが表示されます。これを押します。


8b.の入力が終われば、下の9番が表示されます。9番以降を実行します。
ADなど認証サービスのユーザ名とパスワードの入力画面が現われます。 ADなど認証サービスのユーザ名とパスワードを入力します。
AD_DSのドメイン名とユーザ名の間の連結には、
\ (逆スラッシュ)を入力します。
\ (円マーク)は無効です。

登録プロファイルのインストール

9.

10.

11.

「インストール」をタップ。
この画面が現れないときは、HOME画面でSafariをタップすると、この画面が現れます。
「インストール」をタップ。 端末のロック解除にパスコード設定をしていれば、そのパスコードを入力します。

12.

13.

14.

「インストール」をタップ 「インストール」をタップ 「完了」をタップ

デバイスの登録

15.

16.

17.

「登録」をタップ 傍観します 「インストール」をタップ

18.

19.

20.

端末のロック解除にパスコード設定をしていれば、そのパスコードを入力します 「インストール」をタップ 「インストール」をタップ

21.

22.

23.

「信頼」をタップ 「完了」をタップ これで、Mobicontrolへの登録が完了です。ここでSafariを閉じても結構です。このままにしておくと24番の画面が現われます。

24.

25.

AD_DSのドメイン名とユーザ名の間の連結には、
\ (逆スラッシュ)を入力します。
\ (円マーク)は無効です。

\ (逆スラッシュ)を入力するには、「# + =」を押します。


\ のキーが表示されます。これを押します。
「開く」をタップ 端末登録の際の本人認証手段として、Active Directory等の認証サービスが適用されている場合、そのユーザー名とパスワードを入力します。 端末登録ルールで、認証サービスによる本人認証を必要と設定していない場合は、この画面は現われません。