科学は凄い

「モバイル」から離れてしまう話題となりますが、以前に「緻密さ」と「正確さ」と「継続性」が要求される日本の「技術の凄さ」を記事にしました。

改めて日本の技術力は素晴らしく誇り高いと感じます。

ところで、そんな「科学」の世界に「バイオハッカー」なる集団が存在します。

「バイオハッカー」とは「生物」や「遺伝子」など、おもに「生物学」にまつわる課題を「ハック」しようと試みる、知識を有する一般人や研究者、またはそれらのグループをいう様です。

「バイオハッキング」が「アプリ開発より安価」になる時代だそうです。

そんなバイオハッカーのあるグールプが「暗闇でも見える目薬」の開発に成功したとの事。

ネタ元によると、目薬の主成分はクロロフィル系の薬品 Chlorin e6(Ce6)でこれにインスリンと生理食塩水を加えた目薬を投与し、実験を進めたとの事。

結果、暗闇で50m先の物体識別が「100%」になったとの事で、一般の「人の目」では「30%程度」の識別率だったそうなので、効果が確認されました。

非常に勇気ある実験だと思いますが、効果な「ナイトビジョン」デバイスを考えると「安価」かもしれません。

また、ナイトビジョンデバイスと違い、「暗いところが見えるようになると言っても、暗視スコープみたいに視界が白黒や緑色になるわけじゃないよ」との被験者の言葉なので、どの様に見えるのでしょうか。

気になります。

「凄さ」という点でもう一つ。

コンピューター(テクノロジー)の「ハック」から「バイオハック」が出てきましたが、コンピューターテクノロジーの世界でも「組み合わせ最適化問題」の解決に凄いモノが出てきました。

この「組み合わせ最適化問題」とは「解が順序や割当のように組み合わせの構造を持ち、条件を満たす解の中で最もよいものを求める問題」のことをいいます。

Hitachi
日立製作所は現在「量子コンピューター」で計算されることを期待されている「約1兆の500乗通り」の「組み合わせ最適化問題」で半導体を使った新型コンピューターを試作したと発表しました。

リンク先の内容が凄そうです。

いや、凄いです。

「従来比1,800倍」や「約1兆の500乗」(どんな数値でしょう)という文字を見るだけで「ん~」となります。

このコンピューターで約1兆の500乗のパターンから「瞬時」に解が求められるそうです。

この成果の一部については2015年2月22日~26日まで、米国/サンフランシスコで開催された半導体集積回路に関する国際会議「2015 International Solid-State Circuit Conference」で発表が済んでいる様です。

理解が追いついたら、続報したいと思います。

Androidの便利な機能?

2014年11月にリリースされたAndroid OS「5.0」(Lollipop)ですが、日本国内では実質「Nexus」シリーズ向けのバージョンとなっています。

「Nexus」シリーズの利用者は順次アップデートのお知らせがあり、アップデートが多少進んでいるかと思います。

「5.0.1」「5.0.2」とアップが繰り返され、最新版は「5.1」となっています。

手持ちの「Nexus 7 2012」にも導入しましたが、バッテリー持ちの悪化と通信の不安定さに悩まされ、「4.4.4」(Kikat)に戻してしまいました。

今は「5.1」を待っています。

ところで、Android OS「5.0」(Lollipop)にはメジャーアップデートとして様々な機能が搭載されています。

隠れた(!?)機能もあります。

Screenshot_2015-03-27-12-52-00
端末設定の「セキュリティ」内に「信頼できるエージェント」という項目がありますが、ここを見ると「Smart Lock(Google)」の項目が表示されます。

この項目を「ON」にすると、「セキュリティ」内に「Smart Lock」という項目が出てきます。

Screenshot_2015-03-27-12-52-18
Smart Lock内には「信頼できる端末」「信頼できる場所」「トラステッドフェイス」「持ち運び検知機能」の4項目が。

・「信頼できる端末」

Screenshot_2015-03-27-12-52-36
ここでBluetooth接続するデバイスを登録すると、登録されたデバイスが接続されている間は「ロックを掛けない」ことが可能となります(有効範囲は約100m)。

