モバイルテクノロジーが小売業者や買い物客の小売体験を向上させる3つの方法

※MobiControlの開発元SOTIからの発信内容をご紹介します
(原文https://www.soti.net/resources/blog/2020/3-ways-mobile-technology-enhances-the-retail-experience-for-retailers-and-shoppers/)

2020年5月21日、Ryan Webber著

SOTIのレポート【実店舗とオンライン店舗を持つ小売り革命のナビゲート】はモバイルテクノロジーが「3つのC」を提供するオンラインショッピング体験の鍵であることを明らかにしました。

3つのCとはCustomized(カスタマイズ)、Convenient(便利さ)、Contactless(非接触)を指しています。

  • Customized :買い物客の76%は、モバイルデバイスでパーソナライズされた店内体験をしたいと考えています。
  • Convenient :67%の消費者は、モバイルテクノロジーを利用する小売業者がより速いショッピング体験を提供すると信じています。
  • Contactless :買い物客の66%はショップスタッフとの会話を望んでおらず、77%がセルフ会計が可能な店舗での買い物を希望しています。

オーダーメードの買い物への欲求は店を超えて広がります。「小売レポートにおけるモビリティの国家」によると、買い物客の90%が、自律走行車やドローンなど配送の為のオプションを希望しています。

モバイルテクノロジーが小売業界をどのように変えるか

オンラインショッピングと店頭でのショッピングの扱いが変化しつつあります。消費者はテクノロジー対応のショッピング体験を好み、かつて小売フロアに限定されていたものが現在はオンラインで買えるようになり、オンラインでの買い物は現在の主流になりつつあります。

オンライン、店頭での買い物において変わらない顧客一つの要望は、高品質の製品とサービスを可能な限り最高の価格で、できるだけ早く入手したいという事です。

消費者は自分のニーズに合った体験を求めており、彼らはそれを手に入れることができる場所で買い物をします。小売業者は、この要望を提供するために、このオムニチャネルの傾向を受け入れ、サプライチェーン全体でモバイルテクノロジーとモノのインターネット(IoT)を活用する必要があります。

モバイルテクノロジーが小売業者と買い物客の両方の業界を変えるための いくつかの方法を次に示します。

  • 買い物客の体験の向上:矛盾するようにも聞こえますが、買い物客が店に入ると、彼らが欲しいものを見つけ、できるだけ早くチェックアウトできるようにすることが、小売を成功させる鍵となります。キオスク、ビーコン、センサーなどのインタラクティブなモバイルテクノロジーは、デジタルサイネージが関連するすべての情報を提供する一方で、探している製品に誘導します。
  • 運用の合理化:小売業者は、倉庫作業員と店舗担当者に、バーコードスキャナーや無線周波数識別(RFID)リーダーなどのモバイルデバイスを装備しています。一方、電子ロギングデバイス(ELD)とトレーラー追跡および追跡システムは、サプライチェーンの重要な側面をリアルタイムで可視化し、予期しない遅延の数を大幅に削減します。
  • 在庫の認識:小売業が対応に苦慮する主な例は、買い物客がオンラインで商品を検索し、近くの店舗に在庫があることを確認するときです。彼らは店に行って、ウェブサイトに誤りがあり、製品が在庫切れであることを質問するためだけに時間を浪費されます。現代の小売業者は、在庫に25%もの差異があると見ています。1モバイルテクノロジーにより、小売業者と買い物客は利用可能な製品の数量を正確に数えることができ、買い物を快適に行うことができます。

モバイルテクノロジーが小売業者や買い物客の小売体験をどのように向上させるかについてもっと知りたい場合には下記のインフォグラフィックをチェックしてください。

将来のリテールモビリティトレンドの予測

進行中のCOVID-19-パンデミックは、多くの小売ビジネスを壊滅させ、壊滅的な結果をもたらしています。ヨーロッパの小売業者は、今後約36億ポンド2(約56億ドルCAD、40億ドル)を失うと予想されています。一方、米国の買い物客の53%は、コロナウイルスが原因で、来店することを控えるだろう述べています。

現在の騒動が落ち着き、買い物客が戻ってくる際には、お気に入りの小売業者が、このブログ投稿で前述したカスタマイズされた便利で非接触のエクスペリエンスを提供することを期待しています。

