GalaxyS9発表

Samsungはスペイン時間2月25日にバルセロナで行われるMWC(Mobile World Congress)に先駆けて「Galaxy S9」,「Galaxy S9+」を発表しました。

デザイン面では昨年6月に発売となった「S8」を踏襲しているようですが機能面で様々なアップグレードが行われています。

・OS:Android 8.0(Oreo)

・ディスプレイパネル:
[Galaxy S9]5.8インチ有機EL「Infinity Display」,解像度1440×2960ドット,HDR表示対応
[Galaxy S9+]6.2インチ有機EL「Infinity Display」,解像度1440×2960ドット,HDR表示対応

・プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」もしくはSamsung製「Exynos 9810」
(※市場により異なる)メインメモリ容量:[Galaxy S9]4GB,[Galaxy S9+]6GB

・ストレージ:内蔵(容量64GB・128GB・256GB ※市場により異なる)+microSDXC
(最大容量400GB)

・アウトカメラ(メイン):有効画素数約1200万画素,F1.5アウトカメラ(サブ,
Galaxy S9+のみ搭載):有効画素数約1200万画素,
F2.4インカメラ:未公開

・バッテリー容量:[Galaxy S9]3000mAh,[Galaxy S9+]3500mAh対応

・LTEバンド:未公開対応

・3Gバンド:未公開

・待受時間:未公開

・連続通話時間:未公開

・無線LAN対応:IEEE 802.11ac

・Bluetooth対応:5.0

・USBポート:Type-C

・本体公称サイズ:
[Galaxy S9]68.7(W)×147.7(D)×8.5(H)mm,
[Galaxy S9+]73.8(W)×158.1(D)×8.5(H)mm

・本体公称重量:[Galaxy S9]約163g,[Galaxy S9+]約189g

・本体カラー:ミッドナイトブラック,コーラルブルー,ライラックパープル,チタ
ニウムグレー

この中でも特に目を引くのがプロセッサ部分とカメラ部分です。

GalaxyS8で使用されていたプロセッサであるsnapdragon835に比べるとCPU処理が3割、AI処理が3倍も高速化されるとのことです。
AI処理が3倍ともなるとほぼストレスなく使用できるのではないでしょうか。

また、カメラ機能ですが、画素数の面では今までとは変わりません。一つの特徴はF値1.5の明るいレンズと2.4の暗いレンズを使用しています。

通常はオートで切り替わりますがマニュアルモードで任意に変更することができます。この機能のおかげで、暗所ではより明るく、明所では明るすぎない写真を撮ることができます。
もう一点は960fpsの超スローモーション機能です。0.2秒を6秒の長さとして撮影ができ、撮影した動画をロック画面に使用することも可能です。

また、撮影時にもメモリを内蔵することにより12枚の画像を一つにまとめることでムラの少ない写真を撮影できるようになっています。
また、個人的に目を引いたのは「AR emoji」に対応している点です。これはインカメラで撮影した画像からアバターを作成し、メガネや髪型を付加することが可能です。
作成したアバターはアプリを問わずGIFアニメとしてメッセンジャーで使用できるとのことです。

発売時期や価格は未定ですが、説明を聞くだけでも使用者の好奇心を刺激する機能が多く実装されています。
未だにSamsung Galaxy NOTE7の発火事件が頭をちらつくSamsungですが、同時に公開されたDeXPadと合わせて今後の動向に注目です。

VRの可能性を高めるGalaxy S8+

Samsungの新型スマートフォン「Galaxy S8+

約6.2インチのやや大きめの画面には、タブレットに近い印象を持っていたが、実際に手に取ると縦に長い画面は今までとさほど違いを感じず、持ちやすい仕様になっていた。

Galaxy S7と同様に、今回も予約特典で「GearVR」がセットとなっており、さらにコントローラーまでセットでついてくる。ヘッドマウントディスプレイでも個人的には十分使いやすかったのですが、今後のVRの拡張性を考えると、より操作感も高まりスマートフォン以上の価値が望めそうです。