・「信頼できる場所」

Screenshot_2015-03-27-14-50-27
ここに特定の「場所」を登録するとGPS機能を利用した位置情報サービスと連動し、登録された場所にいる場合に「ロックを掛けない」ことが可能となります(Google MAPを利用して登録します)。

・「トラステッドフェイス」

Screenshot_2015-03-27-12-52-51
「顔認証」です。パターン/PIN/パスコードより安全面で「劣る」と注意があります。

・「持ち運び検知機能」

Screenshot_2015-03-27-12-53-02
加速度センサーを利用して「身につけている」間、「ロックを掛けない」ことが可能となります。

机の上などに置いておく(一定の時間端末が移動しない)とロックが掛かります。

上記4項目は「利便性」向上の機能ですが、注意深く設定を行わないとセキュリティが非常に甘くなります。

設定が有効な状態で例えば、「身につけている」と端末が判断したら、盗まれてもロックが効かないことになります。

隠れた(!?)機能ですが、注意して下さい。

端末のプリインストールアプリについて

PCを購入してみると、不要なアプリケーションが多数入っている場合があります。

PC利用の初心者には喜ばしいサービスですが、使い慣れてくると鬱陶しくもなってきます。
(削除すればいいだけの話ですが)

モバイル端末の利用に於いても同様で、初期導入(プリインストール)されているアプリが非常に多いです。

SIMフリーとして販売されている端末はそれほどでもないのですが、キャリアから販売されている端末は「これでもか」くらいインスールされています。

PCの様にアンインストールできればいいのですが、残念ながらできないアプリが多く入っています。

最近の端末は「無効」にできるモノも増えましたが、内部ストレージ容量が増える訳ではないので微妙な機能です。

韓国/サムスンはGalaxy S6/Galaxy S6 Edgeにプリインストールするアプリを従来より40%減にし、更にプリインストールアプリについても削除を可能にするとの記事がありました。

Galaxy_S6_Delete
これは素晴らしいですね。

インスールするアプリは自分自身で決めたいと思った時に、必要なものだけ残し後は削除できるのはストレージ容量的にも有り難いことです。
(最近の端末ではSD利用ができない端末もあるので・・・)

この流れが他のメーカー(キャリア)にもつながるといいのですが。

と喜ぶのも束の間、「Techmaniacs」を参照元にしているサイトでプリインストールの件は「削除」ではなく、「無効」との報告が上がってきました。

実物での挙動確認の様なので、「無効」が正しそうです。

「残念なお知らせ」でした。

やはり、プリインストールアプリの完全削除は難しいのでしょうか。

削除ができないのであれば、SDカードスロットを搭載してほしいものです。

ところで、Galaxy S6/Galaxy S6 Edgeではプリインストールアプリについて、アメリカ/マイクロソフトと提携し、「OneNote」「OneDrive」「Skype」を搭載するとのことです。

そのマイクロソフトは更にAndroid端末の製造メーカー11社(サムスン含む)に対して提携し、オフィススイートを含むマイクロソフトの製品をプリインストールする契約を締結したとしています。

このプリインストールで、より親和性の高い「Windows Phone」への誘導を目論んでるのでしょうか。

また、サブスクリプションによる収益力向上を狙っているのでしょうか。

今後のマイクロソフトの取り組みも注目していきたいと思います。

MVNOの拡大が始まる

先日にMVNO向けスマホが色々と登場することを記事にしましたが、データや通話プランでも勢いを増しています。

「MVNO」は仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)といい、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、ワイモバイルなどの移動体通信事業者(キャリア)から回線を借りて、自社サービスとして回線提供サービスを行っています。

2001年に始まった当初は対応範囲が狭かったり、通信スピードが遅かったり、「知られていない」という状況でしたが、現在は良く耳にする機会も増え、「MVNO」の利用者も随分と増えてきています。

