決済手段が拡がる

とうとう「Apple Pay」が日本でも始まりました。

applepay

Android端末では「おサイフケータイ」として認知されてきた端末での決済手段ですが、満を持して10月25日にAppleが投入してきました。

iPhoneでは従来からNFC(近接無線通信技術)のチップを搭載し、日本国外では早くから「Apple Pay」が実現していました。

日本で利用されている「おサイフケータイ」は「FeliCa」(という日本独自の技術)によるタッチ決済です。

つまり、NFCチップは載っているけど、FeliCaに対応していなかったので、日本ではiPhoneで「おサイフケータイ」の利用が出来なかった状況でした。

ところが、新しく発売されたiPhone 7/iPhone 7 Plusでは日本向けに「FeliCa」対応端末を登場させました。

日本以外では省かれている機能なので、日本市場を重要視している姿勢がうかがえます。

早速始まった「Apple Pay」ですが、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「Apple Watch Series 2」で「Suica」「iD」「QUICPay」として利用可能になります。

「iD」と「QUICPay」を利用するにはこれらに対応しているクレジットカードを「Wallet」に登録する必要があります。

電車の乗降時や店舗での支払いは「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「Apple Watch Series 2」のみの対応となりますが、アプリ内の支払いやウェブ上の決済では「iPhone 6」以降のiPhoneやiPhone 5以降とペアリングしたApple Watchで「Apple Pay」が利用できます。

ただ、「Apple Pay」の利便性は「タッチ決済」にあるかと思いますので、タッチ決済に拘る場合は「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」または「Apple Watch Series 2」を購入することになります。

「Suica」を利用する場合、おサイフケータイからの乗り換えでは「元に戻せない」とのこと、また取り込んだSuicaは利用不可になること、クレジットカード決済が条件となるサービス(モバイルSuica特急券/Suicaグリーン券/Suica定期券の購入)は利用できないので注意が必要です。

今後、利用できるクレジットカードやサービスが増るかと思いますが、今までフリップカバーにカードを忍ばせて利用していた場合には朗報です。

ところで、業務でiPhoneを利用している場合、運用面から端末機能を制限したい場合が多くあります。

MobiControl」ではリリースされた「iOS 10.1」と「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」にも対応し、『Apple Payを利用させたくない』という要望にも応えられる機能を持っています。

MobiControlでの『ApplePayの制限』については

support@pol-japan.co.jp

までお問い合わせ下さい。

まだまだ続きます

かつての勢いが失われつつある「BlackBerry」。

独自OSからAndroidへと変更し、活路を見出そうとしてきましたが、端末の開発を諦めたと記事にもしました。

BlackBerryといえば、物理キー搭載が特徴でしたが、Android端末第一弾では流石に物理キーを搭載した「Priv」を登場させました。

priv

2015年11月の話です。

今までの様に、常に露出したキーボードではなく、スライド式にしたため、逆に使いづらさが出てしまった様です。

第二弾は7月に登場しましたが、物理キーボードを削りました。

dtek50

「DTEK50」です。

「Priv」がハイエンド機だったのに対し、「DTEK50」はミドルレンジのスペックとなりました。

BlackBerryらしく「セキュリティーの高さ」が「売り」で、Privに比べ非常に安価で出てきたのですが、盛り上がりに欠けた端末になっている様です。

そして、第三弾。

dtek60

「DTEK60」です。

つい先日の10月26日にリリースされました。

OSはAndroid 6.0(Marshmallow)、Qualcomm Snapdragon 820(2.15GHz × 4と1.6GHz × 4の8コア)SOCと4GBのメモリーと32GBのストレージにmicroSDカードにも対応。

5.5インチ(2560pix × 1440pix)のディスプレイで、メインが2100万画素とフロントが800万画素のカメラを搭載。

ハイスペックで登場です。

「Priv」は日本で発売されましたが、「DTEK50」は未発売でした。

この「DTEK60」は「未定」とのことですが、どうでしょうか。

日本で発売されると、楽しそうなのですが・・・。

続いていますか?

