データ収集ルール

MobiControl v14 Manual


1. Linuxデバイスの監視データとは

監視データとは、端末内の特定のデータ領域を指します。
「監視データ」が特定の値になっていると、アラートメールを発信したり、端末の所属する端末グループを変更します。 端末グループを変更すると、新しい端末グループの「ルール」「アプリ」「詳細設定」を該当端末に適用します。
Linuxデバイスの監視データは、次のように分類されます。
Linuxデバイスの監視データの分類用途
A 端末ユーザの入力文字列
指定のフォルダの指定のテキストファイルの指定行の文字列
端末ユーザの入力文字列により、端末が所属する端末グループを他の端末グループに移動させることができます。
端末をMobiControlに登録した段階では、端末登録ルールにより規定された端末グループに所属します。 ところが、後に、端末の所属する端末グループが変わることがあります。その場合、コンソールで、端末を新しい端末グループに 移動できます。
それ以外に、端末で、指定のテキストファイルの指定行の文字列を変えることでも、端末の新しい端末グループへの 移動が可能です。 詳しくは、「端末の移動ルール」を参照ください。
B 端末の挙動を示す情報
指定したINIファイルの指定セクションの値
指定したプログラムの挙動を検知するために利用します。
監視データとして指定されたデータ領域の値が特定の値になれば、アラートとして 扱うように「アラートルール」を設定しておきます。 特定の値になったことを認識すると、MobiControlサーバは、担当者にメールを発信します。
C 指定したプログラムの出力値
指定したプログラムの標準出力(STDOUT)

2. 監視データがサーバに送られるタイミング

監視データは、更新の時に、対象端末からMobiControlサーバに送られてます。
更新は、下記の2つのどれかをトリガーとして実行されます。
  1. 更新スケジュール」で定めた時刻になった。
  2. MobiControlコンソールの操作
    上部アクションバーで、「チェックイン」を押す。

    但し、端末がMobiControlサーバに接続していることが前提です。

3. 監視データ管理画面

(図1)をポップアップ表示します。(図1)の表示方法は、Linux デバイスの詳細設定を参照ください。

(図1)監視データの管理画面 

 
「新規」を押して、(図2)を表示します。  

(図2)監視データの指定 

 
「名前」欄には、監視データを特定するために、任意の名前を入力します。
「ビルド」を押すと(図3)のように、監視データの種類を示すプルダウンメニューが現れます。

(図3) 

 

「テキストファイル」、「INIファイル」、「STDOUT]については、このページの冒頭「1. Linuxデバイスの監視データとは」を参照ください。 (図2)の「タイプ」欄の右端を押すと、(図4)のように、監視データの値型のメニューがプルダウンします。

(図4) 

3-1. テキストファイルとその行番号を指定

(図3)で、「テキストファイル」を選択すると、(図5)が現われます。

(図5)
テキストファイルのファイル名と行番号を指定

 
テキストファイルへのパス名とファイル名、及び行番号を入力

(図6)
テキストファイルのファイル名と行番号を入力サンプル


指定領域サンプル
テキストファイルテキストファイルの名前とそのパスC:\Document/部門マーク.txt
行番号上記のファイルの行番号を指定2
 

3.3 INIファイル名、セクション、エントリの指定

(図3)で、「INIファイル」を選択すると(図7)が現れます。 

(図7)
INIファイルのセクションとエントリの指定 

(図7)で、INIファイル名、セクション名、エントリの左側文字列を入力します。(図8)が、その入力例。 

(図8)
INIファイルのセクションとエントリの指定画面サンプル


構文
INIファイル名<パス>\<ファイル名> SOTI\pdb.ini
セクション名<セクション名> Device
値の名前<エントリ名> DeviceName
(図7)と(図8)の「値の名前」は、「エントリ名」、つまりエントリの = 記号の左側文字列を指します。
 

3-5. 画面出力を収集するexeファイルとその引数を指定

(図3)で、「STDOUT」を選択すると、(図9)が現われます。

(図9)実行ファイルとその引数を指定

構文<実行ファイル>[<引数>]
サンプルcmd.exe C dir
指定された実行ファイルを指定の引数で実行した場合の、画面出力の1行目を、監視データとして取得します。

4. データのタイプ(型)を指定

(図3)、(図7)、 または(図9)で入力した結果が、(図2)または(図3)の「表現」欄に反映されます。  
(図10)は、その入力例
 

(図10):(図2の再掲) 

 
(図10)で収集する監視データのタイプ(型)を選択設定します。
(図10)の項目説 明
名前監視データに対する名前(端末移動ルールやアラートルールでは、この名前を参照する)
表現(図5)、(図7)、または(図9)で指定したデータ領域(データの場所)が、表示されます。
タイプ右端をドロップダウンします。選択肢「文字列」、「浮動小数点数」、「整数」の中から選択します。
説明なぜ、この監視データを指定したかなどの、備忘録的メモを入力します。

 

入力が終われば、「OK」を押します。

5. 監視データの管理

(図10)で、「OK」を押すと、画面は、(図2)に戻ります。(図3)または(図10)で付けた名前が(図2)の左欄に表示されます。

(図11)監視データの管理画面(図2の再掲) 

 
もし、当分の間、端末監視に適用したくないときは、左向き矢印ボタンを押して、「収集可能な項目」(左側)に 控えさせます。適用するときになれば、右向き矢印ボタンを押して、「表示項目」(右側)に移します。

6. 監視データの適用

監視データは、データ収集ルールの収集データの一部として、端末から収集されます。 そして、更新スケジュールの際に、端末からMobiControlサーバに、送られます。
MobiControlサーバが受信すると、端末移動ルールが適用されて、新しい端末グループに移動します。 アラートルールが適用されて、アラートメールを関係者に発信したり、端末グルーップの移動を行います。 、

7. 監視データの表示

コンソールで、任意の端末の名前にマウスを当ててクリックすると、(図12)のように、当該端末に関する情報が表示されます。

(図12)

(図12)の「監視データ」のコラムに、監視データの名前とその値が表示されます。 監視データの名前とは、(図2)または(図10)の名前欄に入力した名前です。
過去の監視データの値を見ることもできます。(図12)の上部タブで「収集した(監視)データ」を選択します。 (図13)が現れます。

(図13)

(図13)の右側で、監視データを収集した期間を指定します。
(図13)の左側の「収集された監視データタイプ」をプルダウンすると、監視データの種類のリストが表示されます。 (図2)または(図10)の名前欄に入力した名前が表示されているので、それを選択します。
(図13)の下段に、監視データの値が表示されます。