期待と残念さ

近頃、お手軽なミドルレンジのコストパフォーマンスに優れたAndroid端末が増えてきて、選択肢が拡がっています。

満を持して、になるのでしょか、ASUS社が日本で新しい端末を発表しました。

zenfone3

「Zenfone 3」です。

5.2インチ(1920pix × 1080pix)のディスプレイはエッジも少なく、2.5D加工されています。

Snapdragon 625(2GHzのオクタコア)CPUとAdreno 506のチップセットを搭載し、メモリーは3GB、ストレージ容量は32GBですが、microSDカードスロットにより、2TBまで拡張が可能です。
(2TBのmicroSDカードって出ていましたっけ?)

メインカメラは1600万画素でレーザーAFを含む3つのオートフォーカスと光学式手ブレ補正により、素早いピントとブレのない綺麗な写真が撮れそうです。

フロントカメラは800万画素でF2.0と結構明るく撮れます。

特徴的なのが、幅広いバンド対応で日本の通信キャリアが提供している多くの周波数帯で利用できることと、DSDS(デュアルシム/デュアルスタンバイ)で、2つのSIMを同時利用、同時待ち受けに出来ます。

片方を「通話専用」、もう片方を「データ専用」としてSIMの使い分けが可能です。

非常に魅力的な端末で、これからの発売(10月7日)が楽しみです。

ところで、迷走しているのが「BlackBerry」。

かつては独自の「BlackBerry OS」に物理キーボードを搭載した端末を出していて、端末セキュリティも高いため、一定の人気がありました。

ところが、AndroidやiPhoneの飛躍的な伸びに対して遅れを取ってしまっていました。

物理キーボードを無くした、いわゆるスマートフォンらしい端末を出しましたが、物理キーボードを無くしたことが仇となったのか、ぱっとしませんでした。

起死回生とばかりに、自社OSをやめて、Android OSを搭載した端末を出しました。

ところが、この路線変更も上手く行かなかった様です。

とうとう端末の自社開発を諦めた様です。

スマートフォン自体の発売は続けていく様なので、完全撤退という訳ではありませんが、ちょっとした残念さを感じます。

ミドルレンジがいい感じ

国内でMVNO(仮想移動体通信事業者)が増えてきた事に伴い、端末も自由度が増した「SIMフリー機」が増えてきました。

今ではSIMフリー端末というと、海外からの製品がほとんどで、技適(技術基準適合証明、または認定)を通していないため、国内利用ができない状況でしたが、最近は技適を通したSIMフリー端末が多く出てきているので、国内利用でも活躍しています。

インナーの部品の性能も格段と上がっているため、ミドルレンジの端末でも十分な機能と性能を有しています。

中国/Huaweiは本日(9/28)、ミドルレンジのAndroid端末となる「honor 8」を発売しました。

honor_8

OSは「6.0」(Marshmallow)を搭載し、5.2インチ(1920pix × 1080pix)のディスプレイ。

チップセットはオクタコアのHisilicon Kirin 950(2.3GHz×4 + 1.8GHz×4)、RAMは4GBでストレージは32GB、Micro-SDスロットも搭載。

特質なのが、メインカメラで画素数は1200万画素ですが、ダブルレンズ(モノクロセンサーとカラーセンサー)により、F0.95~F16と幅広い絞りで表現力が大いに高まります。

インカメラは800万画素で「パーフェクトセルフィーモード」で綺麗な自撮りが可能に。

モトローラ・モビリティ・ジャパンは「Motorola」ブランドのAndroid端末、「Moto Z Play」の予約受付を開始し、10中旬から出荷を開始するとのこと。

moto_z_play

OSは「6.0.1」(Marshmallow)を搭載し、5.5インチ(1920pix × 1080pix)のディスプレイ。

チップセットはオクタコアのSnapdragon 625(2.0GHz)、RAMは3GBでストレージは32GB、Micro-SDスロットも搭載。

特徴的なのが、「Moto Mods」という別パーツを付けることにより、音響を良くしたり、プロジェクターを利用したり、より高性能なカメラモジュールで写真撮りを楽しんだり、と拡張性がある部分です。

