プロファイルへの積込

Just another POL Helpサイト site

パッケージのアップロード」のページで、 パッケージスタジオで作成しビルドしたパッケージを、MobiControlサーバにアップロードする手順を説明しました。 
アップロードされたパッケージは、更にプロファイルに積み込みます。  
このページでは、パッケージをプロファイルに積み込む手順を説明します
プロファイルは、配布先の端末グループを指定(割り当て)すると、すぐに端末に配付されます。 端末は、プロファイルを受領すると、すぐに、パッケージの中のアプリを、自動的にインストールします。

1. プロファイルの作成または編集

(図1)


上辺のタブバーの中から、「Windows Embedded」、「Windows Classic」、「Windows Modern」または「Android」タブを選びます。

下辺の「プロファイル」タブを選択すると、画面は(図2)のようになります。

(図2)


プロファイルを作成するために、(図2)の「追加」ボタンを押します。

2. プロファイルに名前をつける

(図2)の「追加」ボタン(赤矢印)を押すと、(図3)が現れます。

(図3)

名前欄に、プロファイルの名前を入力します。搭載するパッケージの名前など類推しやすい名前をつけるのがよいでしょう。
説明欄に、パッケージの内容や利用対象が分かり易い記述を書き込みます。
プロファイルを更新した場合は、その履歴も記入しておくとよいでしょう。

3. 設定モードを選択する

(図2)で、「Windows Modern」または「Android」を選択すると、(図3)で「タイプ」欄が表示されます。
(その「タイプ」の右端をプルダウンすると、設定モードのメニューが現れるので、選択します。
AndroidWindows Modern
  • Android for Work(Android Enterprise)
  • Samsung KNOX
  • Android Plus
  • Windows Phone
  • Windows デスクトップ
Windows10 PCの場合は、
Windowsデスクトップを選択
設定モードの選択が終われば、(図3)の上辺の「パッケージ」タブを選択します。(図4)が現われます。

4. プロファイルに「パッケージ」を積む

(図3)で、「パッケージ」タブを選択すると、(図4)のように画面が変ります。  
 

(図4) 

 
(図4)に、配付するべきパッケージを追加します。追加するには、(図4)の「追加」ボタンを押します。  
「追加」ボタンを押すと、(図5)のように、MobiControlサーバにアップロードされたパッケージの一覧表が 現われます。 

(図5) 

 
この中から、配付したいパッケージを選択します。該当パッケージにチェックを入れてから「追加」ボタンを押します。

(図6) 

 
(図6)の例では、「在庫検索」という名前のパッケージを積み込むことができました。
一つのプロファイルには、複数のパッケージを積み込むことができます。 (図6)で、再度「追加」ボタンを押すことで、追加のパッケージを積み込むことができます。

(図6)の下辺の「保存して割り当て」ボタンを押すと、選択したパッケージが、プロファイルに積み込まれます。

5. プロファイルの配布先となる端末グループを指定

(図6)で、「保存して割り当て」ボタンを押すと、(図7)のように端末グループの一覧表が現われます。

(図7) 

 
配布先となる端末グループまたは端末を選択してから、「割り当て」ボタンを押します。 「割り当て」ボタンを押すと、パッケージを積み込んだプロファイルは端末に、すぐに送られ、自動インストールされます
「割り当て」直後に、構成プロファイルが、端末(群)に送られるためには、端末は、MobiControlサーバとオンラインでなければなりません。 オンラインの場合は、(図7)のように、端末アイコンがと、ブルーになっていなければなりません。
オフラインの場合は、アイコンが、 と表示されます。
iOS端末を除くMobiControl管理下の端末は、接続時間帯の設定により、非接続時間帯の時刻でない限り、オンラインであるのが常態です。
オフラインの端末に対しては、その端末がオンラインになったときに、構成プロファイルが展開されます。
Android OSのバージョンが、6.x、7.xの場合、 スリープ化すると、オフラインになることがあります。 「常にサーバとの接続を維持」を参照し、スリープ状態になってもオンラインを維持するようにしてください。

パッケージを今すぐ一斉に送ると、「通信回線が輻輳するので、不都合がある」または「端末操作の邪魔になる」などの事象がある場合は、 指定日時にインストールを参照ください。

6. パッケージのインストール順序

(図6)で、複数のパッケージを一つのプロファイルに積み込んだとします。
例えば、パッケージAとパッケージBの2つのパッケージが一つのプロファイルに積み込まれたとします。 ここで、パッケージAは、パッケージBより先にインストールしておかなければならない依存関係があったとします。 この場合に、パッケージの依存関係を登録します。 
パッケージの依存関係を登録しておくと、パッケージBのインストールは、パッケージAのインストールが終わってからとなります。  
 
(図6)に、「入出庫記録」というパッケージを追加して、(図8)のように、2つのパッケージが一つのプロファイルに 積み込まれたとします。

(図8) 

 
(図8)で、「入出庫記録」を選択してから、「アクション」ボタンを押すと、(図8)のようなプルダウンメニューが現われます。 この中から「パッケージの依存関係を定義する」を選ぶと、(図9)が現われます。

(図9) 

 
ここで、(図8)で選んだパッケージ(「入出庫記録」)に先行してインストールするべきパッケージを選択します。 (図9)の例では、「在庫検索」というパッケージを選択しました。 「OK」ボタンを押すと、依存関係の定義が完了します。 
(図8)と(図9)の例では、「在庫検索」というパッケージのインストールが完了しないと、「入出庫記録」という パッケージはインストールされなくなります。

7.パッケージのインストールとイベントログ

パッケージが積み込まれたプロファイルを、端末に配付すると、アプリが自動インストールされます。 その結果、コンソールのイベントログ・パネルには、(図10)のような表示がされます。

(図10)

  • パッケージの端末内での展開、更にはインストールの開始
  • パッケージの中のスクリプトによるサーバへの途中経過報知。 スクリプトを挿入しておかないと、このログは表示されません。詳しくは、スクリプトの挿入/編集の(図5)を参照してください。
  • パッケージのインストール完了

は、デフォルトで表示されます。

8.「Google Play プロテクト」によるインストール失敗対策

Android端末には、「Google Play プロテクト」という、マルウェア検知機能が標準装備されています。 この機能がパッケージに内包したアプリをマルウェアと誤検知し、インストールに失敗することがあります。 同じ機種でも正常インストール場合もあるし、そうでない場合もあるというバラツキがあります。
対策としては、2つあります。
  1. 端末側操作
    [設定] -->[Google] -->[セキュリティ] -->[GooglePlayプロテクト] -->[端末をスキャンしてセキュリティ上の脅威を確認]のトグルスィッチをOFF
  2. コンソールからスクリプトを送信
    端末機種によりますので、スクリプトの内容は、当社まで、お問い合わせください。
B.の方法は、複数の端末に一斉に対応ができるメリットがあります。
A. 又は B. を実施した後、「パッケージの強制再インストール」を行います。