コンソールでの端末フィルタ

MobiControl v14 Manual


1台の端末は、多くのプロパティ(属性)を具備しています。OS、端末メーカー、インストールしたアプリ、適用した構成プロファイル、携帯電話会社名などです。
端末プロパティの種類は、百以上あります。これらの端末プロパティとその値を指定し、その指定に適合する端末群だけを抽出(フィルタリング)し、端末一覧に表示することができます。

端末プロパティとその値を指定するフィルタ条件式を作成します。問題のある端末を見つけるのに便利です。1度作成したフィルタ条件式は保存できます。次回からはそのフィルタ条件式の名前を選択するだけで、 端末群を抽出できます。
端末を抽出するフィルタ条件式のサンプル

A. フィルタ条件式の基本

(図a-1)は、コンソールでの端末一覧のデフォルト画面のサンプルです。

(図a-1)

A-1. 「端末ファミリ」で抽出

(図a-1)で、Android Plus と Android Enterpriseの両方の設定モードの端末だけを表示するようにしてみましょう。
(図a-2)
赤矢印部分にマウスを載せ、クリックします
(図a-3)

(図a-3)のように、端末プロパティの種類が、プルダウン表示されます。
(図a-3)の、赤い縦棒のところにマウスを当てて、端末 の2文字を入力します。
(図a-4)

(図a-3)で、端末 と入力すると、(図a-4)のように、端末 の2文字で始まる端末プロパティだけが表示されます。
この中の、端末ファミリを選択してみます。
(図a-5)

端末プロパティ名として、端末ファミリ を選択したことが確定しました。
「等号」か「不等号」の選択メニューが現れます。
「等号」を選択します。
(図a-6)

「端末ファミリ」の値の種類が列挙されたメニューが表示されます。
この中から、「Android Plus」を選択します。
(図a-7)

フィルタ条件式の入力が終わりました。
右側の

を押します。
これで、端末一覧に表示される端末は、Android Plus と Android Enterpriseの両方のモードの端末のみとなります。

(図a-6)で、他の端末ファミリを選択すれば、その端末ファミリに属する端末だけが表示されるようになります

A-2. 「端末種別」で抽出

(図a-8)
(図a-4)で、端末種別を選択してみます。端末種別の選択肢は、(図a-8)のようになります。

(図a-8)で、例えば、「Windows デスクトップ」を選択すると、Windows Modernとして設定したPCのみが表示されます。

「端末ファミリ」が、大くくりで、「端末種別」が、小くくりです。 次表のような関係です。
端末ファミリ端末種別
AndroidAndroid Generic
Android PlusAndroid Enterprise
Android KNOX
Android Plus
Samsung ELM
AppleiOS (iPhoneとiPad)
macOS
Windows Phone Windows デスクトップ
(Windows Modern)
Microsoft Hololens
Windows Phone
WindowsDesktopWindows デスクトップレガシー
(Windows Classic)
WindowsCEWindows Mobile/CE
(Windows Embedded)
WindowsRuntimeWindows ランタイム
LinuxLinux
PrinterZebraプリンター
iPhone、iPad、macOSの全てを表示したいときは、

端末ファミリ= Apple とします。
iPhoneとiPadの両方を表示したいときは、、

端末種族 = iOSとします。
macOSだけを表示したいときは、

端末種別 = macOS とします。
他に、次の様な端末プロパティの値を指定することもできます。
フィルタ条件式表示される端末
モデル = iPhoneiPhone
モデル = iPadiPad
監視下 = TRUEApple製品で監視モード
監視下 = FALSEApple製品で監視モードでない
フィルタ条件式表示される端末
Android Enterprise 管理タイプ = 作業管理対象端末 Android Enterprise Device Owner モード
Android Enterprise 管理タイプ = 作業プロファイル Android Enterprise Profile Owner モード
OSベースエディション = ホームWindows Modern Windows10 HOME
OSベースエディション = プロフェッショナルWindows Modern Windows10 PRO
OSベースエディション = 企業Windows Modern Windows10 Enterprise
OSベースエディション = 教育Windows Modern Windows10 Education

