リモートワーカーを惹きつけ、繋ぎ、守るリモートテクノロジーの3つの方法

※MobiControlの開発元SOTIからの発信内容をご紹介いたします。
(https://www.soti.net/resources/blog/2020/3-ways-remote-technology-engages-connects-protects-remote-workers/ 2020
519Jeff Guevarra )

 

COVID-19の流行以前から、リモートワークは増加傾向にありました。

2005年から2017年にかけて、米国ではリモートワークが159%増加しました。1
・カナダの従業員の14%は、一部またはすべての時間を在宅で勤務しています。2
・世界的には、52%の人が少なくとも週1回リモートで作業し、68%の人が月1回リモートで作業しています。3

 

そしてCOVID-19のパンデミックにより、世界中で在宅勤務者の割合は増加しています。

2月中旬以降、88%のグローバル組織が従業員に自宅での仕事を奨励または要求しています。4
・カナダでは、34%の人が在宅勤務しています。5デンマークの民間部門の従業員の約336、およびフィンランドの労働力の767も同様です。
・アイルランドでは、推定10万人がリモートワークに切り替えています。8
オフィスへ出社することが慣習化している日本でさえ、18%の企業が在宅勤務を実施しています。9

 

この在宅勤務の急激な増加が、一時的なものであるか、新しい標準であるか、現在は見定めている状況といえるでしょう。

あなたの視点が何であれ、明らかであることが1つあります。
それはテクノロジーを通じてリモートワーカーの関心と生産性、関連性、セキュリティを維持することは、ビジネスの成功に不可欠だということです。

 

1,テクノロジーを使用してリモートワーカーの関心と生産性を向上させる

 

人々がオフィスにいるか、自宅で働いているかに関係なく、組織が焦点を当てるべきいくつかの基本的なエンゲージメントの手法を以下に示します。10

・明確な期待をする。
・従業員が仕事を成功させるために必要な資材と設備が整っていることを確認する。
・良い仕事をした従業員を把握し、それに対し評価をする。
・積極的かつ建設的なフィードバックを定期的に提供する。

従業員が上記を基に従事しているとき、彼らは「自分の仕事と職場に関与し、熱意をもって献身的に仕事に取り組んでいる」と感じます。11

また、上記により生産性も向上します。従業員のエンゲージメントが高い企業は、そうでない企業よりも22%収益性が高くなります。12アメリカでは、年間5,500憶ドルが節約されています。13

 

テクノロジーを活用して、リモートワーカーの関心と生産性を維持するいくつかの方法を次に示します。

・ビデオ会議:毎日のスムーズなビデオ通話により、管理者と従業員が対面で会話できる貴重な時間を提供します。また、音声のみの通話と比較して、コミュニケーションと期待を確立するのに30%効果的であることが証明されています。14

・優れたITサポートを提供:在宅勤務者が使用中のデバイスに問題が発生した際、その端末をリモートで操作ができるテクノロジーを利用することで、短時間で問題解決することができます。

・生産性とフィードバックのアプリ:リモートワーカーの職務や要件が変更された場合、高価なサードパーティの開発者を使用せずにアプリを構築し、それらを展開することで、従業員のエンゲージメントをすばやく強化できます。これは、従業員が仕事に必要な新しいツールを待つ必要がないためです。また、アプリは、タイムリーなフィードバックを収集し、仕事の評価に応じて報酬を与えるスマートな方法でもあります。

 

2,テクノロジーがリモートワーカー同士を繋ぎ、コラボレーションを可能にする方法

 

自宅での作業で最も挙げられる問題の1つは、同僚間での自発的なコラボレーションができないことです。

タイプ別にランク付けすると、アドホックブレーンストーミングセッションは、リモートワーカーが参加する最も困難な会議タイプであり、事前に計画されたコラボレーションミーティングは4番目に困難でした。15

リモートワークは新しい形態ですが、従業員がお互いまたは会社との繋がりを感じることは簡単にはできません。

 

最大化するテクノロジーは、リモートワーカーが電子メールやチャットを介して互いに通信できるようにするだけではありません。さまざまな方法でコラボレーションを促進および促進します。

・従業員がマスタードキュメントを一緒に表示、注釈、投稿できる仮想ホワイトボード。

・離れた場所にいる従業員が質問したり、アイデアを共有したり、役立つブログや記事を投稿したり、一般に隣同士に座っているかのように情報を共有したりできる中央デジタルワークプレースの使用。

・クラウドでホストされるアプリにドキュメントと画像を保存して共有することで、誰もがアクセスできるようになり、誰もが「取り残された」または「ループから抜け出した」と感じなくなります。

 

