Android Plus

MobiControl v14 Manual

セットアップの前に

Android Plusの端末セットアップ作業でのハイライトは、次の2つです。
  • エージェントのダウンロード
  • 登録ID(または登録用サーバURL)の入力
    登録IDと登録用サーバURLは、端末登録ルールが生成します。
文字入力の替わりにQRコードの読み取りで、作業の軽減を目指します。
a.では、Chromeを使いダウンロード元にアクセスします。そのダウンロード元のURLをQRコードにしておきます
b.に関しては、Windows PCで動くMobiControl Stage Barcode Generatorを使い、登録IDをQRコードに変換しておきます。
もし、本人認証のステップを省くことにすると、QRコードのスキャン 及び プロンプトに対しタップするだけで、セットアップができます。

このページをお読みになる前に、「Android : エージェントのインストールと操作」のページを、ご一読願います。

Google Playストア以外のアプリのインストールを許可

前準備として、提供元不明のアプリのインストールを許可する設定をします。
次の「提供元不明のアプリのインストールを許可する設定」をクリックしてください。

提供元不明のアプリのインストールを許可する設定

  • A1.

    A2.

    A3.

    端末の「設定」メニューの「セキュリティ」をタップします。 提供元不明のアプリのインストールを許可します。赤矢印部分をタップ 警告がでるので、「OK」をタップ

    A4.

     

     
    MobiControl Agentは提供元(SOTI Inc)が確定しているアプリですが、 Google Playストア以外をダウンロード元とするアプリ・インスタンスを含みます。 Androidでは、Playストア以外をダウンロード元とするアプリは、提供元不明のアプリの扱いとなります。  
    従って、提供元不明のアプリのインストールを許可する必要があります。
     
    MobiControl Agentのインストールが終われば、A4.の画面を開き、提供元不明のアプリのインストールを許可しないモード、つまりA2の画面に戻します。

端末でのセットアップ作業

Android Plusのセットアップの方法には4種類があります。
下記の方法1から方法4までのどれかを選択します。

説明を開いた状態
説明を閉じた状態

方法1. エージェントのダウンロード元が、MobiControlサーバ

サードパーティのQRコード生成ソフトを使って、登録用URLのQRコードを作成しておきます。その QRコードを印刷しておきます。端末でQRコードを読み取ると、Chromeが起動しMobiControlサーバにアクセスします。
端末での設定作業中に、登録用URLが表示されます。 その登録用URLをコピーし、「登録IDまたはサーバアドレス入力画面」で貼り付けることで登録が可能です。
この方法では、インターネットから隔離した閉域網内の端末もMobiControlに登録できます
次の「エージェントのダウンロード元が、MobiControlサーバ」をクリックしてください。

エージェントのダウンロード元が、MobiControlサーバ

  • 端末が、登録用URLのQRコードを読み取ると、B1の画面が現れます。

    B1

    B2

    B3

    画面中央の、URLの文字列に指を載せ、範囲指定します。
    エージェントをダウンロードしようとする端末のメーカー名、又は、モデル名が表示されるので、それをタップします。 下辺の「次へ」ボタンの色が濃くなります。これをタップします。
    B1に表示する、端末のメーカー名、又は、モデル名は、端末登録ルールで指定しておきます。
    詳しくは、端末登録ルールの「6. エージェントソフトのダウンロード元」を参照ください。

    B4

    B5

    B6

    範囲指定したサーバアドレスの文字列の背景が、青色に変わります。 ポップアップが現れるので、これから「コピー」を選択します。
    下辺の「ダウンロード」ボタンを押します。
    エージェントのダウンロードが終わると、下辺に、ダウンロードしたAPKファイルの名前が表示されます。 「開く」をタップします。 「インストール」をタップします。

