ランチャーの登録

MobiControl v14 Manual

端末のロックを解除したら、Androidの一般的なHOME画面でなく、企業/団体が制作した画面のみが 表示されるようにすることができます。その画面をランチャーといいます。  
 
ランチャーは二つのメリットがあります。
  1. 会社支給端末では、 業務に不要なアイコンを排除し、端末ユーザが業務に必要なアプリやWebサイトのみが 表示されているので、業務遂行に必要なアプリやWebサイトを画面上で探しやすい。

     

  2. セキュリティリスクを減らせる。
    • 私物端末を社内に持ち込んだときのみにランチャーを起動させ、情報漏洩の可能性のある アプリを表示させません。会社指定のアプリやコンテンツのみを表示します。 ジオフェンス・アラートをトリガーとします。
    • 端末がアラート状態(例えば 端末のルートを奪取)になった場合、アプリ限定(例えば電話のみ)のランチャーを強制起動します。 社内リソースに権限以上のアクセスをする可能性があるからです。 
      アラートルールに基づき、所属する端末グループを「隔離グループ」に自動的に移動する機能を利用します。
 
このランチャーを設定します。 
(図1)の「Android Plus 構成プロファイルのメニュー」の画面を表示します。  
表示方法は、「Android Plus 端末の 構成プロファイルの作成」を参照ください。 

(図1) 
Android Plus 構成プロファイルのメニュー 

 

1. ランチャー管理画面を表示

(図1)で、「ランチャー」を選択すると、(図2)が表示されます。  

(図2) 

ランチャーはHTML文書です。別途、エディターでランチャー用のHTML文書を作成済みなら、それを、そのまま使い、端末に表示することができます。  
 
ここでは、エディターでのフル記述でなく、簡易的にランチャー用のHTML文書を作成する方法を説明します。  
具体的には、(図2)に、画面要素となるアイテム (画面に表示するアプリやファイルのアイコンやそのアイコンに付属する文字列)を挿入し、(図3)のように列挙し、 テンプレートを指定するだけで、ランチャー用のHTML文書が作成できます。  

(図3) 

(図3)で、「OK」ボタンを押せば、ランチャーに関する構成プロファイルは、MobiControlサーバに保存されます。

2. アイテムの登録

(図2)または(図3)で、「新規」ボタンを押すと、(図4)が表示されます。

(図4) 

 
(1)の欄には、ランチャーに表示されるアイテムの文字列(アイコンに添えられる文字列)を入力します。 
(2)の欄には、アイテムのURIを入力します。 
 
(2)の欄に、入力するURIの接頭辞は下表の通りです。
接頭辞対象オブジェクト
Launch:// アプリ。アプリのバンドルIDを記述します。 
例1 Googleマップ Launch://com.android.apps.maps  
例2 電話 Launch://com.android.phone
Dial:// 電話番号。数字列を記述します。ユーザがこのアイテムをタップすると端末は数字列に電話ダイヤルします。 
Dial://0311112222
File:// ファイル。例:File://%sdcard%content/document.pdf
http:// URL。ユ-ザーがこのアイテムをタップすると、ランチャー画面に、当該URLのWebページが表示されます 
(例) http://www.company.co.jp
https:// URL。ユ-ザーがこのアイテムをタップすると、ランチャー画面に、当該URLのWebページが表示されます
browser:// URL。ユ-ザーがこのアイテムをタップすると、ブラウザが別に開かれ、それに当該URLのWebページが表示されます
browsers:// URL。ユ-ザーがこのアイテムをタップすると、ブラウザが別に開かれ、それに当該URLのWebページが表示されます。 Webサイトがhttpsで始まるURLの際に指定します。
surf:// URL。ユ-ザーがこのアイテムをタップすると、ブラウザとしてのSOTI surfが別に開かれ、それに当該URLのWebページが表示されます。 (SOTI surfを事前にインストールしておく必要があります。)
surfs:// URL。ユ-ザーがこのアイテムをタップすると、ブラウザとしてのSOTI surfが別に開かれ、それに当該URLのWebページが表示されます。 Webサイトがhttpsで始まるURLの際に指定します。 (SOTI surfを事前にインストールしておく必要があります。)
ftp:// URL。ユ-ザーがこのアイテムをタップすると、URLのファイルをFTP手順でダウンロードします
intent:// AndroidのIntentを開きます。 
Intent://google.navigation:///?35.671487,139.764884&q="銀座"
action:// MobiControlのアクションを指定します。 
(例1) 端末のパスワード変更 action://CHANGE_DEVICE_PASSWORD 
(例2) 無線LANの設定 action://CONFIGURE_WIFI
Music:// パス指定した音楽ファイルを再生します
Movie:// パス指定した動画ファイルを再生します
 
