プロファイルへの積込

MobiControl v14 Manual


A. 設定のための基本メニュー

コンソール画面の左上のハンバーガーアイコンをクリックすると、(図1)の基本メニュー画面が現れます。
(図1)

 

(図1)の「プロファイル」を選択すると、設定済みのプロファイルの一覧画面が現れます。

MobiControlサーバのバージョンが、v14.3以上の場合、(図2)が現れます。

MobiControlサーバのバージョンが、v14.3未満の場合、(図3)が現れます。

(図2)
プロファイルの一覧 (MobiControl v14.3以上の場合)

右上の「新しいプロファイル」のアイコン(赤矢印)をクリックすると、端末のプラットフォームの一覧がプルダウンされます。 この中から対象となる端末のプラットフォームを選択します。Android Enterpriseの場合でも、Android Plusを選択します。
(図4)がポップアップします。

(図3)
プロファイルの一覧 (MobiControl v14.3未満の場合)

(図3)の上辺のタブで、対象となる端末のOSを選択します。Android Enterpriseの場合でも、Android Plusを選択します。
(図3)の「追加」ボタン(赤矢印)を押すと、(図4)がポップアップします。

B. 構成プロファイルに名前をつける

(図4)

名前欄に、プロファイルの名前を入力します。搭載するパッケージの名前などを類推しやすい名前をつけるのがよいでしょう。
説明欄に、パッケージの内容や利用対象がより分かり易い記述を書き込みます。
プロファイルを更新した場合は、その履歴も記入しておくとよいでしょう。

C. 設定モードを選択する

(図2)または(図3)で、「Windows Modern」または「Android Plus」を選択すると、(図4)で「タイプ」欄が表示されます。
(その「タイプ」の右端をプルダウンすると、設定モードのメニューが現れるので、選択します。
AndroidWindows Modern
  • Android Enterprise
  • Samsung KNOX
  • Android Plus
  • Windows Phone
  • Windows デスクトップ
  • Microsoft Hololens
Windows10 PCの場合は、
Windowsデスクトップを選択
設定モードの選択が終われば、(図4)の上辺の「パッケージ」タブを選択します。(図5)が現われます。

D. プロファイルに「パッケージ」を積む

(図4)で、「パッケージ」タブを選択すると、(図5)のように画面が変ります。

(図5) 

(図5)で、「追加」ボタンを押します。
(図6)のように、MobiControlサーバにアップロードされたパッケージの一覧表が 現われます。

(図6) 

この中から、配付したいパッケージを選択します。該当パッケージにチェックを入れてから「追加」ボタンを押します。

(図7) 

(図7)の例では、「在庫検索」という名前のパッケージを、構成プロファイルに積み込むことができました。
一つの構成プロファイルには、複数のパッケージを積み込むことができます。 (図7)で、再度「追加」ボタンを押すことで、追加のパッケージを積み込むことができます。

(図7)の下辺の「保存して割り当て」ボタンを押すと、構成プロファイルをサーバに保存し、配布する端末グループを 割り当てる作業に移ります。
(図7)で、「保存」ボタンを押すと、構成プロファイルをサーバに保存されただけで、ドラフトの状態になります。 あとで、配布する端末グループを割り当てます。

E. 構成プロファイルの配布先となる端末グループを割り当て

(図7)で、「保存して割り当て」ボタンを押すと、(図8)のように端末グループの一覧表が現われます。

(図8) 

配布先となる端末グループまたは端末を選択してから、「割り当て」ボタンを押します。 なるべく上位の端末グループを選択すると、選択作業を少なくできます。
「割り当て」ボタンを押すと、パッケージを積み込んだ構成プロファイルは端末に、すぐに送られ、サイレントインストールされます

F. 構成プロファイルのインストール結果

(図2)のプロファイル一覧で、該当のプロファイル名をクリックすると、円グラフが現れます。 インストールされた端末台数とインストールに失敗した端末台数が、表示されます。

インストールに失敗した端末を一覧表示することができます。 「インストールに成功していない端末を見つける」を参照ください。

G. パッケージのインストール順序

(図7)で、複数のパッケージを一つのプロファイルに積み込んだとします。
例えば、パッケージAとパッケージBの2つのパッケージが一つのプロファイルに積み込まれたとします。 ここで、パッケージAは、パッケージBより先にインストールしておかなければならない依存関係があったとします。 この場合に、パッケージの依存関係を登録します。 
パッケージの依存関係を登録しておくと、パッケージBのインストールは、パッケージAのインストールが終わってからとなります。

(図7)に、「入出庫記録」というパッケージを追加して、(図9)のように、2つのパッケージが一つのプロファイルに 積み込まれたとします。

(図9) 

 
(図9)で、「入出庫記録」を選択してから、「アクション」ボタンを押すと、(図9)のようなプルダウンメニューが現われます。 この中から「パッケージの依存関係を定義する」を選ぶと、(図10)が現われます。

(図10) 

 
ここで、(図9)で選んだパッケージ(「入出庫記録」)に先行してインストールするべきパッケージを選択します。 (図10)の例では、「在庫検索」というパッケージを選択しました。 「OK」ボタンを押すと、依存関係の定義が完了します。 
(図9)と(図10)の例では、「在庫検索」というパッケージのインストールが完了しないと、「入出庫記録」という パッケージはインストールされなくなります。