取り付けはマグネットで簡単に行えるとのことなので、シーンにあった使い方がより便利に、より高機能に楽しめそうです。

ロボットが街に…

お掃除ロボット「ルンバ」が普及し、「Pepper」が接客をする時代になりました。

ハウステンボスが開業したロボットが接客する「変なホテル」は、客室稼働率が毎月100%近い高水準が続いています。

そんな大人気のロボットですが、10月からJR東日本と日立製作所が東京駅構内で、ロボットを使用した接客サービスの実験を行うと発表しました。

ここで使用されるのは対話型のヒューマノイドロボット「EMIEW3」で、訪日外国人との質疑応答をテストします。

emiew

 

 

 

 

 

 

 

「EMIEW3」は列車時刻の発着時間の案内や、外貨両替所やコインロッカー、トイレの位置だけでなく、東京駅周辺の観光名所も案内できるといいます。

日本語、英語、中国語に対応した音声案内の他、併設したディスプレイでも表示するので、問題解決までの時間も人に尋ねるより短縮されるでしょう。

労働人口が減少している日本では生産性を高めることが急務なので、ロボットや人工知能の活躍は今後一層期待されそうです。

アップデートはお済みですか

9月14日に「iOS 10」がリリースされ、「メッセージ」「Siri」「マップ」「写真」「ホーム」「Apple Music」「Apple News」「電話」とその他を含め数多くのアップデートがありました。

ところがこのiOS10、パスワード保護メカニズムが前バージョンより脆弱になっている模様。

これまでのバージョンでは、パスワードをiTunes経由でPCにバックアップする際に平文をハッシュ化して保管し、ハッシュ関数を数千回~1万回に亘って掛けていた(「PBKDF2」)そうですが、iOS10からは「SHA-256」というアルゴリズムを採用。

「SHA-256」ではハッシュ化処理が1回キリ。

ios10_security
Data by ELCOMSOFT

ちょっと古いIntel i5マシンでのパスワード抜き出し処理にかかる件数でも、iOS9では「2,400件」だったのに対して、iOS10では「6,000,000件」だったとのこと。

実に「2,500倍」の開きがあります。

それだけ、iOS10の脆弱性が高いということです。

なお、この件について、Apple社は「調査中」としており、セキュリティアップデートで対応する予定とのこと。

そんなiOSですが、「iOS 10.0.2」がリリースされました。

img_0003

・ベッドフォンのオーディオコントロールが一時的にうまく動かない問題に対処

・iCloudフォトライブラリをオンにしたとき”写真”が終了してしまう問題を修正

ということです。

脆弱性を埋めるために、こまめなアップデートを心掛けたいですが、アップデート版の情報をよく調べつつ、アップデートは注意して行って下さい。

意識を高めに

このブログではモバイルデバイスに関するセキュリティ情報を載せたりしていますが、モバイルデバイス以外にも深刻な状況が生まれている様です。

脅威として槍玉に上がっているのが「ランサムウェア」です。

このマルウェアは対象となる端末や機器に侵入するとデータを暗号化してしまいます。

そして、「手数料」(身代金)を払わないと暗号の解除を行わない旨の脅迫が付いてきます。

非常に質が悪いですね。

セキュリティ対策企業の「トレンドマイクロ」社はこの脅威に対する調査「企業におけるランサムウェア実態調査 2016」を実施し、公表しました。

調査結果によると、「ランサムウェアの被害の可能性」について、「34.8%」が「ない」と回答。

可能性の真っ向からの否定が1/3もあったことに驚きました。

次に「ランサムウェア対策」については「33.3%」が「導入している」との回答。

こちらは「対策済み」が1/3と、非常に疎かな状況が浮かび上がります。

また、実際に被害に合った場合に身代金を払った割合が「62.6%」あり、その金額も「300万円」以上の割合が「57.9%」と被害に合った場合に高額な支払いが発生していることが分かります。

この調査では「ランサムウェア」に対しての認識が低く、かつ対策の情報が浸透していない状況で、実際に被害にあった場合は相当な金額が必要となっていることが分かりました。

