POP3

MobiControl v14 Manual


KNOXコンテナー内のPOP3アプリにアカウントを新設し、設定をします。
(図1)の「KNOX構成プロファイルメニュー」の画面を表示します。  
表示方法は、「Samsung KNOXの構成プロファイルの作成」を参照ください。
 

(図1) 
Samsung KNOXの構成プロファイル・メニュー 

 
Eメール設定をドロップダウンし、更にPOP3を選択すると、(図2)が現われます。
 

(図1)POP3設定画面

アカウント名
  • 端末ユーザのPOP3アカウント名
受信時の端末の反応
  • 右端をプルダウンして選択
同期間隔
  • 右端をプルダウン。POP3サーバとの同期間隔を設定。
    • 自動的にプッシュを受ける
    • マニュアル操作
    • 5分毎
    • 15分毎
    • 60分毎
    • 240分毎
    から選択。
 
受信サーバ 
サーバ 
  • POP3サーバのアドレス
ポート 
  • POP3サーバのポート
SSLを使用 
  • SSL交信する場合にチェック
ユーザー
  • POP3サーバに対するユーザ名。 
    端末登録時のユーザ認証にADを使うと、 %EnrolledUser_Upn%のままにしておく。ADのユーザ名が自動反映される
認証タイプ
  • 本人認証方式としてパスワードを選択
Eメール設定
  • 差出人メールアドレス。端末登録時のユーザ認証にADを使うと %EnrolledUser_Email% で自動反映される
 
送信サーバ 
サーバ 
  • SMTPサーバのアドレス
ポート 
  • SMTPサーバのポート
SSLを使用 
  • SSL交信する場合にチェックを入れる
ユーザー
  • SMTPサーバに対するユーザ名。 
    端末登録時のユーザ認証にADを使うと、 %EnrolledUser_Upn%のままにしておく。ADのユーザ名が自動反映される
認証タイプ
  • 本人認証方式としてパスワードを選択。送信サーバPOP3に対するパスワードを兼用。
セキュリティ
  • チェックを入れると、 差出人アドレスを変え、他のメールサーバのアカウントを使って返信または転送をすることを不能にする。 例えば、このアカウントのメールサーバは、上司の承認がないと外部には発信できなくなっている場合、他のメールアカウント(メールサーバ)を 使って、承認を受けずに発信するのを防ぐ。

 

構成プロファイルの作成が終わると、「OK」ボタンを押します。
構成プロファイルの作成が終わると、これを対象とする端末グループやAD(Active Directory)の グループに割り当てます。そして、それを当該グループの端末に配布し、インストールします。詳しくは、 「Samsung KNOXの構成プロファイルの作成」 のページの「E. 構成項目の編集または削除」以下を参照ください。

端末の機種によっては、本機能を提供できない場合があります 。 (図2)の右上に、のアイコンがあります。 これをクリックすると、対応する機種が表示されます。