そして、これから示す方法がその期待を満たす方法です。

ラインバスティング(レジの待ち行列対策)について

店舗での整列状況についての統計を並べてみます。

  • 買い物客は、列で待つ最大許容時間は約8分であると考えています。4
  • 消費者の86%は、長い待ち時間が不満で店を後にしました。5
  • 米国の小売業者は、買い物客が手ぶらで去ったために、潜在的な売上高で年間平均380億ドルを失っています。6

買い物客は、COVID-19の制限が解除された後、お気に入りの店舗を訪問する事を待ち遠しいと思ってはいますが、商品購入支払いの為、長時間並んで待つという事を望んではいません。

ラインバスティング とは、まさにその言葉の通りです。買い物客がメインのレジから離れたところで支払いをすることで、列を短くしたり、排除したりすることです。また、モバイルテクノロジーを利用する場合、レジの待ち行列対策にはさまざまな手法があります。

  • ハンドヘルドスキャナーの利用:店舗全体の従業員は、ハンドヘルドスキャナーを装備しています。少額の買い物をする買い物客がチェックアウトの準備ができると、商品をスキャンし、買い物客は列に並ぶことなく、その場で支払いが可能です。
  • スキャンでの購入: スウェーデンはすでに人気がある手法です。買い物客は買い物中にアプリを介してアイテムをスキャンできます。買い物客が買い物を終えたとき、アプリはすでにスキャンしたアイテムの総コストを計算しています。買い物客は、スマートフォンから直接支払います。
  • 予約注文、前払い:このタイプの ラインバスティング技術はレストランで確認する事ができ、小売店へも浸透しています。買い物客は、キオスクに取り付けられたタブレットを使用して注文し、事前に支払いを行います。

オンラインで購入し、店舗で受け取る(BOPIS)

現在の買い物は、買い物客がオンラインで購入し商品が配送されるパターンと、店内で購入しすぐに商品を持ち帰えるといったパターンの二つが主流となっています。


現在、3つ目の方法として、オンラインで購入し、店舗で受け取る(BOPIS)を
米国の買い物客7 の70%とカナダの買い物客8の50%がすでに利用しています。 買い物客がこういった購入方法を要望する理由はたくさんあります。

  • 配送が難しい:配送費用が高すぎる(米国のBOPISユーザーの48%の場合)、配送時間が長すぎる(39%)、または配送窓口が不便(28%)9
  • 製品管理:製品はオンラインで購入していますが、買い物客の77%は、実際の現物を確認したうえで商品を持ち帰りたいと希望しています。そうする事で商品が望んでいるものではない場合には返品できるという選択がとれるからです。10

2021年までに、小売業者の90%はBOPISの実装を計画しており、37%は買い物客が到着して注文を受け取る際に店内でさらに追加商品を購入すると考えています。11
モバイル技術がBOPISに役立つ方法はたくさんあります。たとえば、モバイルデバイスは、倉庫または配送センターから集荷場所に出荷される製品の追跡に使用できます。アプリケーションにより、買い物客は商品が到着にあわせ訪問して購入が可能となります。これらのアプリケーションは、BOPISの購入に合わせて商品の追加アピールを提供する事で、買い物客へで追加の商品購入を促す事に役立ちます。

小売ロボット工学

ロボットは、在庫を梱包、スキャン、輸送する倉庫の床や配送センターにすでに設置されています。一方、ロボットや自律車両は2025年で購入配達の85%を占めるようになることが期待されています12


現在、ロボットは小売店に進出し、買い物客が一歩足を踏み入れた瞬間からショッピング体験を向上させています。


入店

  • ロボットが店に入ると買い物客に挨拶し、プロモーションアイテムや割引を表示します。買い物客はロボットに特定のアイテムをどこで見つけることができるか尋ねると、ディスプレイは商品の位置をグラフィック付きで表示してくれます。


ショッピングと閲覧

  • 大型店では、買い物客は何かがどこにあるかロボットに尋ねることができ、ロボットはそれらを彼らに導きます。ロボットがラウンドを行う際、棚をスキャンし、在庫が少なくなると自動的に奥の部屋の担当者に通知できます。メンテナンスロボットは、床を掃除、洗浄、乾燥して、店舗の清潔さを確保できます。
  • ロボットは顔認識技術を使用して、買い物客が助けを必要としているように見えるかどうかを判断し、店員に自動でメッセージを送信できます。

