パートナーシップの拡大:SOTI MobiControlv15.1とZebraソリューション

※MobiControlの開発元SOTIからの発信内容をご紹介します。

 

(原文https://soti.net/resources/blog/2020/the-partnership-grows-soti-mobicontrol-v151-is-zebra-solution-validated/)

 

by Jorge Leon on Dec 1, 2020

 

 

何年もの間、SOTIとZebraは、革新的な製品ソリューションに基づいて相互に強力な関係を築いてきました。

 

SOTI MobiControlv15.1がZebraモバイルコンピューターおよびプリンターで正常に検証されました。以下が最新の検証証明書となります。

 

 

Zebraソリューション検証とは何か?

 

ゼブラ社によると:
• ソリューションの検証により、新しいZebraソリューションが既存のシステムおよびカスタムワークフローと互換性があり、検証済であることが保証されます。マーケットリーダーによるエンドツーエンドの統合と機能テストを行うソリューションの検証により、プロジェクトの提供準備ができているという安心感が得られます。

 

SOTIONEプラットフォームの一部であるSOTIMobiControlは、さまざまなZebraデバイスにてテストされました。例えば:
• すばやく便利なショッピング体験を提供する、小売店の顧客が手に取って使用できるバーコードスキャナー。

 

• 医療提供者がボタンを押すだけで正確な患者ケアを提供するために使用するモバイルプリンター。

 

• 輸送と物流(T&L)の作業員が倉庫で在庫を正確に追跡するために使用するモバイルコンピューター。

 

• フィールドサービスの従業員が重要なデータを即座に提供するために頼る頑丈なタッチコンピューター。

 

 

どのように利益を得るか

 

SOTIはAndroid管理を利用するゼブラデバイスを、ゼブラはSOTI MobiControlを、相互に認証しています。

 

その結果、お客様はZebraソリューション検証の恩恵を受けます:
• シームレスな体験: Enterprise Mobility Management(EMM)の SOTI MobiControl およびZebraデバイスを使用しているお客様は、両方の要素がシームレスに連携することで安心できます。SOTI MobiControlを使用すると、Zebraデバイスのセットアップと展開が簡単になり、数分の間にスキャンや印刷を開始して、スタッフの生産性を向上させることができます。

 

• 効率的な導入:ビジネスにZebraデバイスが10台必要か、100,000台必要かにかかわらず、2つのことが確実です。まず、導入コストを管理する必要があります。次に、導入を迅速かつシームレスにする必要があります。SOTI MobiControlによって管理されるZebraデバイスは、収益と、従業員や顧客が頼る重要なワークフローの両方を保護します。

 

• より良いパフォーマンス:より良いソリューションを探している企業は、試してみるべきでしょう。SOTI MobiControlは、直感的で使いやすいコンソールと情報豊富なコンソールから、Zebraフリートのパフォーマンスを最適化し、投資収益率(ROI)を最大化するために不可欠な、アクセス、制御、および洞察を提供します。共同認証により、デバイスと管理ソリューションの両方が必要なものを提供することが保証されます。

 

• 信頼できるソリューション:相互に認定された標準化されたソリューションにより、パートナーは、顧客のニーズを満たすように設計されたZebra / SOTIソリューションを提案することに自信を持つことができます。パートナーはいつでもSOTIまたはZebraに連絡でき、同じレベルの専用カスタマーケアと一流の技術支援を受けることができます。

 

 

SOTI MobiControl + Zebra VisibilityIQ™ Foresight =よりスマートなビジネス上の意思決定

 

信頼できるZebra Premier Independent Software Vendor(ISV)パートナーとして、SOTI MobiControlは、Zebra VisibilityIQ™ Foresigh(ビジネスオペレーションを合理化するように設計されたZebraの優秀なデータ駆動型分析ソリューション)の主な製品と統合された唯一のデバイス管理ソリューションです。

 

つまり、次のことができます。
• デバイスのパフォーマンスデータにアクセスし、ビジネスニーズに合わせてカスタマイズされた分析ダッシュボードを作成します。

 

• データ駆動型のビジネスインテリジェンスを使用して、デバイスのパフォーマンス、ワーカーの出力、およびタスクの効率を最大化します。

 

• 小さな問題が大きな問題になる前に、それらを積極的に特定して解決します。

 

また、リモートワークの時代では、Zebra資産と、稼働時間と全体的なROIを最大化するために必要な情報を、完全に可視化することが重要です。

 

 

Androidのすべて…そしてそれを超えて

 

ZebraがAndroidEnterpriseを早期に採用したとき、接続プロファイル、カスタムデータルール、アラートルールなどの主要な構成設定が失われないようにするために、
ノータッチのリモート移行を容易にすることでSOTI MobiControlが支援しました。

 

しかし、製品とオペレーティングシステム(OS)の組み合わせが何であれ、それを機能させます。SOTIとZebraは進化を続け、テクノロジーとビジネスのニーズが常に満たされるようにします。

 

ご参考までに、Zebra Solutionの検証済みデバイスのリストは以下となります。
• C3300
• MC3300RFID
• M60
• PS20
• TC20
• TC25
• TC51
• TC51-HC
• TC52
• TC56
• TC57
• TC70X
• TC72
• TC75X
• TC77
• TC21
• TC26
• FX7500
• ZQ600シリーズ