PCステータスの詳細

MobiControl v14 Manual


コンソールの左側ペインで任意の端末グループを選択すると、(図1)のような端末一覧が表示されます。

(図1)


(図1)の中のWindows PCの端末名をクリックすると、(図2)のように、当該PCの属性情報が表示されます。

(図2)

(図2)に記された情報は、PCからMobiControlサーバへの直近のチェックイン(更新)の時の情報です。 現時点での情報を知るには、(図2)の上辺の「チェックイン」アイコンを押します。
(図2)の上部の「端末の詳細」タブを押すと、該当PCのステータスが表示されます。

1. コンプライアンス

(表1)

項  目説  名
コンプライアンス
ステータス
PCが正常な管理対象になっているかどうか
  • コンプライアント(正常な管理対象)
  • 非対応
    • 非登録(登録されていたが、登録解除された)
    • 管理者によって無効にされたPC(「利用禁止機能」を実施された。登録はされているが、サーバとの 送受は中止している状態)
    • Wipeされた(初期化された)
エージェント互換エンドポイントにインストールされたエージェントのバージョンが、 MobiControlサーバに格納してあるエージェントのバージョンと一致していると、適合性があるとして「はい」 と表示されます。
エンドポイントPCで古いバージョンでも、MobiControlサーバに格納してあるエージェントのバージョンも古いと、「はい」と 表示されてしまいます。

2. 端末の詳細

(表2)

項  目説  名
端末種別 Windows PCの設定モード:「Windows Modern」「Windows デスクトップ クラシック」、「Windows10 Mobile」
端末ID登録時にMobiControlが付番した16進法番号
登録実行日時MobiControlに登録した日時
端末ファミリー端末登録ルール作成時の上辺タブの名前:Windows Mobile/CE
IPアドレスLANまたはWiFiモデムのIPアドレス
エージェントオンライン「接続」しているか否か。 現在の時刻が「接続時間帯」であるときに接続しています。
端末モード下記のいずれかの表示
  • アクティブ (正常にMobiControlの管理下にある)
  • 管理者による登録解除
  • ユーザによる登録解除
  • 管理者によって無効にされたPC(「利用禁止機能」を実施された)
  • Wipeされた(初期化された)
OSバージョンOSバージョン
パス所属する端末グループの階層関係
Deployment Serverエンドポイントを管理しているデプロイメントサーバの名前
エージェントバージョンMobiControlのエージェントソフトのバージョン
エージェントなしMobiControlのエージェントがインストールされてないと、「はい」になる。
BIOSバージョンコンピュータのBIOSバージョン
言語日本語に設定してあれば、ja-jp
OSエディション「Home」 「Pro」「Enterprise」「Education」の区別
OS Base Edition上記と同じ
時差の時間帯UTC(GMT)に対する時差

3. 携帯の詳細

対象デバイスがPCでなく携帯電話器、それも、そのOSが、「Windows 10 Mobile」の時に表示される。

4. 端末ステータス

(表3)

項  目説  名
エージェントの更新が有効 エージェントの更新か可能なら「はい」と表示されています。
パスコードが有効PCを起動する時やスクリーンセーバモードを停止するときに入力するパスワードを設定しているかどうか

5. ユーザ情報

AD_DSで認証して、エンドポイントコンピュータを、MobiControlに登録した場合、そのユーザ情報が表示されます。 表示される情報は、(図4)の通りです。

(表4)

項  目説  名
ユーザ名AD_DSでのユーザ名。
下の名前。英語のFirst Name
ドメイン名AD_DSのドメイン名
UPNユーザープリンシパル名。ユーザ名とAD_DSのFQDNドメイン名を @で接続した文字列
IDAD_DSのユーザアカウントのSID(Secure Identifier)。AD_DSにユーザを登録したときに自動的に発行されるID番号。
AD_DSで認証しないで、エンドポイントコンピュータを、MobiControlに登録した場合、「ユーザ情報」セグメントは、空白です。 そこで、手動で、ユーザ情報を入力します。

をクリックすると、 MobiControlサーバに登録してあるディレクトリサービスの接続プロファイルのリストが表示されます。
その中から、1つを選び、この端末のユーザの名前を入力し、改行をします。ユーザ名の全ての文字列を入力しなくても、半角で最初の4文字を 入力すると、候補となる名前リストが表示されます。MobiControlサーバから、認証サービスサーバにアクセスして検索します。 サーバの性能と通信回線の帯域により、画面表示されるまで時間がかかることがあります。
(表4)の情報が表示されます。

ディレクトリサービスの認証を必要とするWiFiやVPNがあります。そして、MobiControlは、WiFiやVPNの構成プロファイルを端末に 配布します。その構成プロファイルのログインID(UPN)には、ここで入手したUPNを埋め込んで配布します。

6. ハードウェアの詳細

(表5)

項  目説  名
MACアドレスWiFiモデムのMACアドレス
メーカー端末メーカーの名前
モデルメーカーが付けたモデル名
総メモリメモリ(RAM)容量
総ストレージ量永続的記憶装置(ROM)の容量
書込可能なメモリ容量メモリの中の書込可能な容量
書込可能なストレージ永続的記憶装置の書込可能な容量
ハードウェア暗号化機能TPMが有効になっているか否か
プロセッサCPUのタイプと周波数
CPU Type32bit機か64bit機かの区別
DM リビジョン

7. 付属情報

コンソール管理者が追加的に入力した端末に関する情報。 任意の情報を付加できる。例えば、「所属部門名」、「会社支給か私物か」、「端末ユーザ名」、「端末ユーザのメールアドレス」、「端末の資産台帳番号」 など。
詳しくは、端末グループと端末の付属情報を参照ください。

8. デバイス正常性構成証明の詳細

正常性構成証明書の結果を表示します。

(表6)

項  目説  名
全体的なデバイス正常性エンドポイントの正常性を評価するために、そのハードウェア条件が適合しているかどうか。具体的にはTPMを実装しているかどうか。
最終レポート日Microsoft DHA(Device Health Attentation)サービスからの証明書の最新入手日時
最後に要求されたレポート正常性構成証明書の発行をMicrosoft DHAサービスに要求した最終日時
最新レポートの状態正常性に適合しているかどうか。「互換性なし」は「正常でない」の意味。
適用されたコンプライアンスポリシー「詳細設定」で「正常性構成証明書」の設定をしてあるかどうか
レポートプロパティ正常性構成証明書の内容