    B7

    B8

    B9


    静観します。

    下辺の「開く」をタップ。

    「許可」をタップ。

    B10

    B11

    B12


    「許可」をタップ。

    「許可」をタップ。

    「許可」をタップ。

    B13

    B14

    B15


    「許可」をタップ。

    白い欄に指を載せ、「貼り付け」をします。

    B4でコピーしたサーバアドレスが入力されます。「登録」ボタンを押します。
    B14では、サーバアドレスの入力の替わりに、登録ID(8桁)を手入力することでも、登録が可能です。

    又、B14の下段にあるQRコードマークをタップすると、QRコードリーダーが起動します。これで、 MobiControl Stage Barcode Generatorを使って、QRコードに変換しておいた 登録IDをスキャン入力することもできます。B4でのコピペより、この方がラクと思う方にお勧めです。

    B16

    B17

    B18


    「静観」

    下辺の「有効にする」をタップ。

    登録完了。これがMobiControlエージェントのメニュー。

    B19


    B18で、「端末のステータス」をタップすると、画面はB19のように変ります。
    もし、エージェントステータスの下の「接続済」の文字列が、「未接続」となっていたら、その部分を長押しすると 端末はMobiControlサーバに接続します。
    端末登録ルールは、端末グループに紐づけられていますから、この端末は、その端末グループに所属して、コンソールに表示されます。
    B19の左上のハンバーガーマークをタップすると、B18に戻ります。

方法2. エージェントのダウンロード元が、SOTIのサイト その1

PCまたはタブレットで、soti.net/oemにアクセスします。 そして、登録しようとする端末のメーカー名と機種を選択します。そうすると、ダウンロード元URLのQRコードが表示されます。
これを、端末に読み取らせ、SOTIのダウンロード元にアクセスさせます。

次の「エージェントのダウンロード元が、SOTIのサイト その1」をクリックしてください。

エージェントのダウンロード元が、SOTIのサイト その1

  • PCまたはタブレットで、soti.net/oemにアクセスします。
    (図1)が現れます。

    (図1)


    Android Plusとして設定する場合は、「Android - OEM Specific Agent and Plugins」を選択します。 (図2)が現れます。

    (図2)


    Manufacture欄の右端をプルダウンして、端末メーカーを選択します。
    続けて、端末モデルを選択します。
    最後に、端末エージェントのバージョンを選択します。
    画面に QRコードが現れるので、これからMobiControlに登録しようとする端末にスキャンさせます。
    端末で、QRコードをスキャンをすると、端末エージェントのダウンロードが始まります。

    C1.

    C2.

    C3.

    エージェントのダウンロードが完了。「インストール」をタップ 静観 下辺の「開く」をタップ

    C4.

    C5.

    C6.

    静観 「許可」をタップ 「許可」をタップ

    C7.

    C8.

    C9.

    「許可」をタップ 「許可」をタップ 「許可」をタップ

    C10の下段にあるQRコードマークをタップすると、QRコードリーダーが起動します。これで、 MobiControl Stage Barcode Generatorを使って、QRコードに変換しておいた 登録IDをスキャン入力します。
    スキャン入力の替わりに、登録ID(8桁)を白い欄に手入力することでも、登録が可能です。

    C10.

    C11.

    C12.

    登録IDの入力 静観 「有効にする」をタップ

    C13.

    C14.



    このように、端末での入力作業をせずに、端末エージェントのダウンロードとインストール、そして端末の MobiControlの所定の部門への登録が完了しました。
    登録完了。MobiControl Agentの画面が表示される。 左のB13の画面で、例えば、端末のステータスをタップすると、この画面が現われます。

方法3. エージェントのダウンロード元が、SOTIのサイト その2

登録しようとする端末みずからが、soti.net/oemにアクセスします。 そして、登録しようとする端末のメーカー名と機種を選択します。そして、「ダウンロード」ボタンをタップします。
これで、エージェントがダウンロードされます。
ダウンロードしてからの手順は、上述した「その1」と同じです。「ダウンロード」ボタンを表示させるまでのChromeの操作が、「その1」に比べて 面倒かもしれません。

次の「エージェントのダウンロード元が、SOTIのサイト その2」をクリックしてください。

エージェントのダウンロード元が、SOTIのサイト その2

  • D1.