7日6日にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドから提供された「Pokémon GO」ですが、日本では7月22日にリリースとなりました。

screenshot_20161024-192021

初公開から1ヶ月で全世界、約1億3000万ダウンロードとなり、ギネス記録にもなったこのゲーム、マナー問題も噴出し、一時的にせよ社会現象にもなっています。

さて、現在。

どうでしょうか。

MMD研究所は、インターネット調査にて15歳~69歳の男女2,190人を対象に2016年8月19日~26日の期間で「2016年8月ポケモンGOの利用実態調査」を実施しました。

この調査によると、プレイ経験のある率は全体の「37.7%」で、その内現在もプレイを続けている割合は「約64%」。

全体数では「24.2%」が現在も続けていることになります(2016年8月26日時点)。

プレイ経験者による「Pokémon GO」の評価平均は10点満点中の5.6点とあまり高くないのが印象的です。

また、プレイしなくなった理由(複数回答)の1位は「バッテリー持ちの悪さ」で「42.0%」、2位は「自宅でプレイしにくい」で「38.3%」、3位は「同じことの繰り返し」で「37.6%」。

1位は同意します。

本当に電池持ちが悪くなりますね。恐ろしくバッテリーが減ります。

2位、3位は「まぁ~、ねぇ~」って感じでしようか。

一方で、読売新聞は7月の利用者数1100万人から9月には761万人に減ったとしていますが、30歳代以降の年齢層で利用者が増加していると報じています。

確かに、それらしき事をしている様な人を見かけることが多くなってきた気がします(単に目につくだけかもしれませんが)。

「歩いて稼ぐ」の部分がハマっているのかもしれません。

ともかく、交通事故など起こさぬ様、安全に遊んでもらいたいものです。

日本でも登場?

現在のAndroid OSは「7.0」(Nougat)です。

このOSの特徴は
・6.0(Marshmallow)から搭載されたバッテリーセーブ機能の「Doze」がより進化し、ロック中でも機能する様に。
・画面分割によるマルチタスク機能を実装。
・スワイプ操作で呼び出せる「クイック設定」の自由度が増して、柔軟な配置が可能に。
・バックグラウンドでのデータ通信を制御する「Data Saver」を搭載。
・画面内の表示文字などを調整できるズーム機能を搭載。
など、着実に進化しています。

一方で、新OSは新しい端末か、高性能の端末に搭載、配信されるため、なかなか導入が進んでいかないこともあります。

世界的にみると、端末に高額支出できる環境にある地域、いる人は多くなく、低廉な金額で購入できる端末に人気が集まっています。

特に中国製の端末は様々なメーカーが出しているため、非常に安価に手に入ります。

ところが、意外(?)にも、ヨーロッパメーカーの端末でも安価なものがありました。

フランスのメーカー「Wiko」製のスマートフォン、「Sunset 2」です。

sunset

約60ユーロ(約6800円)で購入できるこの端末、対応ネットワークは「3G」と「GSM」なのでLTEは使えませんが、「電話をメイン」として考えれば、十分でしょう。

OSは安定している「4.4」(Kitkat)で、デュアルコア1.3GHzのCPUに、512MBのメモリーと4GBのストレージ、microSDカードにも対応しています。

4インチのディスプレイは480pix × 800pixの解像度で、メインカメラは200万画素と前面カメラは130万画素。

非常にシンプルな端末ですが、さすがのフランス端末、カラフルです。

ところで、この「Wiko」。

どうやら日本に進出しそうです。

wiko_01

上記格安端末以外にも色々なラインの端末を揃えているので、どんな端末が日本市場に投入されるのか。

新しい端末、非常に楽しみです。

Samsung 続報

前回の記事で、Samsung社の「Galaxy Note 7」が生産打ち切りのお知らせをしました。

リコール後の対策品でも不具合が発生したための措置でしたが、日本では販売されていないため、この件に関する影響はないかと思われていました。

topic

しかし、海外で購入することも想定されたので、Samsung社では「海外やオンラインで販売されたGalaxy Note7について」というトピックを告知しています。

この告知に基いて、連絡を取ると「返金プログラム」の適用が可能で、購入品を返却/返金することができます。

このプログラムではそれまで対象外だった地域などで購入した場合も適用される様なので、お持ちの方は問い合わせてみてはどうでしょうか。

また、海外ではこの件の影響が出ている様で、アメリカではSamsung製スマホの所有者に対するアンケートを行った結果、「40%」が今後購入しない、と回答したそうです。

なお、この内「54%」が長期ユーザー(3年以上利用)とのことで、ブランドの失墜と今後の売り上げに大きな影響がでそうです。

今後の動きに注意していきたいと思います。

とうとう

galaxy_note_7

「Note」とてして、チップセットには2.3GHzのクアッドコアと1.6GHzのクアッドコア構成のオクタコアでRAM容量は4GBでストレージ容量は64GB、microSDにも対応。

