GalaxyS9発表

Samsungはスペイン時間2月25日にバルセロナで行われるMWC(Mobile World Congress)に先駆けて「Galaxy S9」,「Galaxy S9+」を発表しました。

デザイン面では昨年6月に発売となった「S8」を踏襲しているようですが機能面で様々なアップグレードが行われています。

・OS:Android 8.0(Oreo)

・ディスプレイパネル:
[Galaxy S9]5.8インチ有機EL「Infinity Display」,解像度1440×2960ドット,HDR表示対応
[Galaxy S9+]6.2インチ有機EL「Infinity Display」,解像度1440×2960ドット,HDR表示対応

・プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」もしくはSamsung製「Exynos 9810」
(※市場により異なる)メインメモリ容量:[Galaxy S9]4GB,[Galaxy S9+]6GB

・ストレージ:内蔵(容量64GB・128GB・256GB ※市場により異なる)+microSDXC
(最大容量400GB)

・アウトカメラ(メイン):有効画素数約1200万画素,F1.5アウトカメラ(サブ,
Galaxy S9+のみ搭載):有効画素数約1200万画素,
F2.4インカメラ:未公開

・バッテリー容量:[Galaxy S9]3000mAh,[Galaxy S9+]3500mAh対応

・LTEバンド:未公開対応

・3Gバンド:未公開

・待受時間:未公開

・連続通話時間:未公開

・無線LAN対応:IEEE 802.11ac

・Bluetooth対応:5.0

・USBポート:Type-C

・本体公称サイズ:
[Galaxy S9]68.7(W)×147.7(D)×8.5(H)mm,
[Galaxy S9+]73.8(W)×158.1(D)×8.5(H)mm

・本体公称重量:[Galaxy S9]約163g,[Galaxy S9+]約189g

・本体カラー:ミッドナイトブラック,コーラルブルー,ライラックパープル,チタ
ニウムグレー

この中でも特に目を引くのがプロセッサ部分とカメラ部分です。

GalaxyS8で使用されていたプロセッサであるsnapdragon835に比べるとCPU処理が3割、AI処理が3倍も高速化されるとのことです。
AI処理が3倍ともなるとほぼストレスなく使用できるのではないでしょうか。

また、カメラ機能ですが、画素数の面では今までとは変わりません。一つの特徴はF値1.5の明るいレンズと2.4の暗いレンズを使用しています。

通常はオートで切り替わりますがマニュアルモードで任意に変更することができます。この機能のおかげで、暗所ではより明るく、明所では明るすぎない写真を撮ることができます。
もう一点は960fpsの超スローモーション機能です。0.2秒を6秒の長さとして撮影ができ、撮影した動画をロック画面に使用することも可能です。

また、撮影時にもメモリを内蔵することにより12枚の画像を一つにまとめることでムラの少ない写真を撮影できるようになっています。
また、個人的に目を引いたのは「AR emoji」に対応している点です。これはインカメラで撮影した画像からアバターを作成し、メガネや髪型を付加することが可能です。
作成したアバターはアプリを問わずGIFアニメとしてメッセンジャーで使用できるとのことです。

発売時期や価格は未定ですが、説明を聞くだけでも使用者の好奇心を刺激する機能が多く実装されています。
未だにSamsung Galaxy NOTE7の発火事件が頭をちらつくSamsungですが、同時に公開されたDeXPadと合わせて今後の動向に注目です。

広がるMobiControlの世界

お久しぶりです。
しばらくサーバの移行作業や新規導入でばたばたしておりましたが、新機能含めたMobiControlの機能について久しぶりにご紹介いたします。

今回お話するのは大きく分けて3つ、「Zero-touch enrollment」「LinuxOS対応」「MacOS対応」となります。

国内メーカーではまだ対応のされていない「Zero-touch enrollment」ですが、MobiControlはすでにこちらの機能に対応を行っております。
実際に動作を見ると、AppleでいうDEP(Device Enrollment Program)のサービスに近く、ネットワークに繋げGoogleのアカウントを入れただけで初期設定が軽減できるサービスとなります。

※Zero-touch enrollment
 https://www.android.com/intl/ja_jp/enterprise/management/zero-touch/
※DEP
 http://mobicontrol.jp/blog/2015/11/02/192114/

OSの制限やメーカーの制限がまだあり、国内のMDMベンダーが対応できていないことから、まだまだ脚光を浴びておりませんが、今後より機能が充実していくことは間違いありません。

まだまだ情報も国内では少ないので、今後情報発信を努めたいと考えています。

またMobiControlではこれから2つの新しいOSに対応を進めていきます。それが「Linux」と「Mac」となります。

※Linux
 http://www.linuxfoundation.jp/projects/linux/

※Mac
 https://www.apple.com/jp/mac/

Linuxは20年以上にわたり、低コストのサーバー、コントローラ、デバイス、およびフィールドのエンドポイント製品として提供されており、ひろく企業で活用されています。
業務で活用される中、今までLinuxのモビリティ管理は独自のものが多く、ほとんどのLinuxデバイスは管理がされていませんでした。そこをMobiControlではサポートをスタートしました。

※MobiControlではサポートをスタート
 https://www.soti.net/solutions/multi-os-compatibility/linux-management/

実際に端末のリモートコントロールやアプリケーションの配信など、今までサポートしてきたOSに近く対応されております。
MobiControlでは今後のIoTのエンドポイントとしてLinuxにも力をいれていく方針です。

※IoTのエンドポイントとしてLinux
 https://www.trendmicro.com/jp/iot-security/special/10063

MacOSの対応は私たちも大変楽しみにしていた一つです。Linuxの対応後ということもあり、まだまだ日本では検証を行っている段階ですが、MacOSに対応したことでAppleユーザーをMobiControlではすべてサポートできるようになります。

※MacOSの対応
 https://www.soti.net/solutions/multi-os-compatibility/macos-management/

今までも日本での要望を多く受けていただけに、今後日本のお客様の期待に応えられることを嬉しく思っています。

これらのOSに対応できたことで、業務で利用されるOSをMobiControlではほぼすべて網羅できたのではないでしょうか。
これからは各OSの質をさらに高め、日本向けに発信していきたいと思います。

是非ご期待ください。