コントローラーにはクリック可能なタッチバッドとホームボタン、トリガーボタンなどがついており、かなり小型で長時間持っていても疲れ知らずで遊べそうです。

gearvr

 

 

 

 

 

 

実際にゲームで使用する場合には、仮装空間内の手としてコントローラーを利用するゲームもあり、今までの操作感や仮想空間との一体感を体感できる仕様となっています。

個別でコントローラーとGearVRを購入する場合は約15,000円するため、この機会に特典購入してみてはどうでしょうか?夏休みに涼しい室内で、素敵な世界を体験できることは間違いないと思います!

カシオ計算機社主催「IT-G400発表セミナー」の開催

業務用Android端末が注目される中、国内メーカー様でも続々と業務用デバイスが発表されております。

そのうちの1社であるカシオ計算機株式会社による新製品「IT-G400」の発表セミナーが先日開催されました。

CIMG8683

新製品の紹介は勿論、数々の企業様が講演をされている中適切な端末管理ツールとしてMobiControlについても講演させていただきました。

IMG_0541

IMG_0540

カシオ計算機社では、今回の新製品「IT-G400」以前にも様々なAndroid端末を提供しており、導入企業様も多くいらっしゃいます。実際にそのような端末の管理として、MobiControlが採用され、多くのお客様にご利用頂いております。

セミナーでは、実はあまり知られていない「Android端末を管理 する上で大事な3つの要素」を中心にお話をさせていただきました。皆様はこの3つがお分かりになりますでしょうか。

1つ目は、セキュリティーです。ロック・初期化・マルウェアからの保護、それだけでは端末の セキュリティも担保で来ません。

2つ目は、運用保守性です。端末の資産管理・一括端末設定、それだけで運用保守の効率が上がるのでしょうか?

そして3つ目は、拡張性です。次々と新しい機能やアプリが増えていく中、それ対応していくインフラが必要です。そしてそれを管理者様の負担無くできる運用方法を実現する必要があります。

MDMを選定する管理者の方は、なぜMobiControlが選ばれるのか気になりませんか。その理由を是非セミナー会場で知って、実感してみてはいかがでしょうか。

この後も名古屋・大阪・福岡の3会場で講演を予定しております。ご興味をお持ちの方は是非お申込み頂ければと思います。

当日会場に来られなかった方もご安心ください。お問合せ頂ければ当日の資料をお渡しさせて頂来ます。

システム管理者の方のお役立ちになる情報も掲載しております。

昔の思い出をデータで保存

デジカメやスマートフォンなどが普及したことにより、写真のネガフィルムはほとんど見なくなりましたが、家の押入れの中や昔のアルバムの中に残っている方々もいるのではないでしょうか。

そんな昔懐かしい写真のネガフィルムをスマートフォンで現像できるアプリケーション「FilmLab」がKickstarterに登場しました。

 

 

FilmLabは、スマホ向けのアプリケーションであり、ネガフィルムを認識する画像処理エンジンを搭載しています。そのためライトボックスに設置したネガにスマホを向けるだけで、現像した写真のように端末に表示させ画像として保存することが可能となっています。

カメラに夜画像の傾きや色などは自動修正されるため、保存後に再度画像修正する必要はないようです。

 

 

現在は、35mm白黒とカラーフィルム、中判白黒フィルム(6×6センチ)に対応しており、スマホの機種によって出力できる画像形式は異なるようですが、iPhone 6s/7などであれば高解像度での保存が可能なようです。

昔の思い出をデータで保存することで、アルバムや動画を作成する時に今までよりもきれいな写真を使用できるようになるのではないかと思います。

高まるGoogle Tangoへの期待 ~ARとモバイル~

昨年12月にリリースされた LENOVO の Phab 2 Pro には、Google TangoのAR技術が搭載されており話題を呼びました。発売当初は「ARが売りのレノボ端末を買うにはまだ早い」といった声を周りから聞いてもいましたが、そこから半年近く経った今では購入を検討している人たちが増えているのではないかと思います。

理由は大きく分けて2つあります。

 

1つは半年前と比較し、Google Tangoに対応したアプリが増えてきたことで。まだまだ、一般的なアプリと比べると数は少ないですが、確実にその数は増えてきています。

中でもBMWが提供しているアプリ「BMW i Visualiser」は、是非体験してみてください!!