なお、英国でも同様な調査を行っていて、ランサムウェアに感染した場合に身代金を払うつもりがない、と回答した英国企業の割合は「74%」と高い結果に(ケチ?)。

ところが、実際に感染すると「65%」の企業が身代金を払っていた事実が明らかになりました。

更に、5社に1社は「身代金を払った」にもかかわらず、データを「復旧できない」状況にもある様です。

ランサムウェアへの対応、対策はすぐに始めましよう。

同時にバックアップも忘れずに。

Googleからも

先日開催のAppleスペシャルイベント、そして「iOS10」のリリース、iPhoneの発売とAppleの話題が続いていますが、Googleも何か狙っている様です。

「Android Wear」OS搭載デバイスとして、様々なスマートウォッチが出ていますが、中々拡がらない事を受け、Google自ら「Android Wear」搭載デバイスを出すかもと、記事にしたりもしました。

現在、リファレンスモデルのスマホとして「Nexus 5x」「Nexus 6P」を展開しているGoogleですが、後継の話しもチラホラ出てきました。

google_event

Googleは米国時間10月4日に「スペシャルイベント」の開催を予告しています。

このイベントにて新しいデバイスを発表する様です。

リーク情報によると、これまでの「Nexus」シリーズから脱却し、昨年末に登場した「Chromebook Pixel」や「Pixel C」の流れに沿って「Pixel」シリーズに置き換わる様です。

この「Pixel」シリーズは今までの「Nexus」シリーズとは違い、Google が設計・開発するというデバイス。

どんな端末として登場するのでしようか。

意図しているかどうか分かりませんが、「うっかり」CMにも映っちゃってる様です。

予想されている端末は5インチの「Pixel X」と5.5インチの「Pixel XL」の2機種。

そして、この2機種はiPhoneが押さえているハイエンド市場を崩すため、とも言われています。

ここに来て、「Pixel」シリーズの情報が上がってきていますが、10月に開催されるスペシャルイベントでは記事にしたスマートウォッチも登場するのでしょうか。

ともかく、もうしばらく先のイベントを楽しみに、少し待ちたいと思います。

気になる耐水性能は…

先日発売されたiPhone7ですが、待望の「耐水/防塵機能」が搭載されました。

発売日当日からその性能を確かめようと、独自に耐水テストを行っているユーザーも多いようです。

Appleの公式サイトでは

「iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。」

と、水濡れは保証対象外と明記していますので、あくまでも自己責任で耐水性を確かめることになります。

気になる耐水テストの結果ですが、いくつか記事を紹介します。

■11mに5分沈めてもiPhone7は動いた。(iPhone Mania)

■防水・防塵機能は問題なし。水滴が動くとタップ扱いになることが多い。(ASCII.jp)

■水中でもカメラ撮影可能(Gigazine)

どうやら防水機能は問題ないようです。

ただし石鹸水や海水はNGだそうなので、防水機能を過信せず注意して使用しましょう。

どうしても水中で使いたい!という方は、防水カバーをつけて使用するのもよいかもしれませんね。

Apple Pay日本上陸!

