アプリ・カタログルール

Just another POL Helpサイト site

端末にアプリをインストールするには、次の順序を踏みます。
 
  1. アプリ・カタログを作成

     

  2. 端末ユーザがアプリ・カタログを開く

     

  3. アプリ・カタログからアプリを選択する

     

  4. 端末は、自動的にダウンロード元サーバにアクセスし、ダウンロード、インストールする

 

アプリカタログを使わず、 MobiControl パッケージで、アプリをプッシュ配布することもできます。 MobiControlパッケージでアプリを配布すると、サイレント・インストールされます。

本ページでは、アプリ・カタログの作成方法を説明します。
Android Enterprise端末に対しては、次の方法を実施します。 
  1. MobiControl管理者が管理者用Googleアカウントで、 managed Google Playストア( = managed Google Play Store (https://play.google.com/work/)にログイン
  2. 端末にインストールするべきアプリを検索し、それに「承認」を与える
  3. 端末は、managed Googleストアにアクセスし、「承認」されたアプリをダウンロードし、 インストールする。
更に、次の追加施策をすることもできます。
  1. 上記 b. 項の中から選択したアプリを、アプリカタログに加える
  2. アプリカタログの「詳細設定」で、アプリの配布オプションを「必須」に指定する
  3. そうすると、当該アプリは、サイレント・インストールされる。端末ユーザの操作を必要としない
(図1)

  1. 上辺バーから、Androidタブを選択します。
    Android簡易モードに設定した端末では「Android簡易モード」タブを選択。
  2. 下辺の「ルール」タブを選択
  3. 左側ペインに、ルールの種類が現れます。その中から「アプリ・カタログ」を右クリック
  4. 「アプリ・カタログ・ルールの作成」の文字列が現れるので、それをクリック
(図2)のダイアログが表示されます。

1. アプリ・カタログ・ルール名の入力

(図2) 

赤い背景色の部分に、ルール内容を連想しやすいルール名を入力します。 
アプリやアプリ・カタログは、配付する部門別に異なります。従って、多くのアプリ・カタログを作成することになります。 

(図3) 

(図3)のサンプルのように、ルールの種類がアプリ・カタログであることと対象が東京本社であることが連想できるような名前を付けます。 
「次へ」のボタンを押します。

2. アプリ・リスト

(図4)のようなアプリリスト画面が現れます。この画面に登録するアプリがアプリ・カタログに反映されます。

(図4) 

(図4)で、「追加」ボタンを押すと、アプリの種類として4択のプルダウンメニューが表示されます。
  1. エンタープライズ・アプリ 
    社内で開発するか、外注して開発したアプリ。MobiControlなど社内サーバから端末に配布する。従って、 このアプリが社外に流出することがない。
  2. Google Playアプリ
  3. Amazon App Storeアプリ
  4. Google Play for Workアプリ
Android Plus端末には、a. b. c. 項のアプリをアプリカタログに掲出できます。
Android Enterpriseとして設定した端末のアプリカタログルールには、d.項のアプリしか掲出できません。 社内開発し、社外に公開したくないアプリを、Android Enterprise端末に配布する場合は、アプリカタログでなく、 MobiControl パッケージで、アプリをプッシュ配布します。  
 
下記のをクリックください。 
説明を開いた状態
説明を閉じた状態

3. エンタープライズ・アプリ

社内で開発するか、外注して開発したアプリを配布する場合のアプリカタログを作成します。
Android Plusとして設定した端末にのみ適用できます。
Android Enterpriseとして設定した端末に対しては、アプリ(apkファイル)をパッケージ化して、配布ください。 次の「エンタープライズ・アプリ」をクリックしてください。

エンタープライズ・アプリ

  • (図4)で、「エンタープライズアプリ」を選択します。 
    「エンタープライズ・アプリ」の登録方法には2種類があります。
    1. インストールファイル(.APK)を、MobiControlサーバにアップロードする。 
      端末は、MobiControlサーバからダウンロードしインストールする。
    2. インストール・ファイルを社内のファイルサーバにアップロードする。 エンタープライズ・アプリ・ルールでは、当該ファイルサーバのURLを指定する。端末は、当該ファイルサーバからダウンロードし インストールする。

    (図5) 

    1. MobiControlサーバをダウンロード元とする方式 
      「APKファイルのインポート」にチェックを入れ、「参照」ボタンを押すと、 Windows エクスプロラーが現れます。配付するべきアプリファイルのあるフォルダに移して、 該当するアプリをインポート(MobiControlサーバにアップロード)します。 

      (図6) 

       
      APKファイルには、名前、バージョン、販売者、パッケージ名などの属性が含まれているのが通例です。 コンソール・コンピュータからインポート(MobiControlサーバへアップロード)した段階で、 (図7)の名前、バージョン、販売者、パッケージ名は、自動的に反映されます。 
      画像部分をダブルクリックすると、エクスプロラーが現れます。当該アプリのアイコンとするべき画像ファイルを選択します。 
      推奨か必須を選択します。必須のアプリをインストールしてない端末はアラーム対象とすることが できます。