カメラを向けた先に「BMW i3」と「BMW i8」を投影し、自在に希望の色やホイールに変更することができ、実際に購入した時のイメージを店舗に行かなくとも、自宅の駐車場で行える。近未来型のアプリとなっています。

実際に扉を開き乗り込むこともでき、今後の「物」のあり方を問う画期的なシステムとなっています。

 

もう1つの理由として、LENOVO以外のメーカーがTangoに対応した端末をリリースすることにあります。4月に発売されているものでは、ZenfoneARがあり夏以降に国内でもリリースを予定しています。

ZenfoneAR では、AR だけではなく VR の機能も搭載されており、ヘッドセット(Daydream)をつけることで、高解像度のバーチャル世界を体験できます。 ※Daydreamは2017年4月現在、日本未発売となります

 

夏以降、LENOVO以外の端末でもTangoい対応されていくことで、アプリの数も増えていくと考えられ、業務や販促ツールとしての活用も今後どんどん増えていくと期待できます。

是非、これを機に一度検討してみてはいかがでしょうか。

業務端末の変化②

先月の記事「業務用端末の変化」にて、ハンディターミナル(業務用端末)における市場の変化についてお話しました。

MobiControlは、モバイル端末のインフラを担う部分ですので、POLでは何よりも先に、市場の状況をいち早くキャッチしております。

このブログを読まれている中にも、現在ご利用されているハンディターミナルのリプレイスとして、機種選定に頭を抱えられている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

その悩みの1つとして、「Windows OS 以外の端末で何ができるのか・・・」ではないでしょうか。

時代の流れに合わせてiOSやAndroidを採用したいが、Windowsと比べて何がメリットなのかイマイチわからない。

勿論Windows OS は、”枯れたOS”なので安心の度合いも高く、古くから慣れ親しんだUIであるため、新に覚えることもなくスムーズに利用が可能です。

その慣れ親しんだOSを一新する最大のメリットは、”モバイル活用の拡張性”にあります。

今までは、特定の業務に対して専用機を用意し、用途を限定して利用していた企業様が大半かと思います。

ただ、企業によってはコミュニケーションツールとしてスマホを導入していたり、モバイル活用の幅は広がっています。

連絡はスマホで行い、棚卸や検品などはハンディターミナルという時代から、「ハンディターミナルで連絡を取り合い、棚卸の時には専用アプリを起動して業務を行う」に2in1ないし3in1、アプリを追加することで更なる拡張が見込めることでしょう。

老若男女問わず、プライベートでスマホを活用するようになったからこそ、活用の幅は広がり続けるかと思います。

専用機と違い端末のスペックも格段に向上しているため、長期的に利用する次期ハンディターミナルの候補としてご検討してみてはいかがでしょうか?

iOS、Androidを採用することで、このほかにも様々なメリットがあるかと思います。自社のIT活用に新たな一歩を踏み出せること間違いないでしょう!

「世界のSONY」はやっぱり凄い

ソニーモバイルコミュニケーションズが、「Xperia Touch」の販売開始時期を4月20日に正式発表しました。
世界のSONYは凄いなと改めて感じたのでご紹介を!