OSは「6.0.1」(Marshmallow)、5.7インチQHD(3840pix × 2160pix)のディスプレイ、メインカメラは1200万画素ですが、「F1.7」と非常に明るいレンズが搭載されています。

バッテリー容量も3500mAhあるので、スタミナも十分、8月2日にグローバルで発売という「Galaxy Note 7」でしたが、バッテリーに問題があり発熱から発火に至る不具合が発生しました。

当初の対象となる端末は約40万台でしたが、最終的には約250万台までになっており、35件で事象が発生したとされています。

この状況に航空会社では機内への持ち込みを禁止する措置も取っています。

開発元のSamsungでは出荷を停止するとともに品質テストを実施、対象端末を回収し、リコールを進めていましたが、対策を講じた端末でも同じ現象が発生しました。

この事態に「2度目のリコール実施」とも言われていましたが、断念した様です。

開発元のSamsungは今回の事態に至り、「Galaxy Note 7」の生産打ち切りを決定しました。

Androidの世界では、様々なメーカーが台頭し、Samsungのシェアが脅かされている中で、今回の決定はSamsungにとって非常にインパクトのある状況となっています。

また、iOS対Androidという構図でも、Appleに対しSamsungが対抗していたことを考えると、先行きが案ぜられます。

今では、色々なデバイス(ガジェット)に入っている「リチウムイオンバッテリー」ですが、結構デリケートにモノです。

スマホだけでなく、「ホバーボード」などでも発火する事件がありました。

身近に利用するものだけに、品質を確かなものにして、安全にしてもらいたいものです。

上向くか

幕張メッセ(千葉市美浜区)では10月4日から本日の10月7日まで、「つながる社会、共創する未来」をテーマにした展示会「CEATEC JAPAN 2016」が開催されました。

この展示会に、シャープ社も出展していました。

シャープ社は業績の悪化が数年続いたことにより、台湾/鴻海社の関係会社との連携を深めていましたが、とうとう鴻海精密工業社に買収されました。

今回のCEATEC出展は買収後初めてとなります。

ただ、スマホの販売は忘れていない様で、今回のCEATECではディスプレイを中心として、スマホの展示も行っていた模様。

台湾/鴻海精密工業社はApple製品の製造を長年続けている様に、技術力が高い企業です。

この企業に買収されたシャープは、相乗効果を発揮すべく、手始めに「AQUOS P1」を台湾市場に投入しました。

aquos_p1

OS6.0(Marshmallow)を搭載した、5.3インチのフルHD(1080pix × 1920pix)スマホ。

日本国内版のAQUOS ZETA SH-04Hなどと同一のモデルです。

また、鴻海製スマホをAQUOSブランドに付け替えた「SHARP AQUOS M1」も発売しています。

aquos_m1

この端末はOS6.0(Marshmallow)を搭載した、5.5インチのフルHD(1080pix × 1920pix)で、背面カメラと前面カメラが1300万画素と同じものになり、セルフィーでもメインカメラと同様な写真が撮れます。

MT6753 Cortex-A53 1.3GHzのチップセットに、3GBのメモリーと32GBのストレージ容量、microSDカードにも対応しています。

本日発売となった「Zenfone 3」のASUSや「HTC-10」というフラッグシップモデルがあるHTCなど端末メーカーが揃っている中で、シャープがどう復活を遂げるでしょうか。

気にしながら、様子を見ていきたいと思います。

Googleの新しい端末 2

Googleは日本時間の10月5日、「Made by Google」というタイトルで新製品発表会を開きました。

madw_by_google
Made by Google

家中どこでもWi-Fi環境を、のコンセプトとして「Google WiFi」が、様々な端末に対応したVRヘッドセットの「Daydream View」が、4KとHDRに対応した「Chromecast Ultra」などが明らかにされています。

そして、注目はGoogle謹製の新しいスマートフォン、「Pixel」です。

pixel

今までの「Nexusシリーズ」から脱却し、「Pixel」に生まれ変わったこの端末、Googleが拘った作りになっています。

発表された端末は2機種で、「5.0インチ(1920pix × 1080pix)」の「Pixel」と「5.2インチ(2560pix × 1440pix)」の「Pixel XL」です。