B. 複数のフィルタ条件式の連結

複数のフィルタ条件式を、AND 関数や OR関数で接続する例を説明します。 2つのフィルタ条件式があり、それらをAND関数で接続すると、表示される端末群の範囲が狭くなります。 2つのフィルタ条件式の両方を充たす端末だけが表示されるからです。
OR関数で接続すると、2つのフィルタ条件式のどちらかを充たす端末群を表示できます。表示される端末群の範囲が広くなります。

B-1. インストールに成功していない構成プロファイルの端末を抽出

構成プロファイルの名前の中に、アプリ制限 の5文字があるとします。その構成プロファイルをコンソールから送ったのに、適用されなかった端末があったとします。 その端末群だけを、表示することにします。そのフィルタ条件式は、(図b-1)の通りです。

(図b-1)

正しい、フィルタ条件式

(図b-2)

間違った、フィルタ条件式

(図b-1) と (図b-2) は、似ているようですが、表示される端末群は、やや異なります。AND の位置が異なることに、ご留意ください。

(図b-1) と (図b-2) のフィルタ条件式が抽出する端末群の違いは、次表を参照ください。
(図b-1)のフィルタ条件式(図b-2)のフィルタ条件式
名前に、「アプリ制限」の5文字を含む構成プロファイルで、
そのステータスが「インストール済み」以外になっている端末群
次の a. b. の2つの条件の両方に適合する端末群
  1. 「アプリ制限」の5文字を含む名前の構成プロファイルを割り当てられた端末群。
    その構成プロファイルが、「インストール済み」であってもよい。
  2. 割り当てられた(複数の)構成プロファイルの中のどれかが、「インストール済み」でない端末群
    その構成プロファイルの名前に、「アプリ制限」の文字列がなくてもよい。

(図b-3)

(図b-3)のようなステータスを持つ 2つの構成プロファイルを持つ端末も抽出表示される

(図b-1)のフィルタ条件式の入力方法を、説明します。下記の「インストールに成功していない構成プロファイルの端末を列挙」をクリックしてください。

インストールに成功していない構成プロファイルの端末を列挙

  • (図a-3)で、「プロファイル」を選択します。(図b-4)が現れます。

    (図b-4)


    (図b-4)で、「名前」を選択します。

    (図b-5)


    (図b-5)で、「含む」を選択します。

    (図b-6)


    (図b-6)で、「アプリ制限」を入力します。これで、「アプリ制限」の5文字を含む名前の構成プロファイルを指定できました。「完了」ボタンを押します。

    (図b-7)


    (図b-7) の で、白い縦棒が点滅しています。そこにマウスを乗せて、半角スペースを押します。全角スペースは無効。半角で、+ キーを押しても良いです。
    の位置にマウスを乗せないでください。 の位置にマウスを乗せて、スペースバーを 押すと、フィルタ条件式は、(図b-2)のように、なってしまいます

    (図b-8)


    フィルタ条件式と次のフィルタ条件式を接続する論理関数を選びます。ここではAND関数を選択します。

    (図b-9)


    2番目の関数式を作ります。(図b-9)は、(図b-4)と同じ選択肢です。
    「ステータス」を選択します。

    (図b-10)


    「でない」つまり「不等号」を選択します。
    もし、インストール済の端末群を表示したいときは、等号を選択します。

    (図b-11)


    「インストール済み」を選択します。

    (図b-12)

    「インストール済み」でないを選択しました。ということは、(図b-11)での、「インストール済み」以外の全てのステータスの端末を表示できます。
    チェックボタンを押します。そして、 を押します。 名前に「アプリ制限」の5文字を含む構成プロファイルを割り当てられた端末で、「インストール済み」でない全ての、端末群が表示されます。

    (図b-13)


    (図b-12)のフィルタ条件式で抽出しようとする端末群は、(図b-13)での、(B)のピンク色のカテゴリから、(A)を除いた端末群です。
    全体の端末群から、その(B)を除いた (C)のブルーの部分のカテゴリの端末群は含まれないことに、ご留意ください。

