コンソール管理者の追加

MobiControl v14 Manual




コンソール管理者を追加登録します。

このページでの、「ユーザ」とは、セルフサービスポータルにアクセスするユーザを除いて、 全てコンソール管理者を指します。 「ユーザグループ」も、「コンソール管理者のグループ」を指します

A.「ユーザ管理」にアクセス

コンソール画面の左上の三本線アイコンをクリックすると、(図1)のメニュー画面が現れます。
(図1)

 

(図1)の「ユーザーとコンソールのセキュリティ」を選択すると、画面が遷移して、(図2)のように「コンソール管理者を管理する画面」が表示されます。

(図2)



  1. 上辺タブで、全OS(赤矢印)を選択します。

  2. 下辺タブで、「セキュリティ」を選択します。

  3. 左側のメニューで、「ユーザ管理」を選択します。


(図2)の上部は、(図3)のように表示されています。

(図3)



(図3)の「追加」ボタンを押すと、(図4)のように、プルダウンメニューが現れます。

(図4)


(図4)のプルダウンリスト本人認証方式対象とするユーザの範囲
ユーザ(図5)で設定するパスワードコンソール管理者のみ
ユーザグループ
ディレクトリのユーザ/グループADなどのLDAPによる認証コンソール管理者と
セルフサービスポータルに
アクセスする端末ユーザ
IdPユーザグループIDプロバイダ(AD_FSなど)による認証

B.ユーザ(コンソール管理者)のIDとパスワードの設定

(図4)で、「ユーザ」を選択します。画面上部が、(図5)のようになります。

(図5)

(図5)で、ユーザ名(管理者ID)と、パスワードを入力します。
パスワードは、 「コンソール管理者の本人認証条件 」で設定した、パスワードの条件に従って定めます。
パスワードを入力したら、画面の右下の「保存」ボタンを押します。

(図6)

いま、minawo_hori という名前のユーザを(図5)で登録したとします。 そうすると、左側の「MobiControlコンソールユーザとグループ」に、(図7)のように、minawo hori というユーザ名がリストに載ります。

(図7)

これで、minawo_hori という名前のコンソール管理者の追加登録ができました。ご本人に、ユーザ名(管理者ID)とパスワードを連絡ください。

C.ユーザ(コンソール管理者)を、ユーザグループ(コンソール管理者グループ)に所属させる

(図7)で追加登録したユーザ(コンソール管理者)を、特定のユーザグループ(コンソール管理者グループ)に所属させます。 特定のユーザグループを選択します。(図8)では、「支店管理者」という名前のユーザグループを選択している状態です。

(図8)


(図8)で、所属可能なユーザ欄の中から誰かを選択し、右向き矢印をクリックすると、所属しているユーザ欄に移ります。 (図8)は、minawo_hori が、「支店管理者」グループに所属した例です。
ユーザをグループに所属させたら、画面の右下の「保存」ボタンを押します。

(図9)

D. ユーザの管理権限をダウングレードする

グループに所属したユーザは、グループが持つ管理権限を継承します。 逆に言えば、グループに与えられた管理権限以上に管理権限を増やすことはできません。
しかし、そのユーザに対しては、更に管理権限の種類を 少なくすることはできます。(図10)のように、該当ユーザを選択してから、右側ペインで、はく奪する権限に「拒否」にチェックを入れます。

(図10)


管理権限の種類を変更し終わったら、画面の右下の「保存」ボタンを押します。

(図11)

E. ユーザが管理できる端末グループの種類を減らす

グループに所属したユーザは、グループが管理できる端末グループ群を そのまま管理できます。 逆に言えば、グループが管理できる端末グループ群以外の端末グループは管理できません。
しかし、そのユーザに対しては、更に、管理できる端末グループの種類を少なくすることはできます。
該当するユーザを選択してから、左側ペインで「端末グループ権限」のアイコンを押します。 そうすると、右側ペインに端末グループの一覧が表示されます。 この中から、管理させない端末グループのチェックを外していきます。

(図12)


端末グループの種類を変更し終わったら、画面の右下の「保存」ボタンを押します。

(図13)

ユーザをグループに必ずしも所属させる必要はありません。もし、所属させない場合は、ユーザ毎に、D.項とE項で、管理機能権限と、管理できる端末グループ群を指定します。
しかしながら、ユーザ(コンソール管理者)が多い場合には、グループ(コンソール管理者グループ)単位で管理する方が、管理工数が減ります。