iOSでもリアルタイムにリモートサポート
リモートビュー機能を実現

遠隔で画面を確認できることで業務アプリのサポート保守が格段に楽になります。
利用ユーザーの負担も軽減し、より品質の高いサービスを実現できる最適なMDM /EMM製品となります。

監視モードでより業務に適したiOS利用を

AppleIDが不要
企業用の端末を同じIDで
...
アプリの一括配信を
遠隔で実施可能
...
リモートビュー機能で
端末画面を確認可能
...
アプリ制限で
よりセキュアな運用を
実現
...
ABM連携で
登録作業が不要に
...
Wi-Fi設定など
遠隔で端末の
設定変更が可能
...
Webフィルタリングで
Webサイトも制限
...
紛失時
より強固なセキュリティ
設定を実現
...

iOS向け主要機能

機能監視モード

監視モードとは?

iOS端末をより強力にMDM管理下に置くことができる機能を監視モード(スーパーバイズドモード)といいます。現在業務で利用されている企業のほとんどが監視モードにして端末のセキュリティ面の強化を行なっています。
監視モードにはApple Business Manager(以下、ABM)を用いて設定する方法と、AppleのMac PCを介してApple Configuratorから設定する方法があります。
※設定時には端末が初期化されます。監視モード(スーパーバイズドモード)となった端末はMobiControlから強力な制御が可能となり、アプリの配信が簡易化できるなど多くのメリットがあります。業務活動で利用される端末の管理が飛躍的に効率化され、端末利用による業務効率が向上します。

マルチブラウザで登録可能

Mac以外のブラウザでも登録可能

MobiControlは「ABM(DEP)」に登録されている端末に対し、「自動的」な「監視モード」設定が可能となります。そのため 「Apple Configurator」や「Mac PC」を利用せず登録が行えます。

ワイヤレス

ワイヤレスで各種設定が可能

MobiControlは「ワイヤレス」で各種設定が可能となるため、対象端末を機器に1台1台つなげる必要がありません。 登録情報をワイヤレスで受け取った端末は自発的に設定と管理サーバーへの登録を実行します。端末管理者は予めの設定を済ませていれば、実行後の端末登録状況をモニタリングするのみです。

監視モードへの移行がスムーズ

遠隔地の端末も「監視モード」への移行がスムーズ

すでに配布済みの端末に対して監視モードへの移行が必要な場合、MobiControlは端末を回収せず、「ワイヤレス」で「監視モード」への移行が可能です。加えて、予めMDMの設定を行っていれば、登録時にすぐにMDM設定が端末に反映されます。 MDM統制の肝でもある「MDMプロファイル」を削除させない設定も可能ですので、不用意に管理から外れる心配がありません。
※設定時に端末が初期化されます。

監視モードで制御可能な機能

アプリの サイレントインストール

アプリを自動でインストールさせる(サイレントインストール)

Webフィルタリング機能

Webフィルタリング機能で安全にウェブサイトの閲覧が可能

監視モード時の端末機能制限

「iMessage」や「Siri」などiOS特有の機能を制限「アプリの削除を禁止」する機能など、より細かな端末機能制限が可能となります。

AppleID、Exchange アカウント変更禁止

メール、連絡先、カレンダーなどのアカウントの新規登録や編集を禁止することができます。

AirPlayの制御

パスワードやホワイトリストを利用し、AirPlayの宛先へのアクセスを制限することが可能となります。

AirPrintの設定

ユーザ端末のAirPrintプリンターへのアクセスを制限することが可能となります。

シングルアプリモード

シングルアプリモードを適用した端末を起動すると、指定した単一アプリが自動的に起動します。 ホームボタンは初期設定で無効になる他、タップの禁止やロック禁止設定も可能です。 常に起動した状態になるので、SDKを組込んだインハウスアプリなら、「リモートビュー」機能が何時でも利用可能となります。

機能VPP

VPPとは?

Apple社が提供するビジネス向けプログラム「Volume Purchase Program」のことで、このプログラムに参加することにより、アプリやブックの購入と配布が簡単に実行できるようになります。 「Volume Purchase」(大量購入)となっていますが、数台の端末へ向けての購入と配布でも利用可能です。 「VPP」を利用するにはAppleのサイトでABMアカウントを作成し、配布対象とするアプリやブックを事前に設定する必要があります。

サイレントインストール

アプリカタログから
サイレントインストール

VPP対象となるアプリは、利用企業向けのマーケットスペースの様な「アプリカタログ※」内に一覧表示が可能で、配布方法※は「引き換えコード」方式に加え、管理配布方式の「ユーザーベース」、「デバイスベース」に対応しています。「アプリカタログ」に表示されたアプリは「必須」設定で「サイレントインストール」でき、デバイス利用者の手間を取らせません。 その他のアプリは「推奨」として、デバイス利用者の自由なインストールも可能です。 有償アプリだけでなく、無償アプリや「B2B」アプリも対象となり、配布可能アプリの幅が拡がります。 割り当て対象から外れたり、管理対象外になったデバイスからは自動的にアプリを削除することも可能となります。
※「引き換えコード」…有償のアプリが対象です。
「ユーザーベース管理配布」…iOS7以降の端末で、有償および無償のアプリとブックが対象です。
「デバイスベース管理配布」…iOS9以降の端末で、有償および無償のアプリが対象です。

Apple ID不要でアプリ配布

Apple IDを使わずアプリ配布

管理配布方式の「ユーザーベース」、「デバイスベース」の利用はMDMからの配布が前提になるので、MobiControlなら簡単に設定/配布が可能です。利用しなくなったアプリは他のApple IDや他の端末に割り当て直すことが簡単にできます。 「デバイスベース」の配布では、Apple IDがなくてもアプリの配布が可能なため、管理が楽になりセキュリティ面の強化も行えます。

機能リモートビュー

MobiControlは管理画面からユーザーの手元の端末を遠隔で画面共有することが可能となります。ユーザー側で画面共有の許可が必要となりますが、この「リモートビュー」機能利用することで、端末をセキュアに保ったまま運用で出てくる課題を「遠隔」から迅速に解決できます。

管理者がアプリ状況を把握

管理者がいつでもアプリ利用状況を把握

業務で利用されるアプリで何らかの不具合やユーザーからの操作問い合わせがあった際、MobiControlを介して「リモートビュー」機能を利用することで、問題の早期解決やサポート品質の向上に繋げることが可能となります。

遠隔からのサポート

遠隔でのスムーズなサポートが可能

Appleでは毎年OSのアップデートを行なっており、それに伴い設定が変更されることや、UIが変更となります。
管理者への問い合わせがこの時期に増えることが考えられますが、MobiControlの「リモートビュー」機能では端末の設定画面やホーム画面等も遠隔で確認できるため、サポート担当者の状況把握と解決へのプロセスが格段に効率化されます。

iOSの導入事例

お電話でのお問い合わせはこちら 03-6272-6871 03-6272-6871 平日10:00〜18:00