昨年には通信キャリア自ら、子会社を通してMVNOとなっています。

元々、「MVNO」は通信キャリアから回線を「借りて」運営しているのでそれなりの制限がありました(契約にも依ります)が、ここにきて魅力的なプランが各社から出ています。

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は料金プランの見直しを行い、各データプランの価格を据え置いた上で、制限値(超えると通信速度の低下となる)を増加させました。

3GB/900円、5GB/1,520円、10GB/2,560円(全て税抜き、金額は月額で最低金額のもの)とデータの使い勝手を向上させています。

また、MVNOでは初となる通話割引の「ファミリー通話割引」を4月1日から開始すると発表しています。

MVNOの通話プランが増えていましたが、データ通信料金に比べ「お得感」が乏しかったので、この発表はある程度のインパクトを与えるかもしれません。

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社は「楽天モバイル」で展開するデータ通信可能なSIMで月額料金は据え置きで、より大容量の高速通信サービスを利用できる様に改定しています。

3.1GB/900円、5GB/1,450円、10GB/2,260円(全て税抜き、金額は月額で最低金額のもの)と他に比べ若干のデータ量上乗せと月額料金の低さで対抗しています。

NTTコミュニケーションズ株式会社は展開している「OCN モバイル ONE」で全てのコースのデータ通信容量を2015年4月1日より大幅拡大するとしています。

3GB/1,100円、5GB/1,450円、15GB/1,800円(全て税抜き、金額は月額で最低金額のもの)で制限値が増えるほど「お得感」が高くなっています。

更に、3GB/5GBのコースでは条件付きながら、Wi-Fiスポット接続のトライアルサービスも附帯しているので、データ通信の補完も与えられます。

この「トライアルサービス」は期間を延長して実施されるものなので、将来に亘っての保証はされていないので注意が必要です。

株式会社ハイホーは「hi-ho LTE typeD」シリーズおける高速通信可能なバンドルチャージを2015年4月1日から増量すると発表しています。

3GB/933円の月額コース、3GB/10,000円の年額コース、10GB/2,838円の月額ファミリーシェアコースなど。

「年払い」や「シェア」プランの構成で、他社との差別化を図っています。

上記各社は全て「LTE」対応です。

これからも他のMVNOが追従してくるかと思いますので、お得な情報があればお知らせしていきたいと思います。

因みに、「MobiControl」は通信会社(SIM)に依拠せず端末管理が可能ですので、キャリア回線そのものやMVNO回線、または海外事業者回線でも、通信が確立していれば効率的な端末管理と運用が可能となります。

MVNO向けの新しいスマホ

最近では「格安」を謳う通信事業者が多くなってきました。

これらほとんどの事業者は「MVNO」(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)といいます。

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、ワイモバイルなどの移動体通信事業者(キャリア)から回線を借りて、自社サービスとして回線提供サービスを行っています。

2001年からMVNOのサービスが始まっていますが、今では相当数の事業者が存在しています。

モバイル市場に占める「MVNO」の割合も2014年9月末時点で「9.4%」にも上っています

最近までは、キャリアから販売されている端末を利用して「乗り換える」という方法が主流でしたが、ここに来て「SIMフリー端末」の登場が増えたり、MVNO自体が端末を発売したりしています。

ソニーモバイルコミュニケーションズはMVNO向けの廉価端末として「Xperia J1 Compact」を発表しました。

Xperia_J1c
Android OS 「4.4」(Kitkat)となり、約4.3インチで1280pix×720pixのディスプレイ、2.2GHzクアッドコアのCPU、RAM2GB/16GBのストレージ容量、2070万画素のアウトカメラ、インカメラは220万画素でFelica(おサイフケータイ)と防水/防塵対応とまずまずのスペック。

もちろんLTEにも対応しています。

先日発表のあった「VAIO Phone」と比べるとこちらの方が魅力があるかもしれません。

富士通は既に販売している「ARROWS M01」の販路拡大を発表しています。

Arrows
Android OS 「4.4」(Kitkat)搭載の4.5インチで1280pix×720pixのディスプレイ、1.2GHzクアッドコアのCPU、RAM1GB/8GBのストレージ容量、800万画素のアウトカメラ、インカメラは130万画素、NFCと防水/防塵対応となっており、初めてのスマホ使いに丁度いいスペックかと思います。