    (図b-14)

    (B)を除いた (C)のブルーの部分のカテゴリの端末を抽出しようとして、(図b-14) フィルタ条件式を適用したとします。しかし、これは、(B)の端末群を含んでしまいます。

    (図b-15)

    それは、「アプリ制限」という文字列を名前に持たない構成プロファイルが、1つさえあれば、 「アプリ制限」という文字列を名前に持つ構成プロファイルがあったとしても、 その端末は、抽出表示されてしまうからです。

B-2. アプリのインストールに成功していない端末を抽出

アプリの名前の中に、surf の4文字があるとします。そのアプリのインストールを試行したのに、成功してない端末があったとします。 その端末群だけを、表示することにします。そのフィルタ条件式は、(図b-16)の通りです。

(図b-16)

正しい、フィルタ条件式

(図b-17)

間違った、フィルタ条件式

(図b-16) と (図b-17) は、似ているようですが、表示される端末群は、やや異なります。AND の位置が異なることに、ご留意ください。

(図b-16) と (図b-17) のフィルタ条件式が抽出する端末群の違いは、次表を参照ください。
(図b-16)のフィルタ条件式(図b-17)のフィルタ条件式
名前に、「surf」の4文字を含むアプリで、
そのステータスが「インストール済み」以外になっている端末群
次の a. b. の2つの条件の両方に適合する端末群
  1. 「surf」の4文字を含む名前のアプリに係わり合いのある端末群。「インストール済み」のステータスを含む。
  2. インストールを試行した(複数の)アプリの中のどれかが、「インストール済み」でない端末群
    そのアプリの名前に、「surf」の文字列がなくてもよい。

(図b-18)

名前に、「surf」の4文字を含まないアプリがあり、その ステータスが「インストール済み」でないならば、「surf」の4文字を含むアプリが「インストール済み」の端末も抽出表示される。

(図b-16)のフィルタ条件式の入力方法を、説明します。下記の「インストールに成功していないアプリの端末を列挙」をクリックしてください。

インストールに成功していないアプリの端末を列挙

  • (図a-3)で、「アプリ」を選択します。(図b-19)が現れます。

    (図b-19)


    (図b-19)で、「名前」を選択します。

    (図b-20)


    (図b-20)で、「含む」を選択します。

    (図b-21)


    (図b-21)で、「surf」を入力します。これで、「surf」の4文字を含む名前のアプリを指定できました。「完了」ボタンを押します。

    (図b-22)


    (図b-22) の で、白い縦棒が点滅しています。そこにマウスを乗せて、半角スペースを押します。全角スペースは無効です。 半角で、+ キーを押しても良いです。
    の位置にマウスを乗せないでください。 の位置にマウスを乗せて、スペースバーを 押すと、フィルタ条件式は、(図b-17)のように、なってしまいます

    (図b-23)


    フィルタ条件式と次のフィルタ条件式を接続する論理関数を選びます。ここではAND関数を選択します。

    (図b-24)


    2番目の関数式を作ります。(図b-24)は、(図b-19)と同じ選択肢です。
    「ステータス」を選択します。

    (図b-25)


    「でない」つまり「不等号」を選択します。
    もし、該当アプリがインストール済の端末群を表示したいときは、等号を選択します。

    (図b-26)


    「インストール済み」を選択します。

    (図b-27)

    「インストール済み」でないを選択しました。ということは、(図b-26)での、「インストール済み」以外の全てのステータスの端末を表示できます。
    チェックボタンを押します。そして、 を押します。 名前に「surf」の4文字を含むアプリを割り当てられた端末で、「インストール済み」でない全ての、端末群が表示されます。

    (図b-28)


    (図b-27)のフィルタ条件式で抽出しようとする端末群は、(図b-28)での、(B)のピンク色のカテゴリから、(A)を除いた端末群です。
    全体の端末群から、その(B)を除いた (C)のブルーの部分のカテゴリの端末群は含まれないことに、ご留意ください。

    (図b-29)