       

    2. 社内の他のサーバをダウンロード元とする方式 
      「専用アプリのダウンロード元」にチェックを入れて、ダウンロード元のURLを入力します。

      (図7) 

      当該サーバへのログイン操作に関しては、配慮が必要です。ユーザ名とパスワードを要求する方法だと、 端末ユーザの負担が増えます。端末を社内閉域で利用する場合は、ログイン操作不要とする場合もあります。
     
    「OK」を押すと、(図4)が、(図8)のように変わります。

    (図8) 

     
    (図6)または(図7)の右下の「詳細設定」ボタンを押すと、(図9)が現れます。

    (図9) 

    配信オプションの右端をプルダウンすると、「推奨」を「必須」に変えることができます。 「必須」のアプリを端末ユーザがインストールしないと、アラームの対象とすることができます。
    エンタープライズ・アプリは、Android Enterpriseとして設定した端末のアプリカタログには表示されません。

4. Google Playアプリ

Google Playのアプリを社内端末に配布し、インストールします。
Android Plusとして設定した端末にのみ適用できます。
Android Enterpriseとして設定した端末に対しては、「5. Google Play for Workアプリ」を 参照してください。
次の「Google Playアプリ」をクリックしてください。

Google Playアプリ

  • (図4)で「Google Playアプリ」を選択すると、Google Play ストア内のアプリ検索画面(図10)が現れます。

    (図10) 

    キーワードを入力すると、(図11)のように、候補となるアプリの名前が表示されます。

    (図11) 

     
    目指していたアプリの名前を選択すると、(図10)は、(図12)のように変わります。

    (図12) 

    「OK」を押すと、(図4)が、(図13)のように変わります。

    (図13) 

     
    (図12)の右下の「詳細設定」ボタンを押すと、(図14)が現れます。

    (図14) 

    配信オプションの右端をプルダウンすると、「推奨」を「必須」に変えることができます。 「必須」のアプリを端末ユーザがインストールしないと、アラームの対象とすることができます。
    Google Playアプリは、Android Enterpriseとして設定した端末のアプリカタログには表示されません。

5. Google Play for Workアプリ

Google Playのアプリを社内端末に配布し、インストールします。
Android Enterpriseとして設定した端末にのみ適用できます。
Android Plusとして設定した端末に対しては、「4. Google Play アプリ」を 参照してください。
次の「Google Play for Workアプリ」をクリックしてください。

Google Play for Workアプリ

  • (図15) 

    5-1. 管理者用Googleアカウントで、ログイン

    ブラウザで、google.co.jp または google.com にアクセスし、管理者用Googleアカウントで、ログインします。 画面の右上に(図16)のようなログインボタンが表示されているので、これをクリックするとログイン画面が現れます。  
    もし、個人アカウントでログイン済みなら、管理者用Googleアカウントで、ログインしなおします。
    (図16) 
     

    5-2. managed Google Playにアクセス

    (図15)のの作業を開始します
    managed Google Play Store (https://play.google.com/work/)にアクセスします。

    (図17) 

    左側のインデックスの「ストア」をクリックすると、アプリを検索する画面が現れます。  
    上辺の、検索欄に、アプリの名前の一部やアプリベンダーの名前を入力します。 Google Playを母集団とするアプリリストの中から、候補となるアプリリストが表示されます。 Google Playストアで検索できるアプリと、managed Google Playストアで検索できるアプリは 同じものです。
     

    5-3. 配布を意図するアプリを「承認」

    アプリリストの中から、配布を決定したアプリを選ぶと、(図18)のような画面となります。

    (図18) 

    (図18)の「承認」ボタンを押します。
     

    5-4. 承認済みアプリのリスト

    (図18)の左側インデックスで、「管理対象のアプリ」をクリックします。既に「承認」を与えたアプリのリストが表示されます。

    (図19) 


    この段階で、(図15)のの段階が終わりました
     

    5-5. アプリカタログ・ルールにアプリを登録

    (図15)のの作業を開始します
    (図4)で「Google Play for Workアプリ」を選択すると、(図20)が現れます。 右上の「アプリの同期」のボタンを押します。これで、managed Google Play ストアのアプリのリストが、MobiControlサーバに 呼び込まれます。
    更に、Binding 欄右端をプルダウンすると、 組織名の一覧が表示されます。

    (図20) 

     
    該当する組織名を選択します。  
    続けて、(図20)の「検索定義」の欄に、アプリの名前の一部をキーワードとして入力します。 (図19)の「承認済みアプリ」を検索できる文字列を入力してください。 アプリの名前の一部を入力し、「検索」を押すと、該当のアプリの名前のフルスペルが表示されます。  

    (図21) 

     
    (図21)で、「OK」ボタンを押すと、このアプリが、(図4)に追加され、 (図22)のように変わります。

    (図22) 
    (図4)再掲

    (図21)の右下の「詳細設定」ボタンを押すと、(図23)が現れます。

    (図23) 