京セラはMVNO向け高耐久性スマートフォンとして「S301」の発売を発表しました。

Kyocera
Android 「4.4」(Kitkat)のOSを搭載し、5インチで960pix×540pixのディスプレイ、1.2GHzクアッドコアのCPU、RAM1GB/8GBのストレージ容量、500万画素のアウトカメラ、インカメラは200万画素、防水/防塵/耐衝撃対応となり、ミルスペック(米国国防総省調達基準)に準拠した堅牢性の高いスマホとなっています。

販売価格的にも非常に低廉なので、コストパフォーマンスが高い製品といえるかと思います。

このところ京セラは北米での販売から始め、立て続けに「頑丈な」端末を出しているので、しばらくはこの路線を進むのでしょう。

アプリのセキュリティ

iOS端末は基本的に「AppStore」からしかアプリのインストールができません。

「AppStore」にアプリを登録する場合はアップルの審査を経た上での登録となります。

アップルではアプリについて厳格な基準を設けており、この基準を満たさない場合はリジェクト(登録の拒絶)されます。

従って、端末を通常の使い方をしていれば安全/安心なアプリを利用できます。

もっとも、アプリを利用した攻撃者は巧みになってきており、最近では「AppStore」に登録されているアプリも全てが「安全/安心」ではないという報告も出てきました。

一方、Androidについては公式の「Google Play Store」の他にアマゾン運営の「Amazon Android アプリストア」や「F-Droid」などの他、一般のサイトからアプリをダウンロード/インストールが可能となっています。

このことは、Androidの「自由さ」を表す部分ではありますが、同時に「脅威」を生み出しています。

公式の「Google Play Store」でさえ、審査をしているとはいえ、基準や過程に曖昧さを残しているため、多くの危険なアプリが潜んでいる状態となっている様です。

そこで、グーグルは「Google Play Store」へのアプリ登録に際して審査を厳格化し、専門家チームが審査を行うことや第三者機関(審査団体)の評価を受けなければ登録されない様改めるとしています。

これにより、ポリシー適用の徹底化や審査機関の評価による「レーティング」が実施されます。

Rating
審査機関として「International Age Rating Coalition」(IARC)、「Entertainment Software Rating Board」(ESRB)、「Pan-European
Game Information」(PEGI)、「Australian Classification Board」、「Unterhaltungssoftware Selbstkontrolle」(USK)、
「Classificação Indicativa」(ClassInd)の名前が上がっています。

グーグルも自サイトのStoreに本腰を入れて対応をしてきたと感じます。

片や、「Google Play Store」からダウンロード/インストールされる「Amazon Android アプリストア」ですが、最近のアップデート際して、怪し気な事になっています。

アップデートを実行すると「開発元不明のアプリ許可」にチェックを入れることを促すポップアップが表示され、「野良アプリ」(一般サイトで入手できるアプリ)の様な挙動となっているとのこと。

スマートフォンやタブレットは小さなPCといえるモノになっていますので、PC利用と同じ程度にセキュリティを気にして、特にアプリの「権限」は注意が必要です。

また、セキュリティ対策アプリの導入も考える必要がありそうです。

因みに、「MobiControl」はAndroid端末向けにマルウェア対策が施されており、標準(無償)でマルウェア検知/除去ツールが含まれていますので、Android端末の導入でセキュリティが気になる場合でも「安心」して利用が可能となります。

日本国内で発売予定のスマホたち

日本経済新聞は昨年の2014年12月にソニーから独立したVAIO株式会社がスマートフォン事業に参入すると報道していましたが、日本通信株式会社は2015年3月12日にVAIO株式会社がデザインを監修したスマートフォンを「VAIO Phone」として発売を発表しました。

