地理的位置を表示

MobiControl v14 Manual


端末の現在位置を表示

MobiControlサーバに接続しているWindows Embedded端末の現在位置を表示できます。
接続時間帯を設定する接続時間帯のデフォルト設定では、 端末は、MobiControlサーバと「常時接続」に設定されています。
コンソールに表示されている端末の一覧では、接続している端末のアイコンは、緑色になっています。 その上で、コンソールで、当該端末の名前をクリックし、現われる画面の上部タブで、「位置情報}を選択します。 (図1)が表示されます。
端末の地理的位置情報を端末からMobiControlサーバに送らせるには、 データ収集ルールで、「位置情報」を収集対象データとして設定しておく必要があります。
(図1)

過去の位置、今後の位置、ジオフェンス

(図1)の下辺に、(図2)のようなアイコンが表示されています。

(図2)

現在の位置を表示する。端末ユーザによって、端末をMobiControlサーバに「接続」して貰う必要がある。
追跡
これからの端末の移動ルートを表示する。端末のMobiControlサーバへの「接続」を維持して貰う必要がある。
履歴
過去の端末の位置表示。端末がMobiControlサーバに「接続」しておく必要はない
ジオフェンス
適用するジオフェンスを指定。又は、新規にジオフェンスを作成。

追跡

をクリックすると、 (図3)がポップアップします。 端末では、MobiControlエージェントが起動したままにしておく必要があります。 端末ロックになると、追跡は止まります。
  • 位置を更新
    端末が位置を計測する時間間隔(秒単位)
  • 最新を表示(位置)
    画面に表示する位置の数。青い点で表示されます。
  • 追跡を停止(分後)
    端末でMobiControlエージェントが起動したままにしたとして、何分間追跡するか
(図3)

履歴

端末がMobiControlサーバに直近で接続した時までの地理的位置が表示されます。 現在はオフラインで構いません。
をクリックすると、(図4)がポップアップします。
赤矢印部分をクリックすると、カレンダーが表示されるので、表示期間を指定します。

端末がMobiControlサーバとオフラインの間に、端末のMobiControlエージェントがバックグラウンドで取得した位置情報が、 青い点で表示されます。その青い点をクリックすると、その地点に端末が所在した日時と 緯度と経度がポップアップ表示されます。
(図4)
履歴で表示されるのは、
(図5)でのの時点で収集された位置情報です。
更新(チェックイン)は、更新スケジュールの時刻と、コンソールで、「チェックイン」を 要求したときに実行されます。
(図5)

ジオフェンス

をクリックすると、この端末に対しジオフェンスを指定できます。 ジオフェンスは、仮想的な境界線です。 主に職場の回りに策定します。 ジオフェンスの外と内では、端末の挙動を変えるなどの設定が可能です。 例えば、職場外ではBluetoothの使用を禁ずるが、職場内ではOKとするなどの設定です。
ジオフェンスに関する詳細は、ジオフェンスの作成と運用を参照ください。

端末で地図を開く

端末側で、MobiControlエージェントを起動すると、端末側でも現在位置を端末の地図に表示できます。
(図1)の「位置を検索」欄に、行き先の住所を入力すると、行き先までのルートを表示します。
有名な場所は、住所でなく、場所名(例:東京タワー)だけでも行き先検索をしてくれます。
(図1)の「行き先説明」をクリックすると、行き先までのルートを文字列で説明するポップアップが 現われます。
(図1)の「トラフィック」をクリックすると、行き先までの渋滞度を示します。