    配信オプションの右端をプルダウンすると、「推奨」を「必須」に変えることができます。 「必須」にすると、サイレント・インストール(端末ユーザの操作なしで、自動ダウンロード、自動インストール)されます。  
    また、「アプリの構成を有効にする」にチェックを入れると、アプリの挙動を 規定することもできます。このように、「詳細設定」で、挙動を規定できるアプリの 種類は多くありません。アプリのプログラマーが「仕事用アプリ」として 使われることを念頭に作成したアプリだけが該当します。

    この段階で、(図15)のの段階が終わりました
    また、同時にの、アプリの表示依頼が実施されました。
    (図22)で、管理対象Google Play アプリの一つを選んで削除し「OK]を押すと、(図22)のリストから消えます。 同時に、管理者以外のGoogleアカウントでログインするmanaged Play ストアからも、当該アプリの表示が消えます。
     

    5-6. 「managed Playストア」と 「アプリカタログ」の関係

    管理者用Googleアカウントで、ログインした「managed Playストア」に表示されていたアプリでも、「アプリ方カタログ」に転載されないと、 管理者以外のGoogleアカウントでログインした「managed Playストア」には、そのアプリは表示されません。
    (図15)のの、アプリの表示依頼が実施されると、 表示されるようになります。
    Profile Owner Modeの画面には、 の両方が表示されます。
    managed Google Playストアにアクセスするには、カバンマークがついた
    タップします。
    Device Owner Modeでは、 だけが表示され、これをタップしても、
    managed Google Playストアにしかアクセスできません。
    managed Google Play ストアのURLは、https://play.google.com/work です。

    アプリの中には、端末にインストールができないアプリがあり得ます。Androidのバージョンが合わなかったり、有料のアプリなのに、 端末のGoogleアカウントが、managed Google Play Account傘下である場合です。この場合でも、アプリリストの方には、アプリ名が表示されます。またアプリのダウンロードができます。 しかし、このアプリは managed Google Playストアには、表示されません。端末にダウンロードしてもインストールされません。

    5-7. 端末での仕事用アプリを確認

    このアプリカタログ・ルールが適用された端末で、仕事用アプリを確認します。

    5-7-1

    5-7-2

    5-7-3

     
    ホーム画面を開き、
    「アプリ」アイコンをタップすると、 右の画面が現れます。
    カバンマークがついているアプリが、仕事用アプリです。カバンマークがついている MobiControlアイコンをタップします。 MobiControlの最初のインデックス画面が現れます。「アプリカタログ」を選択すると、 5-7-4のアプリカタログが現れます。

    5-7-4

    5-7-5

    5-7-6

    この画面が、アプリカタログです。インストールしたいアプリがあると、タップします。 「必須」の文字があるアプリは、自動ダウンロードされ、端末ユーザが操作しなくても、 インストールされます。 5-7-2の画面でカバンマーク付きの「Playストア」のアイコンをタップすると、仕事用アプリの一覧が 表示されます。 5-7-5の画面の左上の三のマーク(赤枠)を タップすると、この画面が現れます。この画面が現れないと、 適合するGoogleアカウントでログインしてないとみなされ、5-7-4のアプリカタログも5-7-5のPlayストアの 画面も正しく表示されません。

6. 対象となる端末グループの指定

(図8)、(図13)または、(図22)で「次へ」を押すと、(図24)が現れます

(図24) 

アプリ・カタログ・ルールが対象とする端末グループを指定します。 「次へ」のボタンを押します。

7. アプリ・カタログ・ルールの設定内容

(図24)で「次へ」のボタンを押すと、(図25)の設定確認ダイアログが現れます。

(図25) 

(図25)の設定に問題がなければ、「終了」ボタンを押します。これで、アプリ・カタログ・ルールの作成は終りです。 
SOTI Surfは、(図22)のように、アプリカタログで、端末に配付するようにアレンジください。

8. 作成済のアプリ・カタログを見る

(図26)

左側ペインの「アプリ・カタログ」の文字列を左クリックすると、作成したアプリ・カタログのリストが現れます。リストの中の アプリ・カタログの名前部分を右クリックすると、左の(図26)のようなプルダウンメニューが現れます。 
  • 「カタログのプレビュー」を選択すると、端末にどのように表示されるかが、ポップアップ表示されます。
  • 「ルールの編集」を選択すると、アプリ・カタログ・ルールの中身の修正ができます。 アプリの追加や削除、対象とするグループの変更などができます。

9. 端末の展開率グラフ

左側ペインの「アプリ・カタログ」の文字列を左クリックすると、作成したアプリ・カタログのリストが現れます。リストの中の1つの アプリ・カタログの名前にマウスを当てると、右側ペインに棒グラフが現れます。これは、アプリ・カタログ・ルールの中の各アプリの展開率です。 対象となる端末台数の内、インストール済み台数をパーセント表示しています。(図18)は、そのサンプルです。

(図27)