設定をする

MobiControl v14 Manual


MobiControlへの登録

Windows PC の設定モードには、「Windows Modern」と「Windows Classic」の2種類があります。 両者の違いの概要に関しては、「Windows Modern と Windows Classic」を参照ください。

Windows PCをMobiControlに登録するに当たっては、次の作業を実施します。

Windows Modernの登録まで
  1. 端末グループの作成
  2. WNS(Windows Notification Service)との接続の設定
  3. ディレクトリサービスとの接続プロファイルの作成
  4. Windows Modern端末登録ルールの作成
  5. Windows PCのMobiControlへの登録(Modern)

アドホックなチェックインをしない場合、b.は必須ではありません。 詳しくは、「WNS(Windows Notification Service)との接続」を参照。

e-2.の方法で登録するときは、c.は、必須ではありません。

登録後の設定オブジェクト

エンドポイントPCの設定分野には「構成プロファイル」と「ルール」と「詳細設定」 があります。
エンドポイントPCに対する、これらの設定オブジェクトの配付のタイミング等については、構成プロファイルとルールと詳細設定 を参照ください。

エンドポイントの登録の前に、これらの設定オブジェクトを作成しておくと、エンドポイントPCが登録され次第、適用されます。

構成プロファイル

Windows Modern と Windows Classicでは、その用途が異なるので、構成プロファイルのメニュー項目は大きく異なります。
  • Windows Modern
    セキュリティ対策、アプリの制限、端末機能制限、メール/WiFi/VPNの設定など多くの設定項目があります。
  • Windows Classic
    ランチャーの設定のみ
Windows PC に対する構成プロファイルのメニューの表示方法については、「Windows PCの構成プロファイルの作成」を参照ください。

詳細設定

Windows Modern と Windows Classicでの詳細設定の設定項目は、下表のように、共通の項目もあれば、異なる項目もあります。

Windows ModernWindows Classic
異なる項目
  • デバイス正常性構成証明ポリシー
  • エージェントアップグレード設定
共通の項目
  • リモート操作の設定
  • 更新スケジュール
  • 接続の設定
    Windows Classicでは、「接続時間帯の設定」と標記
  • 時刻の同期
  • 監視データ
  • サーバアクセス順位
  • サポート担当者への連絡
Windows PC に対する詳細設定のメニューの表示方法については、「Windows PC とグループの詳細設定」を 参照ください。

ルール

Windows PC に対するルールには、次の6種類があります。
  1. 端末登録ルール
  2. ファイル同期ルール
  3. 端末移動ルール
  4. アプリカタログルール
  5. データ収集ルール
  6. アラートルール
但し、Windows Classicモードでは、「4.アプリカタログルール」がありません。 Windows ClassicモードのPCにアプリを配布するには、アプリをパッケージ・スタジオでパッケージ化して送ります。
Windows PCに対するルールのメニューの表示方法については、「Windows PCのルールの設定」を 参照ください。

端末登録ルールとエンドポイントPCのMobiControlへの登録

Windows Modern と Windows Classic の端末登録ルールの作成方法は大きく異なります。 また、エンドポイントPCの登録方法も異なります。

端末登録ルールエンドポイントPCの登録方法
Windows Modern Windows Modernの端末登録ルール 2つの方法があります。
Windows Classic Windows Classicの端末登録ルール Windows Classicの登録

スクリプト・コマンド

  • Windows Classic
    Windows ClassicモードのPCに対しては、MobiControlのスクリプトを適用できます。
    PCのレジストリファイル(拡張子 .reg)をコンソールからエンドポイントPCに送ったり、レジストリの修正を行なうことができます。
    MobiControlのスクリプトの適用方法やスクリプトの種類については、「MobiControlスクリプト一覧 (Windows Classic)」を参照ください。
  • Windows Modern
    Windows ModernモードのPCには、MobiControlスクリプトは適用できません。 その替わり、Windowsのコマンドを入力して、エンドポイントPCを操作します。
    Windows PCをリモート操作」の画面で、エンドポイントPCのディスプレイ画面が現れます。 この画面の左下の「ここに入力して検索」の部分に、cmd の3文字を入力すると、Windowsのコマンドを 入力できる画面が、コンソールに表示されます。