Vaio_Phone_01
発売は3月20日からとなる様です。

Android OS「5.0」(Lollipop)を搭載し、720pix×1280pixの5インチディスプレイ、1.2GHzのクアッドコアCPU、ROM16GB/RAM2GBにマイクロSD対応、アウト1,300万画素/イン500万画素のカメラを搭載。

「日本通信」の端末として発売されるので、VAIOのサイトには製品情報の記載がありません。

スペックを見ると極々一般的で、ミドルレンジから少し下のモデルとの印象を受けます。

また、この端末はパナソニックの「ERUGA U2」の「兄弟機」である可能性が高いとの事。

先日発表された、安曇野仕様のPC「VAIO Z」のデザインや作り込みを考えると、非常に中途半端な感じと残念感が否めません。

やはり、懸念されている部分はある様で、ここここここなどに表れています。

VAIOは今後、スマホに対してこの路線で行くのでしょうか。

PCと同じ様な意気込み、作り込みの製品を楽しみにしています。

プラスワン・マーケティング株式会社は「Freetel」ブランドのWindows Phone OSを搭載したSIMフリー端末を今年夏までに発売を開始すると発表しました。

Freetel_Windows
発売時点のOSは「Windows Phone 8.1」で、720pix×1280pixの 5インチマルチタッチスクリーン、64bit版クアッドコアプロセッサ、ROM8GB/RAM1GB、アウト800万画素/イン200万画素のカメラを搭載で、コードネームは「Ninja」との事。

Windows OSといえば、「Windows 10」では無償アップデートが実施される見込みとなっていますが、この端末もアップデート対象とする予定の様です。

その他、株式会社マウスコンピューターはWindows Phone ベースのデバイス開発契約を締結し、Windows Phoneベースのデバイスの開発に着手していると2015年2月23日に発表しています。

マウスコンピューターといえば、スティック型PC「m-Stickシリーズ」で話題となっていますが、今後発売される端末も話題になる様なモノになって欲しいと感じます。

「Mobile World Congress 2015」では開発中の「試作機」を展示していた様ですが、今後の発売を楽しみに待ちたいと思います。

因みに、「MobiControl」は現行のWindows Phone OSである「8.1」にも対応しており、Microsoftのパートナーである開発元のSOTI Inc.は新しいOSにいち早く対応が可能です。

OSアップデート情報

○Apple
IMG_0115
米国アップルは日本時間の3日前に開催したスペシャルイベントで「iOS 8.2」のリリースを発表し、日本でもアップデートが可能となっています。

IMG_0116
新規の機能は「Apple Watch」への対応として「Apple Watch App」の追加があり、既存のアプリとしては「ヘルスケア」の各種測定値/設定値の「単位」設定が柔軟になったことや他社製アプリでの「視覚化」といった機能向上と、幾つかの修正となっています。

IMG_0117
その他、「安定性の向上」や「カレンダー絡みの修正」、「iTunes絡みの修正」などの修正項目が含まれます。

「Apple Watch」への対応では、Apple Watch自体がまだ発売されていないので、今後の活用となりますが、アップル謹製のアプリなので、Apple Watchを利用しなくても消すことはできません。

と、「iOS 8.2」のリリースですが、その次の「iOS 8.3」もβとして開発者向けに展開されている様です。

○Android

Google_Blog
米国グーグルは現地時間の3月9日に新しいOSとなる「5.1」のリリースを発表しました。

OSの名前は「Lollipop」のまま、「5.0.x」のマイナーアップであり、既存の端末では「Nexus 5」「Nexus 7」「Nexus 10」が対象となっており、いつもの通り順次空から降ってくることになります。

目玉の機能としては盗難/紛失時の対策として「キルスイッチ」が搭載されたことで、Googleアカウントでログインしない限り端末へのログオンができないものとなります。

