NitroDesk Trouchdown

MobiControl v14 Manual

KNOXコンテナー内にNitroDesk社のTouchDownアプリがインストールされているとして、Exchangeアカウントを新設し、設定をします。
(図1)の「KNOX構成プロファイルメニュー」の画面を表示します。  
表示方法は、「 Samsung KNOXの構成プロファイルの作成」を参照ください。
 

(図1) 
Samsung KNOXの構成プロファイル・メニュー 

 
Eメール設定をドロップダウンし、更にNitrodesk Touchdownを選択すると、(図2)が現われます。
 

(図2)  
NitroDesk TouchDownを使っての
Exchange ActiveSync接続設定画面

接続 
アカウント名
  • 端末ユーザのExchangeアカウント名
ドメイン
  • 端末ユーザのドメイン名。端末登録時のユーザ認証にADを使うと %EnrolledUser_Domain% で自動反映される。
サーバ 
  • Exchange ActiveSyncサーバのアドレス
クライアント証明書
  • 右端をプルダウンすると、証明書名が現れる。証明書を設定してない場合は「なし」が現れる
 
端末固有設定 
ユーザー
  • MS Exchange ActiveSyncに対するユーザ名。 
    端末登録時のユーザ認証にADを使うと、 %EnrolledUser_Upn%で、ADのユーザ名が自動反映される
Eメールアドレス
  • 端末登録時のユーザ認証にADを使うと %EnrolledUser_Email% で自動反映される
 
メール 
送受信済みコンテンツの保存期間
  • 右端をプルダウン。端末内の保存期間を設定。端末内に保存してあると、過去メールの参照が迅速。
Eメールサイズの制限
  • 右端をプルダウン。受信メールのサイズを決定。制限無しも可能
添付ファイルの上限値(KB)
 
予定表 
送受信済みコンテンツの保存期間
  • 右端をプルダウン。端末内の保存期間を設定。
 
一般設定 
ローミング時に同期
  • 海外でローミングするときにも、サーバと同期する場合はチェックを入れる
ライセンスキー
  • NitroDesk社のTouchDownのライセンスキーを入力

 

構成プロファイルの作成が終わると、「OK」ボタンを押します。
構成プロファイルの作成が終わると、これを対象とする端末グループやAD(Active Directory)の グループに割り当てます。そして、それを当該グループの端末に配布し、インストールします。詳しくは、 「Samsung KNOXの構成プロファイルの作成」 のページの「E. 構成項目の編集または削除」以下を参照ください。

端末のメーカー及び機種によっては、NitroDesk TouchdownをMobiControlによりリモート設定できない 端末があります。 。 (図1)の右上に、のアイコンがあります。 これをクリックすると、対応するメーカー及び機種が表示されます。