    (B)を除いた (C)のブルーの部分のカテゴリの端末を抽出しようとして、(図b-29) フィルタ条件式を適用したとします。しかし、これは、(B)の端末群を含んでしまいます。

    (図b-30)

    それは、「surf」という文字列を名前に持たないアプリが、1つさえあれば、 「surf」という文字列を名前に持つアプリがあったとしても、 その端末は、抽出表示されてしまうからです。

B-3. VPPアプリのインストールに成功していない端末をも抽出

Appストアにあり、且つ、それをVPP購入したアプリのインストールに成功すると、そのステータスは、「インストール済み」ではなく、「監視対象」になります。 (図b-27)のように
ステータスインストール済み
のフィルタ条件式だと、「監視対象」としてインストールに成功した端末も、表示されてしまいます。 そこで、「監視対象」のステータスの端末を除外した、フィルタ条件式を作成します。
インストール済み
でない
A
である
B
監視対象でない Ⅰ AB
である
  • ステータスインストール済み
    だけだと、 が表示されてしまいます。
  • ステータス監視対象
    だけだと、AB が表示されてしまいます。
Ⅰ A のみを表示するには、
ステータスインストール済み AND ステータス監視対象
とします。ステータスインストール済み と、ステータス監視対象 の 両方の条件を充たす端末を表示するからです。
次の 「インストール済み」でなく、且つ、「監視対象」でもないステータスの端末を列挙 をクリックしてください。

「インストール済み」でなく、且つ、「監視対象」でもないステータスの端末を列挙

  • (図b-31)は、(図b-27)の再掲です。

    (図b-31)

    (図b-31) の で、白い縦棒が点滅しています。そこにマウスを乗せて、半角スペースを押します。半角で、+ キーを押しても良いです。 (図b-32)に画面遷移します。
    の位置にマウスを乗せないでください。

    (図b-32)

    フィルタ条件式と次のフィルタ条件式を接続する論理関数を選びます。ここではAND関数を選択します。

    (図b-33)

    3番目の関数式を作ります。(図b-33)は、(図b-24)と同じ選択肢です。
    「ステータス」を選択します。

    (図b-34)

    「でない」つまり「不等号」を選択します。

    (図b-35)

    メニュー画面をスライドダウンして、「監視対象」を選択します。「完了」を選択します。

    (図b-36)

    これで、目的のフィルタ条件式の入力が終わりました。
    チェックボタンを押します。そして、 を押します。
    名前に「surf」の4文字を含むアプリが、 「インストール済み」でなく、且つ、「監視対象」でもないステータスの端末だけが表示されます。

C. フィルタ条件式に名前をつけて保存

フィルタ条件式の入力が終わると、右端に、が、現れます。 これで、フィルタ条件式を充たす端末群が表示されます。
また、右端は、 のように表示が変ります。
赤矢印のディスケットマークをクリックすると、(図c-1)がポップアップします。

(図c-1)

(図c-1)に、フィルタ条件式の名前として任意の文字列を入力します。入力したら「保存」ボタンを押します。

D. 保存したフィルタ条件式を使って、抽出

(図d-1)
画面の左上の歯車マークをクリックします。(図d-1)の赤矢印。
もしフィルタ条件式が保存されていれば、(図d-2)のようなプルダウンメニューが現れます。
(図d-2)
  • (図d-2)のプルダウンメニューのリスト項目は、フィルタ条件式の名前です。これは、(図c-1)で入力した名前です。
    この中から、1つを選択すると、(図a-1)には、そのフィルタ条件式に沿った端末群のみが表示されます。
  • (図d-2)は、サンプルです。この他に任意のフィルタ条件式を作成し、メニューに加えることもできるし、 不要な項目は削除できます。
  • (図d-2)は、「大阪支社」という端末グループを選んでいます。「サブグループを含む」をスライドオンしておくと、大阪支社傘下の 端末グループからも、抽出します。
    「全ての端末を表示」を選んだ場合は、「サブグループを含む」は、グレイアウトします。デフォルトで、全ての階層の端末グループから抽出します。

E. 抽出結果をCSV形式で保存

(図e-1)