3,在宅勤務者をサイバー攻撃から守る

 

サイバー犯罪者は、リモート作業の急増を利用して、人や企業を狙っています。

世界保健機関(WHO)が毎日COVIDをテーマにした2,000Webサイトをオンラインで追跡した結果、その多くは悪意のあるものでした。16
マイクロソフトは、すべての電子メールのスパムのうち約2%がCOVID-19関連のコンテンツを使用し、人々を誘惑していることを報告しました。17

 

データとデバイスを適切に保護するには、雇用者と従業員の間で責任を共有する必要があります。
〈雇用主向け〉
・セキュリティチームと協力して、ビジネスに不可欠なモバイル運用の健全性を保護します。これには、データ漏えいポイントの閉鎖、機密性の高い情報と重要なアプリの保護が含まれます。

・企業環境で使用されているネットワークセキュリティは、企業が所有または管理しているデバイスのすべてのリモートロケーションに拡張する必要があります。

・プリンターを含むすべてのデバイス(ラップトップ、スマートフォン、タブレット)とIoTエンドポイントを保護します。

・多要素認証(MFA)を適用して在宅勤務環境でのモバイルセキュリティを強化します。

〈社員向け〉
・最も一般的な、そして簡単にハッキングされたパスワードは、123456です。18
複雑なパスワードの使用し、且つ頻繁に更新することが必要です。

・パッチやアップデートは、それが企業所有であるか、持ち込みデバイス(BYOD)であるかに関係なく、任意のデバイスで利用可能になったときにインストールします。

Wi-Fi設定とパスワードを変更して、ホームネットワークへの不正アクセスを防止します。

COVID-19関連の疑わしい外観のWebサイト、メール、アプリに注意してください。見た目が変だったり、違和感を感じたりする場合は、クリックしたり、開いたり、ダウンロードしたりしないでください。

 

COVID-19が流行中の間、企業とリモートワーカーが安全を確保するために一緒にできることが1つあります。それは、頻繁に相互に通信することです。

自宅で働く従業員に安全のヒントを送るビジネスでも、質問をしたりガイダンスを求めたりする従業員でも、継続的なコミュニケーションが重要です。

 

SOTIはリモートワーカーをサポートします

 

今後、74%CFOは、COFID-19のために在宅勤務を余技なくされていた従業員は、パンデミック終了後も在宅勤務を継続することを期待する一方、32%はオンプレミステクノロジーへの支出を延期、または延期する予定があるとしています。19

モバイルワーカーが成長し安定すると、信頼性と安全性の高いエンタープライズモビリティ管理(EMM)の必要性も高まります。

COVID-19の流行と、それによる在宅勤務への急激な移行により、多くの企業が不意を突かれました。遅れを取り戻し、追いつきたいと思っている場合は、SOTIがお手伝いします。

SOTI ONE プラットフォームを使用すると、ビジネスに不可欠なアプリの迅速な構築、モバイルデバイスの管理と制御、デバイスの問題の即時診断とトラブルシューティング、モバイルデプロイメントのパフォーマンスに関する詳細な洞察、さらにはIoTの制御までが可能になります。

これは、COVID-19対策とさらにそれ以降に向けて、リモートワーカーの関与、生産性、接続性、安全性を維持するために設計された単一のツールです。

 


1.Flexjobs, Remote Work Statistics: Shifting Norms and Expectations
2.Statistics Canada, Labour Force Survey, March 2020
3.OWL Labs, State of Remote Work
4.Facility Executive, Most Employees are Working From Home Due to COVID-19
5.Canadian HR Reporter, After Pandemic, Canadians Keen to Continue Work-at-Home Options
6.Statista, Share of People Working from Home Due to the Coronavirus in Denmark
7.Statista, Have You Started Working From Home Due to the Coronavirus Pandemic (Finland)
8.Increasily, Working From Home Coronavirus Guide
9.Statista, Share of Companies That Implemented Home/Remote Work for Employees After the Outbreak of COVID-19 (Japan)
10.Gallup, What is Employee Engagement and How Do You Improve It?
11.Gallup, Employee Engagement on the Rise in the U.S.
12.Smarp, What is the True Cost of Poor Employee Communication?
13.Forbes, 10 Timely Statistics About the Connection Between Employee Engagement and Wellness
14.OWL Labs, State of Remote Work (2017)
15.OWL Labs, State of Remote Work (2017)
16.Security World Market, Global Cyber Attacks on the Increase During COVID-19 Crisis
17.ZDnet, Microsoft: Under 2% of All Daily Malspam Uses COVID-19 Lures
18.CNN, How Hackable is Your Password?
19.CRN, Some May Work From Home Permanently After COVID-19