この機能は例え、何らかしらで「工場出荷状態へのリセット」(ワイプ)をされても有効となり、非常に強力なものとなります。

この「キルスイッチ」の存在が知られる様になれば、盗難に対する一定の抑止につながるかと期待しています。

また、通話機能で「HD通話」への対応や「複数SIM」への対応として、通話に使うSIM(電話番号)を発信時に切り替えることが可能になります。

海外では2枚挿しができる端末が増えてきていますが、OS標準で載る様になると日本国内向け端末でもSIMフリー端末あたりで、2枚挿し端末が増えてくるかもしれません。

仕事用とプライベート用の通話の使い分けができる様になり、端末を複数台持たなくても良くなるので、楽になります。

その他、「動作の安定性とパフォーマンスの向上」となっていますが、「異常に早いバッテリー消費」や「ネットワーク接続の不具合」が解消されて、快適なOSになっていればいいのですが・・・。

Apple! Apple! Apple!

米アップルは米国サンフランシスコにて、3月9日午前10時(現地時間)から「Spring Forward」としてスペシャルイベントを開催し、アップルファンが待ち望んでいた情報を発信しました。

Spring _Forward_01

【Apple Watch】
とうとう発表されたウェアラブルデバイスです。

Apple_Watch_01
「Siri」を搭載した「賢い時計」。

アップルの「Watch OS」で動き、当然の時計機能をはじめ、メッセージ、カレンダー、スケジュール、フォトビューワー(見にくくないのかな)といった基本的なアプリと電話機能、地図、音楽再生といったiPhoneと連携したアプリが揃っています。

心拍センサー、加速度センサー、光センサーなど各種のセンサーも搭載され、運動量や消費カロリー、心拍数などヘルスモニター機能が充実し、iPhone側の「ヘルスケア」とも連携します。

その他、運動系のアプリとして「アクティビティ」「ワークアウト」も。

公称稼働時間は18時間で、磁石でくっつく充電器で充電を行います。

筐体の大きさは「38mm」「42mm」の2種類が用意され、本体表面の素材、バンドの素材やデザインによって様々な種類が存在し、価格も「それなりに」から「超高級時計並み」まで揃っています。

初期発売国はオーストラリア/カナダ/中国/フランス/ドイツ/香港/「日本」/イギリス/アメリカで4月24日の発売予定です。

【MacBook】
より薄くなりました。

MacBook_01
12インチで2304pix×1440pixのRetinaディスプレイを搭載し、1.1GHzデュアルコアのIntel製「Core M」プロセッサーと同じくIntel製
「 HD Graphics 5300」グラフィックにメモリ8GB、ストレージはSSDで256GBの容量。

驚きは、外部接続ポートがUSB 3.1の「Type-C」コネクターのみ。

アップルは昔からレガシーポートを切り捨て(FireWireも)てきましたが、また思い切って出てきました。

「MacBok Air」より薄く(1.31cm)、より軽く(920g)なって、発売は4月10日の予定です。

【その他】
「Apple TV」で3割近い値下げを発表しています。

iOSアップデートの発表もありましたが、次の機会に。

ご来場、ありがとうございました

弊社では、去る2015年3月3日(火)から6日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された、第31回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2015」に出展しておりました。

RT
出展製品として「MobiControl」をはじめ、「在庫リアライザー」「innovation POS」(iPOS)、「通販レシピ」「美Do!」をご紹介致しました。

盛況なうちに閉幕となり、期間中は多くのお客様に弊社ブースへお越し頂き、またパートナー様からもお客様のご紹介を頂き、感謝申し上げます。

RT
Windows CE/Mobile向けの端末運用を効率化するツールとしてご説明、対応に充分な時間が割けなかった部分もあり、ご来場頂きましたお客様へは改めてのご挨拶とご説明にお伺いしたいと考えております。

今後も展示会等を通して、端末をセキュアに保ちつつ、業務遂行や運用の効率化につながる「MobiControl」を含めた弊社製品のご紹介を進めてまいりたいと思っています。

また、製品に関するご不明点、ご質問がございましたら、弊社サポートデスク

Support@pol-japan.co.jp

販売に関するご相談は

Sales@pol-japan.co.jp

までお知らせ下さい。