iOSシングルアプリモード

MobiControl v14 Manual


iPhone及びiPadを起動すると、自動的に特定のアプリが起動するようにします。そして、他のアプリを起動させないようにします。 端末のホームボタンは無効になります。
つまり、 特定のアプリ専用機(キオスク端末)とすることができます。
この機能を適用するには、端末を監視モードにしておく必要があります。

(図1)の「構成プロファイルのメニュー」の画面を表示します。
表示方法は、「iOS端末の構成プロファイルの作成」を参照ください。

(図1)

A. アプリの指定

(図1)の中から、「シングルアプリモード」を選択します。v14.5.4. では「単一アプリモード」と表示されています。(図2)が現れます。

(図2)

(図2)の最初の入力欄に、 シングルアプリモードとして起動するアプリのバンドル識別子(バンドルID)を入力します。
ここでは、サンプルとして、net.soti.surfbrowser と入力してみます。

(図3)

バンドル識別子(バンドルID)に対応するアプリの名前が表示されます。(図3)のサンプルでは、SOTI surfという文字列が現れました。 これをクリックします。画面は、(図4)のように遷移します。 これで、シングルアプリモードとして起動するアプリを指定できました

(図4)

B. アプリの機能オンまたは機能オフ

B-1. 機能オフ

「暫定停止」の項目にチェックを入れると、当該機能が使えなくなります。
(図4)の項目説明
タッチタップ、スワイプ、ピンチなどのタッチ動作ができなくなります
端末の縦横の向きを変える端末画面を縦長から横長へ(またはその逆)の変更ができなくなります
音量ボタン端末の横にある音量ボタンを使って音量調整ができないようになります
リンガー・スイッチ端末を有音モードから無音モード(またはその逆)に変更できないようになります。この構成プロファイルが端末に届いた 時点での有音または無音モードを、爾後、継続します。
スリープ/ウェーク・ボタンHOMEボタンを押してもスリープにならなくなります。逆もできなくなります。
オートロック端末操作を止めて指定時間が経過しても、自動的に画面ロックにならないようになります

B-2. 機能オン

「強制適用機能」の項目にチェックを入れると、当該機能が使えるようになります。端末ユーザが、機能オフにはできません。
(図4)の項目説明
Voice OverVoiceOverによる読み上げを有効にします。端末は全ての文字を読み上げます
音声コントロール音声で端末を操作します。 どのような音声が可能かは、Appleのサイトを参照ください。 このサイトでは、下記を例示しています。、
  • 端末をロックするには、「Lock screen」と言います。
  • 端末ロックを解除するには、「Hey Siri、音声コントロールをオンにして」と話しかけます。
どのような音声が有効かは、弊社のサポート対象外です。 音声コントロールは、SIRIではありません。
ズームズーム機能を有効にします。3本の指でダブルタップした場所をズームします。
色反転色判別が困難な人のために、画面の全ての色を色反転します。
Assistive TouchAssistive Touchの機能を有効にします。特定の画面操作が、1回のタッチでできるようになります。
選択テキストの読み上げユーザが範囲指定したテキストを端末が読み上げます。
モノラルオーディオモノラルオーディオの機能を有効にします。左右の音源を一つにします。
ご留意この機能をステレオ・オーディオファイルに適用すると、音質が低下します。

B-3. ユーザ任意機能

ここにチェックを入れると、端末ユーザにより、機能オンまたは機能オフの設定変更ができます。
  • Voice Over
  • 音声コントロール
  • ズーム
  • 色反転
  • Assistive Touch

構成プロファイルの作成が終わると、(図4)で、「OK」ボタンを押します。

構成プロファイルの作成が終わると、これを対象とする端末グループやAD(Active Directory)の グループに割り当てます。そして、それを当該グループの端末に配布し、インストールします。詳しくは、 「Apple製品の構成プロファイルの作成」 のページの「E. 構成プロファイルの端末グループへの割り当て」以下を参照ください。