    D2.

    D3.

    端末のChromeを起動し、URL欄に soti.net/oem/と入力 スクロールアップをし、Manufacture(端末メーカー)欄(赤矢印部分)をタップ 端末メーカー名リストが現われるので、該当メーカーを選択

    D4.

    D5.

    D6.

    端末メーカーを確定した画面。続けてVersion欄をプルダウン。 バージョン一覧が表示される。MobiControlサーバのバージョンに合わせ、適切なバージョンを選択。 メーカーとバージョンが確定したら、「Download」をタップ。

    D7.

    D8.

    D9.

    ダウンロード完了の通知が下辺に表示される。「開く」をタップします。 「インストール」をタップ 静観

    D10.

    D11.

    D12.

    下辺の「開く」をタップ 静観 「許可」をタップ

    D13.

    D14.

    D15.

    「許可」をタップ 「許可」をタップ 「許可」をタップ

    D17の下段にあるQRコードマークをタップすると、QRコードリーダーが起動します。これで、 MobiControl Stage Barcode Generatorを使って、QRコードに変換しておいた 登録IDをスキャン入力します。
    スキャン入力の替わりに、登録ID(8桁)を白い欄に手入力することでも、登録が可能です。

    D16.

    D17.

    D18.

    「許可」をタップ 登録IDの入力

    D19.

    D20.

    D21.

    「有効にする」をタップ 登録完了。MobiControl Agentの画面が表示される。 C20で、「端末のステータス」をタップすると現れる

方法4 エージェントAPKファイルとINIファイルをコンソールで入手

なんらかの理由で、エージェントのダウンロード元のサーバにアクセスできない環境にある端末があります。
このような端末に対しては、エージェントをMobiControlサーバからコンソールにダウンロードし、それを端末に渡します。
  1. MobiControlサーバから、エージェントのAPKファイルと、INIファイルをコンソールにダウンロード
  2. コンソールから端末へファイルを直接渡す。その方法の例:
    • コンソールで、2つのファイルをSDカードにコピー。そのSDカードを端末に装着。端末のファイル管理ソフトでSDカード内を 開いて、APKファイルをタップ。
    • コンソールに端末をUSBケーブルで接続し、2つのファイルを端末内フォルダへコピー。端末のファイル管理ソフトで、、APKファイルをタップ。
    INIファイル(ファイル名:MCSetup.ini)は、エージェントのAPKファイルと端末内で同じフォルダに格納しておきます。 APKファイルは、そのINIファイルから、サーバのアドレスと所属する端末グループを 認識します。

次の「エージェントAPKファイルとINIファイルをコンソールで入手」をクリックしてください。

エージェントAPKファイルとINIファイルをコンソールで入手

  • (図3) 

    該当端末に適用する端末登録ルールを右クリックすると、(図3)のようなプルダウンメニューが現われます。 
    このメニューの中の「端末エージェントをダウンロード」を選択します。(図4)がポップアップします。
     

    (図4) 

    下向き矢印を押します。

    (図5) 

    端末のメーカーリストが表示されます。 
    端末メーカーによっては、機種モデルによって、エージェントアプリが異なる場合があります。 該当する機種モデルを選択します。

    (図5)でリストアップされる端末メーカーは、SOTIのサイトから貴社のMobiControlサーバに 受け渡しをしたエージェントのメーカーだけです。
    (図5)のリストにはない場合は、受け渡しを実施してください。 詳しくは、端末登録ルールの「6. エージェントソフトのダウンロード元」を参照ください。

    (図6) 

    (図5)で選択したメーカー名が表示されます。(図6)では、CasioのIT-G400というモデルのエージェントをダウンロードしようとしています。
    「INIファイルのダウンロード」と 「APKファイルのダウンロード」の両方のボタンを押して、コンソールPCにダウンロードし、保存してください。

    端末での作業

    エージェントファイルを受け取った端末で、次の手順でインストールします。
    1. 上記の「提供元不明のアプリの許可」つまりA1からA4までの前準備を必ず実行します。
    2. 端末のファイル管理アプリ(ファイラー)を起動し、エージェントソフトのAPKファイルとiniファイルを、 同じフォルダに配置します。
      ファイル管理アプリとは、「File Commandar」や「ASTROファイルマネージャー」などを指します。 フォルダを越えてのファイルの移動やコピーができます。

    E1.