コンソールの端末一覧画面の右上に、CSVダウンロードボタン(赤矢印)があります。
これをクリックすると、「CSVをダウンロード」のポップアップが 現れます。
それの「完了」ボタンを押すと、Excelが起動し、端末一覧表がExcel表示されます。
このExcelファイルを保存したり、印刷しておくと、アプリの展開に関する管理ができます。

F. 抽出した端末群に働きかける

端末に対しては、働きかけをすることができます。
例えば、
  • コンソールで入力したメッセージを端末画面に表示する
  • スクリプトを送る
  • MobiControlサーバにチェックインさせる
  • MobiControlエージェントを最新バージョンにアップデートする
  • iOSのOSバージョンを最新バージョンにアップデートする
  • (Android Enterpriseでは)プラグインを更新する
などです。

これを、端末グループの全ての端末に適用すると、不適切な場合があります。 フィルタ条件を適用して、抽出した端末群にのみ、働きかけをすることをお勧めします。

働きかけの方法は、下記のページを参照ください。

G. 端末一覧のコラムでの端末プロパティの入れ替え

(図g-1)の赤枠に並んだ項目を、端末プロパティと呼びます。
表示されている端末プロパティ全ての集合を「コラム」といいます。

(図g-1)

コラムには、端末フィルタ条件に則って表示された端末群に相応する項目を加えることを、お勧めします。
例えば、iOS端末群だけの一覧なら、「監視モードか否か」の項目を加える、
Android端末群だけの一覧なら、「ウィルススキャンを実行した直近の日時」の項目を加えるなどです。
端末プロパティの入れ替え方法は、「端末一覧の端末プロパティの入れ替え」を参照ください。
(図g-2)

H. その他のフィルタ条件式

端末のプロパティは、百以上あり、それらを選択することで、各種のフィルタ条件式を入力できます。また、複数のフィルタ条件式を組み合わせることができます。 以下は、サンプルとして、幾つかのフィルタ条件式を、例示します。

H-1. インストールしたアプリが、指定のバージョンより古い端末を抽出

(図h-1)のフィルタ条件式を適用すると、次の条件を全て充たしているアプリをインストール済みの端末だけを表示します。
  • 名前に、chrome の6文字を含んでいる
  • インストールに成功している
  • 但し、バージョンが、74.0.3729.136 未満

(図h-1)

H-2. OSが、指定のバージョンより新しい端末を抽出

(図h-2)

(図h-2)は、Android EnterpriseのAndroid OSのバージョンが8以上の端末群だけを表示するフィルタ条件式です。

H-3. 特定の端末メーカーの端末を抽出

(図h-3)

(図h-3)は、Android Enterpriseとして登録され、且つ、端末メーカーが、SONYの端末群だけを表示するフィルタ条件式です。

H-4. 特定の端末モデルの端末を抽出

(図h-4)

(図h-4)は、Android Enterpriseで、端末モデルの文字列に BHT が含まれている端末群だけを表示するフィルタ条件式です。

MobiControlが端末内から収集する 端末モデルの文字列は、カタログや包装パッケージに記述されている文字列と若干異なることがあります。 (図i-3)のようにコラムに、モデルの列を表示すると、モデルの正確な文字列を知ることができます。

I. 携帯電話番号を持つ端末の抽出

I-1. 指定する電話番号の端末

(図i-1)

(図i-1)は、携帯電話番号を指定して、その端末を表示するフィルタ条件式です。
端末プロパティとして「電話番号」を指定して、その値として電話番号を入力すれば、表示できます。
また、単に、電話番号のみを入力しても表示できます。電話番号は、端末を特定できるユニークな文字列だからです。

I-2. SIMカードを装着している端末を抽出

(図i-2)

(図i-2)は、携帯電話番号を持っている端末を抽出するフィルタ条件式です。
(図i-3)

(図i-3)に示すように、MobiControlのデータベースに登録されている携帯電話番号は、+ または 0 で始まっています。
これに基づいて、(図i-2)は、携帯電話番号が + 又は 0 で始まるフィルタ条件で、 携帯電話番号を持っている端末全てを抽出表示できます。