既に端末にインストール済のアプリのバンドルIDは、次の方法で知ることができます。
  1. リモートコントロール画面の右上のペイン
  2. 当該端末を選択してから表示される 「端末パネルのアプリ・タブ
工場出荷時に搭載されているアプリの中には、 1. には表示されているが、2.には表示されてないアプリがあります。 (例)電話、メールなど

 

ランチャーに採用をお勧めするアプリ
アプリ名バンドルID
MobiControlnet.soti.mobicontrol.sony 
赤文字部分は端末メーカーにより異なります
Soti Surfnet.soti.surf
設定マネージャーnet.soti.settingsmanager
電話com.android.phone
 
(図3)の「端末起動時に本アイテムを自動的に起動」にチェックをいれておくと、 端末でロック解除すると、当該アプリがまずは起動して表示されます。アプリ以外で、例えば、文書なら、その文書が開きます。 その後に、ホームボタンを押すと、ランチャー画面に戻ります。

 

ご留意
ランチャーに採用するアプリは、当然、事前に端末にインストールされていることが必要です。 アプリカタログ・ルールパッケージにより端末に配付およびインストールをしておきます。
 
(3)の欄には、アイテムのアイコン画像を選択入力します。 
(図4)の赤い矢印部分をクリックすると、コンソールコンピュータのExploreが開かれます。 
画像ファイルが格納されているフォルダを 探して、目的のアイコン画像ファイルを選択します。選択したアイコン画像が赤い矢印部分に表示されます。 
(図4)の入力が終わると、(図5)のようになります。

(図5) 

 
「端末起動時に本アイテムも自動的に起動」にチェックを入れると、 端末ロックを解除すると、本アイテム(アプリまたはファイル)が 最初に起動し、表示されるようになります。(当該アプリまたはファイルをクローズすると、ランチャー が表示されます。  
既にインストール済のアプリが、アイコン表示されている場合は、(3)の欄に画像入力は不要です

 

(図5)が適切な登録内容なら、OKボタンを押します。そうすると(図2)は(図6)のように、アイテムが入力された状態に遷移します。

(図6) 
(図3)の再掲

(図6)で、OKボタンを押すと、ランチャーに関する構成プロファイルは完成です。

3. シングルアプリモード

端末のロックを解除したら、指定のアプリのみを起動させ、他のアプリは起動させないことができます。 これは、(図5)で、「Enable Single App Mode」にチェックを入れることが実現できます。

4. アイテムの表示順序を入れ替える

挿入されたアイテムは、(図6)での列挙順番で、端末画面に表示されます。 
端末上部の一段目の左から右へ。一段目が右端まで埋まると、 続いて、二段目に左から右へと表示されます。 

(図7) 

(図6)でアイテムを選択してから、「上へ」または「下へ」ボタンを押すと、アイテムの順序が変わります。 それに従い、端末画面での表示位置も入れ替わります。 (図6)での順序が、端末画面の表示位置に連動する仕組みについては、 ランチャーのタグを参照ください。

5. ステータスバーの表示オプション

(図6)のステータスバーに関するオプションにチェックを入れます。ステータスバーとは、ホーム画面の上部に表示されている機能ボタンの列です。
ステータスバーの拡張を不能にするステータスバーの設定を変更するアプリがあります。 端末ユーザがステータスバーを変更する可能性があります。 チェックを入れるとこれらを使って変更することを不能にします。
設定変更を不能にするステータスバーには、端末の「設定」アイコンがあります。 チェックを入れると、この「設定」の表示を消します。
ステータスバーを隠すチェックを入れるとステータスバーが表示されなくなります