チェックアウト

  • 最終的には、ロボットがこのブログで前述したラインバスティングの業務を処理できるようになります。買い物客は支払いの準備ができると、最も近いロボットを見つけ、購入品(およびポイントカード)をスキャンして、それに応じて支払います。

SOTIがリテールモビリティ管理にどのように役立つか

SOTI ONE プラットオームの7つの革新的な製品により、小売業者はさまざまな方法で買い物客により良いサービスを提供できます。

SOTI Snapを使用すると、小売業者は、顧客情報の収集などの紙とペンに基づくプロセスを排除するカスタムアプリを構築できます。SOTI MobiControl、スマートフォン、タブレット、キオスクやスキャナなどのデバイスは、ショップスタッフの手に迅速に展開することができます。SOTI Assistは、小売店や倉庫のスタッフが扱っているモバイル技術の問題をリモートで診断、トラブルシューティング、解決します。また、SOTI Connectを使用すると、小売業者は、モバイルプリンターなどのIoT接続デバイスを制御できます。

以下のリソースを確認してください。

私たちはお客様からのご連絡をお待ちしております。

1.Retail Touchpoints, 6 Ways to Thrive in the Changing Retail Landscape

2.Statista, Coronavirus Impact of Lost Retail Sales in Europe 2020

3.Statista, Likelihood of Consumers to Avoid In-Store Shopping Because of COVID-19 in the U.S.

4.Parcel Pending, Retailers Losing Billions in Revenue Due to Long Lines

5.Parcel Pending, Retailers Losing Billions in Revenue Due to Long Lines

6.Parcel Pending, Retailers Losing Billions in Revenue Due to Long Lines

7.Digital Commerce 360, BOPIS is the Next Wave of eCommerce

8.Square, BOPIS Might Be the Thing You Need

9.Business Insider, US Consumers Use Buy Online Pick-Up in Store

10.Invesp, Buy Online Pick-Up In Store – Statistics and Trends

11.Invesp, Buy Online Pick-Up In Store – Statistics and Trends

12.Robotics Business Review, Robotics in Retail Key to Industry, Market Transformation

「日常」に戻るため、モバイルテクノロジーに投資すべき理由

※MobiControlの開発元SOTIからの発信内容をご紹介します
(原文 https://www.soti.net/resources/blog/2020/why-you-should-invest-in-mobile-technology-now-to-ready-yourself-for-the-return-to-normal/ )

2020年5月5日、Ryan Webber

現在、多くの企業にとって最大の懸念は、COVID-19危機の中でスムーズに業務を再開できるかどうかという点です。COVID-19危機でサプライチェーンから消費者を含めすべてが混乱し、企業は事業継続計画の策定に取り掛かりました。多くの企業にとって、幸か不幸かCOVID-19危機は緊急時のサプライチェーンを管理する方法について、思いがけない教訓 ¹を私たちに示しました。

COVID-19が世界中で急増しているため、2020年2月から3月の間に多くの北米企業がリモートワークポリシーを実施するなど、従業員に在宅勤務を依頼する企業数も増加しています。しかし、サイバー攻撃から企業を保護するための適切なインフラストラクチャが整っておらず。ハッカーに利用されるケースも増加しております。Ponemon Instituteの2019年中小企業におけるグローバルサイバーセキュリティーによると、中小企業の3分の1以上は、データ侵害やサイバー攻撃に対応するための対応計画がありません。²同調査参加者の60%が過去12か月間に機密データの損失または盗難を経験しているにもかかわらずです。

もう1つの課題として、消費者支出の大幅な減少と、パンデミック対策が解除されたのち店頭で再び買い物をしても安全であるということを消費者に伝える事が必要です。消費者支出は2019年のカナダの経済成長の最大の原動力でしたが、COVID-19のパンデミックがこの傾向を覆しており、経済の質素さが多くの人々の生活様式になりつつあります。実際、カナダ統計局が最近調査した全カナダ人のほぼ半数(47.2%)は、実際、カナダ統計局が最近調査した全カナダ人のほぼ半数(47.2%)が、彼らがより優れた判断力をもって支出を行うようになったため、この危機が、財政上の義務や不可欠なニーズへの支払いに与える影響は無きに等しいであろうと報告しました。³

