リモート操作の設定

MobiControl v14 Manual


(図1)
IT-G600

スキンとは

端末の画面をコンソールに映して、コンソールで端末を操作することを端末のリモート操作と呼びます。
端末画面をリモート操作」を参照ください。

端末のモデルに依っては、操作のためのボタンが、画面の外枠フレームの下辺にある場合があります。 (図1)が、その例です。 これらのハードウェアボタンを、スクリーン画像と一緒に、コンソールに表示することができます。コンソールでこれらのボタンをクリックすることで、 端末と同じような操作ができます。

この外枠フレーム画像ファイルを、MobiControlでは、スキンと呼びます。契約をしている端末メーカーのモデルのスキン画像のデータベースが、SOTI のクラウドサービスに格納されています。 これをMobiControlサーバにダウンロードしておきます。

現在、契約済の端末メーカーは、約300社あります。

スキンの選択

(図2)を表示します。(図2)の表示方法は、Android端末&グループの詳細設定を 参照ください。

(図2) 

  1. (図2)のにチェックを入れます。
    「リモート操作の設定」は、端末グループ単位で行います。 端末グループは階層構造になっています。上位の端末グループに所属する端末モデルと、今、設定しようとしている端末グループの端末モデルが異なる場合に ここにチェックを入れます。
  2. (図2)のをプルダウンすると、端末メーカーのリストが現れます。当該端末グループに登録した端末メーカーの名前を選択します。
  3. (図2)のをプルダウンすると、端末モデルのリストが現れます。当該端末グループに登録した端末モデルを選択します。

通信回線

(図2)のをプルダウンします。(図3)のような、通信回線のリストが現れます。

(図3) 

(図3)では、(自動)の設定のままにしておきます。リストの中の、どの選択肢を選択しても、現在接続中の通信回線経由で、リモート操作(リモート表示)は、開始されます。

リモート画面操作ができる端末モデル

  • リモート画面表示
    MobiControlに登録した全てのAndroid端末の画面をコンソールに表示できます。 端末ユーザの操作により端末の画面は変化しますが、コンソールでの画面も同じように変化します。その変化をビデオ録画ができます。
  • リモート画面操作
    更に、次の条件の端末の場合、コンソールのマウス操作で、リモートの端末のアプリを起動し、各種の操作を実行できます。

リモート画面操作、またはリモート画面表示を開始するには、該当端末を選んでから、「リモート操作」のボタンをクリックします。