    E2.

    E3.

    ファイル管理アプリを使って、APKファイルとiniファイルを同じフォルダに配置する。 
    apkファイル(赤矢印)をタップ
    下辺のインストールをタップ 静観

    E4.

    E5.

    E6.

    下辺の「開く」をタップ 静観 「許可」をタップ

    E7.

    E8.

    E9.

    「許可」をタップ 「許可」をタップ 「許可」をタップ

    E10.

    E11.

    E12.

    「許可」をタップ この画面は一瞬現われ消える。登録IDを入力する必要はない。 「有効にする」をタップ

    E13.

    E14.

    E11の画面で停止してしまうことがあります。この場合は、登録IDを入力しなければなりません。 E11の画面で停止してしまう理由として、下記のどれかが考えられます。
    1. apkファイルと同じフォルダにiniファイルが配置されてない。
    2. 端末内の新規作成のフォルダに、apkファイルとiniファイルを配置した。 フォルダを新規作成した場合は、再起動しておく必要があります。
    3. SDカードをマウントしてから、再起動せずに、SDカード内のフォルダにapkファイルとiniファイルを配置した。
    2. と 3.の場合は、再起動をしてから、E1から再度実行すると、E11で画面が停止せずに、端末IDを入力しなくても インストール・プロセスが進行します。 
    特定メーカーの端末では、SDカードにiniファイルを配置すると再起動しても、E11で画面が停止する場合があります。
    インストールが完了し、MobiControlエージェントの画面が表示されました。 左のE13で、例えば、端末のステータスをタップすると、この画面が現われます。

本人認証

上記の方法1から方法4までの記述は、本人認証の手順を省いた場合です。 端末登録ルールでは、下記の3種類の本人認証方式を用意しています。
  1. 登録のときだけのパスワードを入力
  2. AD_DS(Active Directory Domain Service) などのディレクトリサービスによる認証
  3. Azure IdP などのID Providerによる認証
これは、MobiControlへ登録のときに限る本人認証です。端末からの通常のチェックイン(更新)では必要ありません。 この選択肢のどれにするかは、端末登録ルールで規定しておきます。 端末登録ルールで、そのように規定すると、登録IDの入力に続けて、 上記の a. b. c. のアカウント入力画面が現れます。

MobiControlエージェントがバックグラウンドで作動し続けるように設定

Android端末のMobiControlエージェントは常時作動させ、MobiControlサーバとの接続を維持する必要があります。他のアプリがフォアグラウンドで作動していても、 また、端末がスリープ状態になっても、エージェントは、バックグラウンドで作動し、接続を維持しなければなりません。
Android端末が、MobiControlサーバと接続していると、 コンソールの端末一覧画面での端末アイコンは、 と緑色 になりますし、またそうなっていなければなりません。Android端末のアイコンが とグレイに なっている端末は、「端末接続時間帯」の設定により接続時間帯を制限してある場合を除き、運用上望ましくない状態です
Android6.x、 7.xの端末では、スリープ状態になると、殆どのバックグラウンド・アプリの動作は停止します。 しかし、端末がスリープ状態になっても、MobiControlエージェントが、バックグラウンドで作動を継続するようにします。
その方法は、「常にサーバとの接続を維持」のページを参照ください。

エージェントのアップデート

機能向上とバグ解決のために、エージェントは、時々、バージョンアップ(アップデート)されます。 最新バージョンのエージェントをMobiControlサーバに用意しておき、端末のエージェントも最新バージョンにするように、お願いします。
作業は、簡単です。Android端末エージェントのアップデートを参照ください。