6. 「設定マネージャー」のインストール

通常の端末では、「設定」アイコンが表示されています。ランチャーには「設定」アイコンを開き、設定変更ができないようにします。 なぜなら、端末ユーザが「設定」のセキュリティに関するメニューなどを操作して 端末のセキュリティリスクを高める危険があるからです。 上記の「ステータスバーの表示オプション」で、「設定変更を不能にする」にチェックを入れておきます。

 

「設定」の替りに、「設定マネージャー」をインストールします。「設定マネージャー」は、画面の縦横回転や、WiFiをオフにするか否かなど 設定可能メニューを基本的な項目に限定しています。 (図4)の(2)項に、Launch://net.soti.settingsmanagerと入力することで、「設定マネージャー」を ランチャー画面に追加できます。 
詳しくは「設定マネージャー」を参照ください。

7. ランチャーから通常のホーム画面へ

ランチャーを設定する前には、「ユーザ認証」で、管理者パスワードを設定しておかなければなりません。
その「管理者パスワード」を入力することで、ランチャー画面を通常のホーム画面に戻すことができます。 詳しくは、「ランチャーを解除する」を参照ください。

8. ランチャーの設定直後の留意事項

8-1.

8-2.

8-3.

始めてランチャーを設定した端末では、8-1のメッセージが表示されます。 OKをタップすると、8-2のランチャー画面が現われます。 しかし、下辺中央のホームボタン(赤矢印部分)を押すと、8-3のメニューが現われます。 MobiControlをタップします。

8-4.

8-5.

8-6.

再度、下辺中央のホームボタンをタップします 「常時」をタップします これで、ホームボタン(赤矢印部分)を押しても、5-3のようなメニューは現われなくなります
 
8-3のメニューで、「MobiControl」以外を選択すると、ランチャーを設定してあっても、通常のホーム画面での運用になってしまいます。

9. システムアプリへの配慮

端末ユーザには操作させたくないが、端末の正常な運用に必要なシステムアプリというのがあります。

 

MobiControl v13.3.0.3116 未満だと、ランチャーで指定しているアプリ以外の全てのアプリの起動や バックグラウンドでの稼働を抑止しています。 これは、「Package Blocking」と呼ばれるモードです。このモードは過度に抑止的で 気が付かないうちに、システムアプリが起動できないことがあります。

 

MobiControl v13.3.0.3116以降は、「Polling-based」と呼ばれるモードがデフォルトになりました。 このモードでは、端末ユーザのアクセスを認めてないアプリに端末ユーザはアクセスできません。 このモードでは、これらのアプリはバックグラウンドで稼働させます。 MobiControl v13.3.0.3116以降では、「Package Blocking」か「Polling-based」のどちらでも選択でき、 デフォルトの「Polling-based」から「Package Blocking」に戻すこともできます。 「Package Blocking」は、各機種ごとに充分なテストを行ってからにすることをSOTIは推奨します。

 

ランチャーを「Package Blocking」モードにもどすには、(図3)または(図6)の下辺の「詳細設定」ボタン(赤矢印)を押します。 (図8)のポップアップが現われます。

(図8) 

(図8)で、Package Blocking (Legacy)のチェックポイントにチェックを入てから、「OK」ボタンを押すと、 ランチャーは、「Package Blocking」モードになります。
「Package Blocking」にしたら、Androidの自動アップデートを禁止するようにしておきます。

10. ランチャーの展開

(図3)または、(図6)で、「OK」を押すと、ランチャーに関する構成プロファイルが、MobiControlに保存されます。
構成プロファイルの作成が終わると、これを対象とする端末グループやAD(Active Directory)の グループに割り当てます。そして、それを当該グループの端末に配布し、インストールします。詳しくは、 「Android Plusの構成プロファイルの作成」 のページの「E. 構成項目の編集または削除」以下を参照ください。

11. パスワードの設定

ランチャーに関する構成プロファイルを端末に展開するには、端末の起動時にパスワード入力を 必須としておかなくはなりません。  
(図1)で、「ユーザ認証」を選択し、端末にパスワード設定を強制しておく必要があります。  
(図3)または(図6)の上部の「認証が必要」をクリックすると、(図9)のような注釈が現れます。

(図9)