無線LAN

MobiControl v14 Manual

<--

–>

端末が無線LANのAP(Access Point)に接続できるように設定します。  
 
(図1)の「Windows Embedded 構成プロファイルのメニュー」の画面を表示します。 
表示方法は、「Windows Embedded 端末の構成プロファイルの作成」を参照ください。
 

(図1) 

 
(図1)の「無線LAN」をプルダウンすると、(図2)のように変わります。
 

(図2) 

 

ゼロコンフィグの無線LAN設定

(図2)で、ゼロコンフィグを選択すると、(図3)が現れます。

(図3) 

(図3)の項目説 明
名前これから作成する無線LANプロファイルの名前
SSID接続するSSIDの文字列
認証
端末を認証する方法を選択。右端をクリックすると、右の選択肢が現れる。
データの暗号化方式
無線LAN伝送中のデータ暗号化方式。右端をクリックすると、右の選択肢が現れる。 認証方式により利用できない方式もある。
ネットワークキーSSIDの認証方式が要求するパスワード
キーインデックス接続順位を設定。もし、複数のゼロコンフィグのネットワークがある場合、どれが早く接続するかを規定する。
EAPタイプ
EAPタイプを選択。
設定が終われば、「OK」を押します。 
続けて、他のSSIDに対する構成を作成することもできます。  
「OK」ボタンを押すと、構成プロファイルの作成は終わりです。
構成プロファイルの作成が終わると、これを対象とする端末グループやAD(Active Directory)の グループに割り当てます。そして、それを当該グループの端末に配布し、インストールします。詳しくは、 「Windows Embeddedの構成プロファイルの作成」 のページの「D. 構成項目の編集または削除」以下を参照ください。