セルフサービスポータル

MobiControl v14 Manual

端末ユーザご自身で、紛失した端末の地理的位置を表示し、 
端末をロックしたり、WIPE(初期化)ができます。

 
ユーザが、端末AからMobiControlサーバにアクセスすると、(紛失した)端末Bの地理的位置やメモリ容量などのステータスを把握できます。 また、端末Bに対し働きかけをすることができます。 
働きかけるアクションメニューは(図2)の通りです。  

(図1) 

 

(図2)

 
端末Aでのアクション端末Bでの表示
ロック端末BのOSがiOSの場合は、 電話番号とメッセージの入力画面が現われます。 ユーザにコンタクトするための電話番号と、拾得者に伝えるメッセージを入力します。 端末Bはロックされます。

 

端末BのOSがiOSの場合は、 電源ボタンを押しても、ロック解除画面が現われません。 替りに、端末Aで入力した電話番号とメッセージが表示されます。電話番号をタップすると 端末Aのユーザに電話できます。端末Bにパスコードを設定してないと、この機能は有効になりません。
端末BのOSがAndroidの場合は、「ロックする」旨のメッセージが現われます。
チェックイン端末Bにチェックインを要求する旨のメッセージが表示されます。 端末Bの最新ステータス(地理的位置、バッテリ容量、メモリ空き容量など をMobiControl経由で端末Aに送ります。
メッセージ端末Bで読んで貰うメッセージを入力する画面が現われます。 Android端末では、電源を入れると、メッセージがポップアップされます。
iOS端末では、ロック解除をして、MobiControlエージェントを起動すると、 その「メッセージセンター」にメッセージが表示されます。
パスコードをリセット 
端末BのOSがiOSの場合は
「パスコードを削除」
「パスコードをリセットまたは削除します。紛失したときには、 これを実行してはいけません」 の表示がでます。新しいパスコードを入力する画面が表示されます。パスコードを忘れたときに実行します。
アンエンロール端末BのMobiControlへの登録を解除する」旨のメッセージが表示されます MobiControlへの登録が解除されます
ワイプ「工場出荷時のモードにする」旨のメッセージが表示されます。 購入してからインストールしたアプリと保存してあるデータが削除されます。

1. 端末Aでのログイン方法

MobiControlの最初のインストールがV13.0以上の場合

ブラウザのURL入力欄に、MobiControlサーバのドメインに、sspをつけて入力します、
  • 仮に、MobiControlサーバのURLが 
    https://mobicontrol.nippon.co.jp/MobiControl/ 
    だったとします。
  • https://mobicontrol.nippon.co.jp/ssp 
    と入力します。

MobiControlの最初のインストールがV12.4以前の場合

ブラウザのURL入力欄に、MobiControlサーバのURLにサブフォルダ m をつけて入力します。  
  • 仮に、MobiControlサーバのURLが 
    https://mobicontrol.nippon.co.jp/MobiControl/ 
    だったとします。
  • https://mobicontrol.nippon.co.jp/MobiControl/m 
    と入力します。
現在、MobiControlのバージョンがV13.0以降でも、最初のインストールがV12.4以前の場合は 上記のように入力します。  
(図3)のログイン画面が現われます。

 

(図3) 
ユーザー名の欄では、ADの所属ドメイン名とユーザ名を入力します。 
ドメイン名とユーザ名とのセパレーションでは、\ マーク(円マーク)は入力しないでください。  
(図4)のように 
\ (逆スラッシュ)を入力してください。
  • Androidなら、キーボードの記号の中に \ があります。
  • iPhoneなら、キーボードの数字の中の「# + = 」の中に \ があります。
  • PCなら、\(半角)を入力すると、自動的に \ に変換されて入力されます。
 
パスワードは、LDAP(AD)に対するパスワードを入力します。
(図4) 

2. セルフサービスポータルの最初の画面

(図4)で、ログインをタップすると、(図5)が現われます。 
これは、ADの同一アカウントで、2台の端末をMobiControlに登録してある場合の例です。  
下記の情報が表示されています。
  • 端末のMobiControlでの名前
  • 端末メーカーとそのモデル名
  • 携帯電話番号
  • バッテリの充電容量
 
(図5)の赤矢印部分をタップすると、(図6)のように働きかけメニュー画面がポップアップ表示されます。 
端末Bに対して働きかけたいアクションを選択します。
(図5) 
(図6) 

3. 端末のステータスを知る

(図7) 

 

(図5)で、対象端末をタップすると、画面は(図7)のように変わります。 
(図7)は、下にスクロールダウンした図です。

 

をタップすると、(図5)に戻ります。  
 
をタップすると、(図2)がポップアップして、 端末Bに対して働きかけができます。 
 
「ロケーション」をタップすると、地図が表示され端末Bの地理的位置が表示されます。
 
端末A側のディスプレイの横幅が広い場合は、(図8)のように、二列表示になることがあります。 更に、横幅が広いと、三列表示になることもあります。

(図8) 

 

MobiControl管理者へのお願い

セルフサービスポータルを有効にするには、 予め、コンソール管理者の登録で、端末ユーザへの権限を付与しておいてください。