指定日時にインストール

MobiControl v14 Manual


A. パッケージを今すぐ送ると、不都合がある場合

パッケージを積み込んだプロファイルは、「割り当て」ボタンを押すと、すぐに端末に送られます。そして、 パッケージが包含するアプリは、自動的にインストールされます
しかし、これには、2つの不都合がありえます。
  1. アプリの操作の邪魔になる
    端末で、なんらかのアプリを操作中に、このインストールが開始され、且つ、 インストール・プロセスに時間がかかる場合などは、アプリ操作に中断が生じます。
  2. 通信回線に輻輳が生じ、他のオンライン業務に悪影響を与える。
    対象となる端末台数が数千台ある場合に、一斉にプロファイルを送ると、MobiControlサーバからインターネットに向かう通信回線が輻輳します。
a.の場合は、今すぐに送るが、そのインストールは勤務時間外にするようにします。または、端末ユーザの任意の時刻にインストールします。
b.の場合は、MobiControlサーバから小分けして送ったり、勤務時間外に送信することにします。

B. 割り当ての「オプション」タブを選択

(図1)は、「パッケージのプロファイルへの積み込み」のページの「5.プロファイルの配布先となる端末グループを指定」の (図8)の再掲です。

(図1)

(図1)で、構成プロファイルの配布対象となる端末グループまたは端末を選択します。選択をするとチェックボタンが青くなります。 選択が終わると、下辺の「割り当て」ボタンを押すと、プロファイルはすぐに端末に送られ、パッケージが包含するアプリのインストールが自動的に実施されてしまいます。

(図1)の下辺の「割り当て」ボタンを押さずに、上辺の「オプション」タブを選択します。 画面は(図2)に遷移します。

(図2)

C. パッケージを今すぐ送らず、指定日時に送る

(図2)を参照ください。
  • の「割り当て日」にチェックを入れ、日時を指定すると、 その日時に送信を開始します。それまでは、パッケージを積み込んだプロファイルは、MobiControlサーバに留め置かれます。
    その際、 または の指定がないと、端末に届いた段階でインストールされます。
  • の 「次のアップデートスケジュールにずらす」にチェックをいれた場合も、プロファイルは、MobiControlサーバに留め置かれます。 そして、次のチェックインの時刻に端末に送信されます。
    端末からのチェックインの時刻は、分散していますから、送信開始時刻もばらけます。通信回線の輻輳を避けることができます。

(図2)での指定が終わったら、下辺の「割り当て」ボタンを押します。

D. パッケージは今すぐ送られるが、インストールは、指定の日時に

(図2)を参照ください。
パッケージを積み込んだプロファイルは、 で指定した日時に MobiControlサーバから端末に送られますが、 そのインストールは、 または で指定した日時まで待ちます。
ここで指定する時刻は、日本標準時刻でなく、端末に設定している時刻になります。午後9時に指定してあっても、タイにある端末なら、日本時間の午後11時に インストール開始となります。
端末の時刻でなく、国際標準時での時刻を指定することもできます。それには、右端の「端末の時刻」の右をプルダウンすると、 「UTC時刻」の文字列が表示されますから、それを選択します。

E. その他のオプション

(図2)を参照ください。
  • 通信回線の限定
    プロファイルを送る際、端末側の通信回線を限定します。
    ローミング中は送らないようすることができます。
    携帯電話回線に接続中は送らないようにすることができます。
    その場合は、無線LANに接続した段階で送るようになります。
  • 最小のバッテリレベル
    パーセントを単位として入力します。バッテリの残存容量が少ないときは、サーバからの送信をしません。
  • デバイスでサポートされている時にパッケージを持続的に保存
    Windows Embedded端末などでは、バッテリ残存がゼロになったり、バッテリパック交換をすると、 メモリ内のファイルが削除されます。しかし、不揮発性フォルダが指定されている場合は、そのフォルダ内のファイルは 削除されません。これにチェックを入れると、パッケージは、その不揮発性フォルダに保存されます。
    • 端末OSが、Windows Embeddedの場合、不揮発性フォルダは、端末メーカーにより指定され、端末モデルにより異なります。 そのフォルダ名は、エージェントの作成と配布準備のページの(図8)に記載されています。 どの端末モデルの場合でも、Rootフォルダです。
    • Windows PC を Windows Classicとして設定した場合、「%Program Files%\SOTI\MobiControl」を不揮発性フォルダとします。 ドライブ名は問いません。
  • すべてのアップデートスケジュールでパッケージを再インストールして チェックイン
    端末からのチェックインのたびに、パッケージをサーバから送ります。 アプリを積み込まずに、スクリプトだけのパッケージがあります。
    • 例えば、特定のアプリを起動させるスクリプトを積み込んだ パッケージの場合、チェックインのたびに、そのアプリが起動するようになります。
    • 端末画面にメッセージを表示させるスクリプトがあります。「メッセージ(showmessagebox スクリプト)」。 そのスクリプトを積み込まんだパッケージを送ると、チェックインのたびに、そのメッセージが表示されるようになります。
  • プロファイルの失効または削除でパッケージコンテンツをアンインストール
    コンソール側で、プロファイルを削除すると、端末でインストール済の該当アプリがアンインストールされます。
  • 「無効日」にチェックを入れると、指定した日時以降に、同一端末グループに 追加登録した端末にはプロファイルは適用されなくなります。しかし、この日時までに登録された端末には適用されたままになります。
  • 「失効日」にチェックを入れると、指定した日時以降は、 対象端末の全てで、プロファイルは適用されなくなります。アプリの場合は、起動しなくなります。
    しかし、そのプロファイルが端末で削除されたわけではありません。「保留」になったままです。 プロファイルの管理画面(「パッケージのプロファイルへの積込」のページの(図2)から「インストールの再試行」 を実施すると、端末で保留されていたプロファイルは復活し、再適用されます。

(図2)での指定が終わったら、下辺の「割り当て」ボタンを押します。

F. 端末ユーザの任意の時刻にインストール

(図2)を参照ください。
インストール方法は、デフォルトでは「自動」です。
これの右端をプルダウンすると、「自動」でなく「セルフサービス」を選択できます。「セルフサービス」を選択すると、プロファイルは自動的には 端末で適用されず、パッケージに積み込んだアプリもインストールはされません
(図2)の下辺の「割り当て」ボタンを押すと、プロファイルはMobiControlサーバ内に留め置かれます。
例えば、「在庫検索」という名前のプロファイルを「セルフサービス」指定したとします。端末では、次のような操作を行います。

端末のMobiControlのアイコンをタップすると、 (図3)が現れます。(図3)で、「端末のステータス」をタップします。 遷移した画面の上辺で、「プロファイル」タブを選択します。「在庫検索」というプロファイルが、今、「未インストール」と表示されています。 この「未インストール」(赤矢印)をタップします。
(図3)(図4)
(図5)のように、「インストール」ボタンが表示されるので、これをタップすると、MobiControlサーバからのパッケージの ダウンロードが開始されます。ダウンロードが終わるとインストールが実行されます。 インストールが終わると、画面は(図6)のように遷移します。ここで、端末でのMobiControlアプリの操作を終わります。 もし、このアプリをアンインストールしたい場合は、(図6)で、「削除」ボタンを押します。
(図5) (図6)

端末ユーザの勤務時間が固定してない場合があります。例えば、24時間営業の店舗の端末やタクシードライバの端末などです。
これらの端末での最適なインストール時刻は、予想つきません。そこで、端末ユーザの手がすいた時に、手動でインストールして貰います。
これらの端末のユーザには、上記の(図3)(図4)(図5)の手順をメールなどで教えておきます。