C. バンドル識別子を知る方法

(図2)には、バンドル識別子(バンドルID)を入力します。Apple端末用のアプリのバンドル識別子を、知る方法は幾つかあります。以下、3つの方法を、ご案内します。

C-1. 未だインストールしていないアプリ

  1. Bundle ID Finderにアクセスします。
    (図5)が現れます。

    (図5)

    「I am looking for ...」の欄に、アプリの名前の全て、又は一部を入力します。そして、「Search」ボタンを押します。
  2. アプリの名前の次の行に、Bundle ID (バンドル識別子)が表示されます

    (図6)

    アプリのアイコン、提供元の名前も表示されるので、アプリを特定しやすくなっています。

C-2. インストールしたアプリ

端末を登録した後に、インストールしたアプリを、コンソールで探します。
そのアプリをインストールした端末を、端末一覧でクリックすると、画面上部は(図7)のように表示されます。

(図7)

「アプリ」タブを開きます。この端末にインストールされているアプリの一覧が表示されます。

(図8)

(図8)に、 各アプリの属性が表示されます。属性の一つとして「パッケージ/バンドル識別子」も表示されます。 これの値が、該当アプリのバンドル識別子です。
「パッケージ/バンドル識別子」の列が表示されない場合は、画面下辺のスライダーを動かしてください
既にインストールしているアプリですから、C-1. の方法に比べると、特定化が増します。
C-1の方法は、Appストアのアプリだけなのに対し、 自社開発アプリで、エンタープライズアプリとしてインストールしたアプリのバンドル識別子も、C-2では、知ることができます。

C-3. 端末購入時にプリインストールされていたアプリ

端末を購入時に、プリインストールされているアプリのバンドル識別子は、(表1)の通りです。提供元は、Appleです。

但し、MobiControl v14では、これらのアプリを、シングルアプリモードの対象アプリとすることはできません。 (MobiControl v15では、それが可能です)

(表1)

バンドル拡張子アプリ名
com.apple.AppStoreApp Store
com.apple.BridgeWatch
com.apple.calculator計算機
com.apple.cameraカメラ
com.apple.clipsClips
com.apple.compassコンパス
com.apple.DocumentsAppファイル
com.apple.facetimeFaceTime
com.apple.findmy探す
com.apple.Fitnessフィットネス
com.apple.Healthヘルスケア
com.apple.HomeHomeキー
com.apple.iBooksブック
com.apple.iCloudDriveAppiCloud Drive
com.apple.iMovieiMovie
com.apple.itunesuiTunes U
com.apple.KeynoteKeynote
com.apple.Mapsマップ
com.apple.measure計測
com.apple.MobileAddressBook連絡先
com.apple.mobilecalカレンダー
com.apple.mobilegaragebandGarageBand
com.apple.mobilemailメール
com.apple.mobilenotesメモ
com.apple.mobilephone電話
com.apple.mobilesafariSafari
com.apple.mobileslideshow写真
com.apple.MobileSMSメッセージ
com.apple.MobileStoreiTunes Store
com.apple.mobiletimer時計
com.apple.Musicミュージック
com.apple.newsNews
com.apple.NumbersNumbers
com.apple.Pagesページ
com.apple.PassbookWallet
com.apple.Photo-BoothPhoto Booth
com.apple.PlaygroundsSwift Playgrounds
com.apple.podcastsPodcast
com.apple.Preferences設定
com.apple.remindersリマインダー
com.apple.shortcutsショートカット
com.apple.stocks株価
com.apple.store.JollyApple Store
com.apple.tipsヒント
com.apple.Translate翻訳
com.apple.tvTV
com.apple.VoiceMemosボイスメモ
com.apple.weather天気

(表1)は、2020年9月30日時点の情報です。最新バージョンのOSの端末に、標準搭載されているアプリに関しては、Apple社の次のサイトに、アクセスしてください。
モバイルデバイス管理でのネイティブiOSおよびiPadOS AppのバンドルID

端末購入時には、Apple社だけでなく、携帯電話会社が提供するアプリもインストールされているかもしれません。