端末詳細設定

MobiControl v14 Manual

Android端末を含む MobiControlの設定は次の順序で行いますが、ここでは、下記の6番目、端末グループの詳細設定をします。 
  1. MobiControlサーバのプロパティと証明書等設定
  2. 端末グループの作成 
    企業や団体の組織にそって、階層的に端末グループを作成 
    (組織名の入力が主な作業)
  3. managed Google Playアカウントの作成または、G. Suiteアカウントの作成とGoogleとのバインド (Android Enterpriseの場合)
  4. 端末登録ルールの作成と登録IDの発行 
  5. 端末グループまたは端末の構成プロファイル作成  
    (無線LANやセキュリティ対策など)
  6. 端末グループの詳細設定
  7. 端末登録ルール以外のルールの設定 
    業務用アプリの配布のためには特に アプリカタログ・ルール
  8. 端末エージェントのインストールと登録
  9. パッケージのプロファイルへの積込 
  10. コンテンツのライブラリへのアップロード 
    業務に必要なファイルを端末に配付するために、サーバにアップロードしておきます。
端末の設定分野には「構成プロファイル」と「ルール」と「詳細設定」 があります。詳しくは、 構成プロファイルとルールと詳細設定 を参照ください。

端末グループ単位で設定する場合

MobiControlの端末グループは、会社/団体の組織を反映して、階層構造で構成します。 上位組織を対象に設定した「構成プロファイル」、「ルール」及び「詳細設定」は、その下位組織にも適用されます。
例えば、「本部」単位で設定すれば、その下の「部」「課」に相当する端末グループの端末も設定されたことになります。
しかし、「本部」単位の設定とは独立して、「部」単位でも設定が可能です。その場合は、その「部」及びその下位組織の「課」に相当する 端末グループにも適用されます。

対象となる端末グループを選択し、(図1)のように3点リーダー(赤矢印)をクリックし、サブメニューが現れます。

(図1)

「グループの詳細」を選択すると、
  • MobiControl v14.4以上の場合、(図2)が表示されます。
  • MobiControl v14.4未満の場合、(図3)が表示されます。

MobiControl v14.4以上の場合

現れた画面(図2)の、赤枠の部分をプルダウンして、端末ファミリーとして、「Android Plus」を選択します。
「Android Plus」と表示されていますが、 これには、Android Plusだけでなく、Android Enterprise も含まれます

(図2)

(図2)で、名前欄の項目の1つをを選択すると、設定のためのダイアログがポップアップします。適宜、設定をします。 「OK」ボタンを押すと、設定が終わります。

MobiControl v14.4未満の場合

現れた画面で、上辺タブで「構成」を選び、スクロールダウンして、「詳細設定」のセクションを表示します。

(図3)

9つの設定項目がありますが、その内の1つを選び、3点リーダー(赤矢印)をクリックすると、「編集」の文字列が 現れます。この「編集」を選ぶと、設定のためのダイアログがポップアップします。適宜、設定をします。 「OK」ボタンを押すと、設定が終わります。
(図3)で、端末ファミリとして「Android Plus」と表示されていますが、 これには、Android Plusだけでなく、Android Enterprise も含まれます

設定ダイアログで「OK」ボタンを押しただけでは、端末には展開されません。
次回のチェックインの時に、端末に展開されます。
今すぐ、端末に展開したい場合は、チェックインボタンを押します。詳しくは、 「設定を今すぐ更新する。オンラインにする。」を参照ください。

個別端末のみに設定する場合

端末グループ全体に対する設定とは、独立して、個別端末のみに設定することもできます。
該当の端末名の部分が(図4)のように青文字になっています。

(図4)


この端末名の中から、設定したい端末名をクリックします。

MobiControl v14.4以上の場合

現れたダイアログの上部で、「構成」を選択すると、(図5)が表示されます。

(図5)

(図5)には、上から「プロファイル」「パッケージ」「指定されたルール」の下に「詳細設定」が表示されます。
「詳細設定」のセクションの名前欄の項目の1つをを選択すると、設定のためのダイアログがポップアップします。適宜、設定をします。 「OK」ボタンを押すと、設定が終わります。

MobiControl v14.4未満の場合

現れた画面で、上辺タブで「構成」を選び、スクロールダウンして、「詳細設定」のセクションを表示します。

(図6)

(図6)には、上から「プロファイル」「指定されたルール」の下に「詳細設定」が表示されています。
設定項目がありますが、その内の1つを選び、3点リーダー(赤矢印)をクリックすると、「編集」の文字列が 現れます。この「編集」を選ぶと、その設定項目の設定画面が現れます。

設定が端末に適用されるタイミング

詳細設定の設定をしてから、次のチェックインで、端末に適用されます。 チェックインは、下記の3つのどれかをトリガーとして実行されます。今すぐチェックインさせるには、「設定を今すぐ更新する。オンラインにする。」を参照ください。
  1. 更新スケジュール」で定めた時刻になった。
    但し、更新スケジュールの時刻に、端末がMobiControlサーバに接続している必要があります。詳しくは、「接続時間帯の設定」を参照ください。
  2. MobiControlコンソールの操作
    • 端末がMobiControlサーバに接続しているとき
      上部アクションバーで、「チェックイン」を押す。
    • 端末がMobiControlサーバに接続してないとき
      スクリプトコマンド "connect -f" をGoogleのプッシュサービスで送り、端末からMobiControlサーバに接続させる。
    詳しくは、「設定を今すぐ更新する。オンラインにする。」を参照ください。
  3. 端末で、MobiControlアイコンを起動。「エージェントステータス」を長押しして、表示を「未接続」にする。続けて 再度「エージェントステータス」を長押しして、表示を「接続」にする。
a. b. は、端末がスリープ状態でも実行されます。但し、MobiControlエージェントのDoze無効化を設定していないと、 スリープ状態になっている端末では、a. b. は実行されません。。端末のMobiControlエージェントのDoze無効化は、「エージェントのDozeを無効にする」を参照ください。