OSは最新の「7.1」(Nougat)で、チップセットはQualcommのSnapdragon 821とこれも最新で2機種とも共通。

メモリは共に「4GB」で、ストレージ容量は「32GB」「128GB」、microSDカードスロットの搭載は無い様です。

メインカメラは1230万画素、f/2.0 と明るいレンズで「4K」動画も撮影可能、前面カメラは800万画素でf/2.4のレンズ、フルHD動画撮影に対応しています。

LTEは「FDD LTE」が B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 26 / 28 / 32、「TDD LTE」が B 38 / 39 / 40 / 41とかなり幅広く対応しているので、何処へ持って行っても安心です。

接続端子はUSB Type-Cですが、特徴的なのが、iPhoneからの「乗り換え」を楽にしているところ。

AppleもAndroid端末からの乗り換えを楽にする仕組みを用意していますが、Googleも同じ発想で対抗してきました。

ただ、残念なお知らせが・・・。

現時点での日本発売は「未定」とのこと。

今までの「Nexusシリーズ」に比べ、随分とハイエンドな端末な「Pixel」ですが、日本での発売を心待ちにしたいです。

音楽はスマホで

定額制音楽配信サービスの「Spotify(スポティファイ)」が日本でのサービスを開始しました。

「Spotify」は2008年よりスマホ等を使用した音楽の定額配信サービスを開始し、現在は1億人にのぼるユーザーを有する業界最大手です。

日本では4000万曲以上が効き放題になる月額980円のサービスと、音楽再生中に広告が表示される無料版のサービスを展開しています。

日本の定額制音楽配信サービスといえば、Appleが提供する「Apple Music」、Googleが提供する「Google Play Music」、Amazonが提供する「Prime Music」、LINEが提供する「LINE MUSIC」等、既に競合が多数存在する状態です。

今年8月の調査では、メインで利用するサービスが「Prime Music」「LINE MUSIC」「Apple Music」という結果になっていますが、この3強に「Spotify」が割って入れるかが注目されています。

ちなみに定額制音楽配信サービスのメインユーザーは10代~30代の若い世代で、この世代の約3割が過去に利用した、もしくは現在利用しているとのこと。

40代以上はやや利用率が落ち込むため、全体としての利用経験者は25.6%です。

数字にすると利用者はまだまだ少ないように感じますが…2015年の世界音楽産業はCDを含む物理媒体の売り上げを、ダウンロードやストリーミングなどデジタルの収益が初めて上回っており、着々と市場は成長しているようです。

もはやCDではなく、ストリーミングで音楽を取り入れる時代に変わりつつあるのかもしれませんね。

Googleでより便利に

Gmail、Googleカレンダー、GoogleドライブなどGoogleは無料のサービスを提供していますが、これらの企業向けとなるサービスが「Google Apps for Work」です。

この「Google Apps for Work」が「G Suite」という名称へ変更となりました。

この変更に伴い、GoogleはG Suiteの紹介というブログを開設しています。

この中で「G Suite」は「Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダー、ハングアウトなどのインテリジェントなアプリケーション群の総称」で、「G Suite」があれば「情報はデバイス、アプリケーション、人々、チームの間を自由に飛び交い、素晴らしいアイデアが取り残されること」はないとしています。

また、この名称変更に合わせ、人工知能(AI)の技術をG Suiteに導入したことも発表されています。

企業向けとなるため、基本的に「有料」利用することになりますが、導入により、シームレスな業務も可能になります。

また、利用される「Google Account」ではAndroid端末の管理機能も充実し、「Android for Work」により、端末のプライベート利用と業務利用を分けることが可能になります。

つまり、個人の端末であっても「Android for Work」を利用すれば、「業務利用部分だけ」の管理ができます。

「MobiControl」はこの「Android for Work」にいち早く対応していますので、「G Suite」と「Android for Work」により、手軽で効率的な業務遂行と端末管理が実現します。

MobiControlで実行可能なAndroid for Work向け機能はMDMの基本的な機能にくわえ、
・カメラの禁止
・スクリーンキャプチャの禁止
・コピペの禁止
・アプリの強制配布
・アプリインストール制限
・SDカード利用制限
・USBデータ転送制限
・ブラウザ制御
・マルウェア対策
・ウェブフィルタリング
など

MobiControlでの「Android for Work」利用については

sales@pol-japan.co.jp

までお問い合わせ下さい。