MobiControlは
強力なセキュリティでAndroid端末を管理

AndroidはGoogle社が提供するOSで、ハードウェアの選択肢が豊富です。
オープンソースであるため、自社開発アプリなどカスタマイズ性の高さが魅力である反面、セキュリティ対策が重要です。

Android + MobiControl の利用シーン

Android向け主要機能

機能サイレントインストール

サイレントインストール

アプリを自動的にインストール

MobiControlは管理者からユーザーの端末へ遠隔でアプリを強制インストールさせる(サイレントインストール)機能を持っています。GoogleアプリストアもしくはストアにあがっていないAPKファイルからの配信が可能です。 この機能により、端末運用時に業務で利用するアプリが増えた際などに、手間なく強制的に全ユーザー端末へのアプリ配布が可能となり、より手間なくアプリの管理を実現する事が可能です。

※Androidの一部メーカーを除きます。
遠隔地からのアプリ配布

遠隔地からのアプリ配布

端末が全国に散らばっている場合でも、MobiControlが入っていれば、使用するアプリ・ファイルを設定一つで一括配付したり、すべて入れ直すことが可能です。またMobiControlでは端末へアプリケーションを強制配布(サイレントインストール)することができるので、管理者が配布したいタイミングで端末にアプリケーション配布を行えます。

アプリとファイルの一括配布

複数台の端末にもアプリ・ファイルの
一括配布が行え、業務の負担を大幅に軽減

端末が目の前になくとも新しいアプリケーションやファイルを短時間で端末に配布することが可能です。もちろんアプリケーションのアップデートやOSのアップデート作業も行えるため、端末の回収や手作業でのセッティング作業も必要ありません。 また、拠点ごとに使われるアプリケーションやファイルが異なる場合には、それぞれに配布分けも行えます。

機能リモートコントロール

リモートコントロール

リモートコントロールによる
リアルタイムサポート

端末のサポート業務を行う側と、モバイルデバイスを使用している現場の距離が離れている場合、端末にトラブルや不具合が起こっても電話のみでサポートするのは非常に困難です。MobiControlなら、不具合が起こっている端末の画面をWindowsのリモートデスクトップの様な形で、実際の画面を見ながらサポートできるので、端末管理者が現場に向かう必要がなくなります。

※リモートコントロールはAndoroid、Windowsに対応しています。

機能専用端末化 / ランチャー

ランチャー

Android端末を専用端末化にする
ランチャー機能

端末従来のホーム画面を作り替え、管理者が許可しているアプリのみユーザー側に表示させ「業務用専用端末化」をする事が可能です。従来のアプリ制御と違い、「設定アプリ」の利用制限も可能となり、ユーザーの誤操作による設定変更などで起きる予期せぬ端末トラブルを未然に防ぐ事ができます。また、ランチャー画面はHTMLで編集が可能なため、管理者側にてホーム画面の作り込みも自由に可能となります。

Androidの導入事例

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6272-6871 03-6272-6871 平日10:00〜18:00