Windows PCの登録

MobiControl v14 Manual

エンドポイントとしての Windowsマシンの設定モードには、「Windows Modern」、「Windows Classic」と[Windows Embedded」の3種類があります。
対応するOSは、次の通りです。

Windows
Modern
Windows
Classic
Windows Embedded
対応するOSWindows10
  • Windows 10
  • Windows 8.x
  • Windows Server2016
  • Windows Server2012
  • Windows Embedded Compact 7
  • Windows Embedded Compact 2013
「Windows Modern」と「Windows Classic」の違いについては、「8. Windows ModernとWindows Classic」を参照ください。 CPUアーキテクチャとして、32bit と 64bit のどちらでも登録ができます。

MobiControlへの登録手順については、下記のページを参照ください。
  • Windows Modern
    2種類の登録方法があります。
    1. ユーザグループに基づく登録
      エンドポイントでAD(Active Directory Domain Service)の認証をし、ADまたはAzure_ADのユーザグループにマッピングされた(紐づけられた)端末グループに登録。
    2. 証明書ベースの登録
      エンドポイントで、プロビジョニング・パッケージ(拡張子 .ppkg のファイル)を起動することで自動的に登録。
      証明書ベースの登録では、ADによる認証は、不要です。証明書ベースの登録は、「一括登録」とも呼ばれます。
      多くの台数のエンドポイントを、短時間で、登録させることができます。
      プロビジョニング・パッケージの作成方法は、Windows証明書ベースの登録を参照ください。
  • Windows Classicの登録
    コンソールで、端末登録ルール毎に生成したMobiControlエージェント・インストーラ( .exe)を、 エンドポイントで実行すると、登録されます。
  • Windows Embeddedの登録
    コンソールで、端末登録ルール毎に生成したMobiControlエージェント・インストーラ( .exe)を、 端末で実行すると、登録されます。

Windows Classicのアンインストールの方法についても、Windows Classicの登録」を参照ください。