一見おしゃれな小型プロジェクターに見えますが、なんと映し出された画像をタッチすることで、操作が可能です。いまいち凄さが伝わらないかもしれませんが、実際に動いているのがこれです。

 

 

画面を必要としない時代がすぐそこまで来ているのが恐ろしくもあり、楽しみでもあります。

 

OS自体はAndroidの7.0を用いており、今までのGoogle Storeにあるアプリなども利用可能となっています。これだけ高画質で 操作感も良ければ、デザインやコンセプト含めいうことなし!と感じています。

実際にMobiControlでも動作検証を行ったところ、リモートの機能なども正常に動作していたとのことで、今後の業務利用にも期待をしたいと思います。

「Xperia Touch」は6月9日より予約販売の開始を予定しており、ソニーストアで購入すると149,880円(税別)が定価となります。

 

一般的なスマートフォンは、「静電容量式」という方法を用いてタッチパネルを操作させており、微弱な電気を流すためにも指で直接触れる必要があるため、工場など手袋をはめた現場では利用できないことも多くあります。

その点、Xperia Touchはそのような心配がないため、現場によっては今後需要が高まるのではないかと勝手に期待しています。

 

実際に実機に触れるために、皆様も是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

京セラ 最強タフネスケータイ

海外に圧され気味な日本モバイル市場に国際端末の嬉しいニュースがあります。

京セラは2月24日に、TORQUE X01というフィーチャーフォンをリリースしました。

この端末は最強のタフネスケータイを謳い文句に頑丈な端末として好評です。

評価試験として地上1.8m上から鉄板・コンクリートへ落下させる試験をクリアしているとのこと。さらに防水・防塵・温度耐久・低圧対応・対日射・対氷結等、他社製品と比べても格段に頑丈であることがわかります。

私がこれまで使用してきたスマホ達も何度も物理要因による故障を経験してきているため、この特徴はとても魅力的です。

もちろんこのような評価をしているのは私だけではなく、工事現場や工場で働く方々やスマホの扱いに慣れていない方々、高齢者の方々からも高評価を得ているようです。

ただし、良いことばかりではなく、中身の部分では海外スマホに及ばない面もありますが、それを踏まえてもこの頑丈さは魅力的ではないでしょうか。

業務用端末の変化

先日、ご紹介したGalaxy S8にちなんで、今回は「国内でのモバイル市場」についてご紹介します。

このブログをご覧になられている皆様の中でも、「個人用スマホはiPhoneです。」という方が大多数を占めているのではないでしょうか?

まだまだ日本国内でのAppleのシェアは圧倒的となっており、会社支給端末もiPhone!という企業が非常に多いのではないかと思います。

さて、前置きはこの辺りまでとして、今回は「業務で利用するモバイル端末」についてお話をしたいと思います。

「業務で利用されるモバイル端末って何のこと?」と思われる方も多くいらっしゃるかと思います。例えば、店舗での発注や在庫照会、それ以外にもドライバーさんの荷物情報の読取など、様々な場面で利用される端末がハンディターミナルです。

null

このハンディターミナル(業務用端末)の市場もここ数年で変化を見せつつあります。従来の独自OSやWindowsにiOS、Androidという新たなOSが加わり、選択肢の幅も広がってきました。

それにより、用途の拡大が見込まれる反面、セキュリティのリスクなど様々な課題も浮かび上がってきます・・・。

新たなモバイルOSへの移行や懸念などについて、数回に渡りお伝えしたいと思います。

ちなみにMobiControlではWindows、iOS、Android全てのOSをサポートしているため、業務端末のトータル管理が可能です。

Galaxy S8公式発表

Samusung社は3月29日にGalaxy S8を発表しました。

この端末にはAppleのSiriやGoogleのGoogle assistant等と同様の新デジタルアシスタント機能「Bixby」を搭載しています。

どれほどの性能なのか気になるところですが、このところ低迷しているSamsung製品に光が見えているように感じます。

5.8インチの大型ディスプレイ+Galaxy S7同様のエッジディスプレイで、今までのGalaxyに使い慣れている人にとっては使いやすいかもしれません。

Samsung社では発火事故が大きな問題となったGalaxy Note7が記憶に新しいですが(12月12日のブログにも載せておりますが)、今回の端末はそうならないことを願うばかりです。