I-3. SIMカードを装着しているが、今は、WiFi接続の端末を抽出

(図i-4)のフィルタ条件式で、SIMカードを装着しているが、現在は、WiFi接続をしている端末を抽出できます。

(図i-4)

I-4. 携帯電話会社を指定し、そのSIMカードを装着している端末を抽出

下記の「携帯電話会社を指定し、そのSIMカードを装着している端末」をクリックしてください。

携帯電話会社を指定し、そのSIMカードを装着している端末

    • Android端末の場合

      (図i-5)

      NTT DoCoMoの替わりに KDDI の場合は、kddi、Softbankの場合は、softbank と入力します。

      (図i-5)の場合は、等号で指定しているので携帯電話会社名を正確に入力しなければなりません

      (図h-6)

      (図h-6)のように、「含む」記号を使うと、NTT DoCoMoの文字列の一部の入力だけでも一覧表示できます。Softbankの替わりに、softでもOKです。

    • iOS端末の場合

      (図i-7)

      NTT DoCoMoの場合は、ソフトバンクの替わりに、ドコモとカタカナ3文字(全角)入力します。

      (図i-7)の場合は、等号で指定しているので携帯電話会社名を正確に入力しなければなりません

      (図i-8)

      (図i-8)のように、「含む」記号を使うと、ソフトバンクの文字列の一部の入力だけでも一覧表示できます。

I-5. 携帯電話会社を指定。しかし、今は、WiFi経由の端末を抽出

下記の「携帯電話会社を指定。しかし、今は、WiFi経由の端末」をクリックしてください。

携帯電話会社を指定。しかし、今は、WiFi経由の端末

  • MNC = Mobile Network Code
    • Android端末の場合
      (図i-9)
      MNC
      NTT DoCoMo10
      KDDI50
      Softbank20
      (図i-9)は、携帯電話キャリアとして、docomoの文字列を含むが、MobiControlに直近接続したときのMNC(現在のMNC)として、10を含まない端末を 一覧表示します。つまり、NTT DoCoMo以外経由でMobiControlに直近接続した端末のみを一覧表示します。(図i-9)では、直近接続がWiFi経由を表示するのが多数です。
      この場合、「含まない」記号を「含む」記号に変えると、直近接続はWiFiでなく、NTT DoCoMo経由だった端末のみを表示します。

      「含まない」記号を「含む」記号に変えて、更にMNCを 20 にすると、購入時はNTT DoCoMoだったが、現在はSoftbankのSIMカードを装着し、直近接続はSoftbank経由だった 端末だけを表示します。
    • iOS端末の場合

      (図i-10)

      (図i-10)は、SIMネットワークとして、kddiの文字列を含むが、、MobiControlに直近接続したときのMNC(現在のMNC)として、50を含まない端末のみを 表示します。多くはWiFi経由接続だった端末です。50はKDDIのMNCです。

I-6. 携帯電話会社を指定。しかし、今は、SIMが抜かれている端末を抽出

下記の「携帯電話会社を指定。しかし、今は、SIMが抜かれている端末」をクリックしてください。

携帯電話会社を指定。しかし、今は、SIMが抜かれている端末

    • Android端末の場合

      (図i-11)

      (図i-11)は、docomoで開通したが、直近のチェックインの時のSIMカードの携帯電話会社名に、docomoの文字列が含まれてない端末のみを 表示します。SIMカードが抜かれ、WiFi経由接続で運用している端末です。他の通信会社のSIMカードを装着した端末も含まれます。

    • iOS端末の場合

      (図i-12)

      (図i-12)は、ソフトバンクで開通したが、直近のチェックインの時のSIMカードの携帯電話会社名に、ソフトバンクの文字列が含まれてない端末のみを 表示します。SIMカードが抜かれ、WiFi経由接続で運用している端末です。

「端末プロパティ」以外に、「付属情報」と「監視データ」も、フィルタ条件式での「端末プロパティ」として扱うことができます。 (図a-3)に、付属情報と監視データの名前も、リスト表示されます。