COVID-19グローバルパンデミックにより、残念ながら、少なくともあと1年間は、だれも「以前の日常どおりのビジネス」に戻ることができないため、ほぼすべての業界でビジネス手法を再考する必要性に迫られております。

これまでデジタル戦略への投資をためらっていた企業も現在、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを通じて企業を加速させ、現在の環境で生き残る為、次の展開に向けて動いています。

最大のポイントとしては、企業がCOVID-19に対しての対策を導入するのに遅すぎることは決してないということです。導入された変更の一部は、COVID-19のパンデミック制限が解除された後でも継続される可能性があります。次にさまざまな業界が投資したモバイルテクノロジーのほんの一例を示します。これにより、社会的距離のガイドラインの導入、リモートでの作業および旅行の制限の増加にもかかわらず、運用を継続することができます。

リアルタイム の在庫管理により、小売業者は需要に応じて在庫を計画できます。

コカコーラは最近、小売業のパートナーと協力してコアに焦点を合わせることにより、在庫管理などのビジネスにとって重要な領域により重点を置くブランドマーケティング活動を停止することを最近発表しました。⁴ 最も需要の高い製品の在庫をより適切に保つためのSKU。 SOTI MobiControlを搭載したモバイルデバイスは、ワークフローの改善に役立つビジネスクリティカルタスクの中でも特に、在庫チェックの実行、需要の高い在庫が少なくなったときの注文の自動化、注文の受け取り、価格の管理に使用できます。

品の追跡技術はもはやロジスティクスプロバイダーにとって「贅沢」ではなく、必要不可欠です

COVID-19の大流行は、製品のフルフィルメントとデリバリーを24時間365日正確に監視できることがサプライチェーンパフォーマンスの管理に不可欠であることを証明しています。サプライチェーンは、COVID-19のような混乱を通じて、回復力のある持続可能な運用のためのモビリティに重点を置いて、新しい方法で再考する必要があります。モバイルファースト環境で事業を展開する企業は、アプリをより迅速かつコスト効率よく構築し、モバイルデバイスとIoTエンドポイントを安全に管理し、モバイルテクノロジーの問題をリモートで解決し、実用的なデータの洞察を得てビジネスオペレーションを改善する必要があります。

遠隔医療は、医療提供者がCOVID-19への接触を制限し、個別のケアを提供するのに役立ちます

SOTI Snapは医師や看護師が自宅にいるときに患者が重要な情報をやり取りしたり共有したりできるアプリを簡単に作成できる機能で、在宅医療プロバイダーを支援します。これにより、医療提供者の潜在的なCOVID-19感染患者への接触が制限されます。さらに、スマートウォッチなどのウェアラブルテクノロジーは、遠隔監視のために患者データをリアルタイムで収集するのに役立ちます。これは、一般の人々が継続的に自己管理で利用しているため重要です。さらに、最近のHealthTech記事は、ウェアラブルからのヘルスケアデータが、患者の身体活動の非常に詳細に把握している為、ヘルスケアプロバイダーがより多くの情報に基づいた意思決定を行うのに役立つことを共有しています。5 最先端のウェアラブルデバイスは、患者の血圧から酸素飽和度まですべてを監視できるようになり、医師は患者から遠く離れたところから最新の情報を入手することができます。

どのビジネス業界でも、パンデミックの期間と範囲に関する不確実性は、当然のことながら将来の計画を困難にします。ただし、この時間を賢く使用してモバイル戦略を計画する企業は、通常のビジネスオペレーションが復活すると、競争を上回る貴重な機会を生み出します。今こそモビリティとIoTソリューションに投資する時です。

———————————————————————————————————–

1.Harvard Business Review, Coronavirus Is a Wake-Up Call for Supply Chain Management
2.Keeper, Exclusive Research Report: 2019 Global State of Cybersecurity in Small and Medium-Sized Businesses
3.Statistics Canada, Canadian Perspectives Survey Series 1: Impacts of COVID-19 on job security and personal finances, 2020
4.Strategy, Coca-Cola hits pause on its brand marketing
5.HealthTech, Weighing the Pros and Cons of Wearable Health Technology