ついに明日iPhone7/7 Plusが発売されますが、この新端末に搭載される「Apple Pay」にも大きな注目が集まっています。

「Apple Pay」は普段現金やカードを使用して決済するところを、iPhoneだけで決済を完結させることができる便利なサービスです。

もはや財布が必要なくなりますね。

この支払方法は10月から国内利用が始まる見通しで、Apple Payマークの他、iD、QUICPay、Suicaのマークがある場所で利用できます。

交通機関や小売店だけでなく、アプリ内やWeb上でも利用が可能なので、財布がなくともiPhoneさえあれば外出しても困ることはなさそうです。

ちなみにApple Payで登録したクレジットカード番号は、アップル社と加盟店が共有することはなく、決済の詳細も保存されません。

またiPhoneのデバイスが紛失や盗難にあっても、Suicaの残高を回復できるので、セキュリティ面での心配は無用のようです。

「Apple Pay」の導入によって、今までモバイル決済を利用してこなかった層を一気に取り込み、財布を持たない時代へ突入していくのかもしれません…。

iOS10リリース

本日、Apple社は新しいiOSとして「iOS10」をリリースしました。

ios_10

アップデートの詳しい情報は

メッセージ
• 表現能力の向上
◦ “ラウド”、”ジェントル”、”スラム”、”見えないインク”の吹き出しエフェクトをつけてメッセージを送信できます。
◦ お祝いするときなどに、フルスクリーンのエフェクトをつけて送信できます。
◦ メッセージ、リンク、写真にTapbackで素早く返答できます。
◦ 手書きメッセージは、紙の上に書いているかのように見えます。
◦ Digital Touchメッセージは、スケッチや、タップや、ハートビートを送信できます。
◦ タップするだけで、文字を絵文字に置き換えられます
◦ リッチリンクを使って、共有したWebページのプレビューを表示します
• iMessage App
◦ iMessage用の新しいApp Store
◦ “メッセージ”内でAppを使って、友人と項目を共有や共同作業ができます。
◦ ステッカーをダウンロードして、吹き出しに貼ったり、写真を送ったりできます。

Siri
• Siriは以下の種類のAppで利用できます。
◦ テキストを送信、検索、読み上げるためのメッセージ用App
◦ 電話をかけるためのVoIP App
◦ イメージや写真を検索するための写真用App
◦ 配車を予約するための配車サービス用App
◦ 個人の支払いをするための支払い用App
◦ ワークアウトを開始、停止、一時休止するためのフィットネス用App
◦ 天気、ラジオ、座席、個人用の設定を調整するためのCarPlay自動車メーカー用App

マップ
• まったく新しいデザイン
◦ 過去の移動履歴や”カレンダー”の予約情報をもとに、これから行きそうな場所を予測して提案します。
◦ 新しいコールアウトデザイン、クラスタ化された検索、カテゴリーフィルタによる検索機能の改善。
◦ 自宅、勤務先、よく使う場所、”カレンダー”の次の予定の場所などが表示されます。
◦ CarPlayまたはBluetooth経由で、駐車した場所を表示します。
◦ 現在表示中のエリアの天気を表示します。
• 機能拡張
◦ 機能拡張で対応しているレストラン予約用Appを使用して、”マップ”内から席の予約ができます。
◦ 機能拡張で対応している配車サービスAppを使用して、”マップ”内から目的地までの配車の予約ができます。
• ターンバイターンのナビゲーションの改善
◦ 経路に沿って、ガソリンスタンド、レストラン、コーヒーショップなどが検索できます。
◦ 進行方向の表示を自動的に調整します。
◦ ナビゲーションの最中にマップを動かしたり縮小・拡大ができます。
◦ 通行料金と高速道路の利用を避けるオプションが追加されました。

写真
• 深層学習(ディープラーニング)を使ってデザインされた先進的な顔認識機能で自動的に似た顔を見つけグループ化します。
• 先進的なコンピュータビジョン機能でデバイス上のライブラリをスキャンし、物体や光景を認識し、写真に何が写っているかによってインテリジェントに検索します。
• 地図上ですべての写真、ビデオ、Live Photosが見られる”撮影地”アルバム機能
• メモリー
◦ 忘れてしまったイベント、旅行、人々などをインテリジェントにハイライトし、美しいデザインのコレクションにまとめて表示します。
◦ 自動的にテーマ音楽、タイトル、映画のようなトランジション効果を付けて編集されるメモリームービー機能。
◦ 場所、時間、人、シーン、物体などに基づいて、関連したメモリーをコレクションに表示し、より多くの写真を再発見しやすくしています。
◦ 友人や家族とも簡単に共有できます。
• ブリリアンスの調整は、明るさ、ハイライト、コントラストに写真の全体ではなく部分的に適用されます。

ホーム
• HomeKit対応のアクセサリを安全に管理、コントロールするための新しいAppです。
• タップするだけで一連のアクセサリをコントロールできるシーン機能
• アクセサリを素早くコントロールできるリッチな通知機能
• オプションとして、家族や友人とホームのアクセスを共有できる機能
• Apple TVやiPadを使用した、アクセサリへのリモートアクセスとオートメーションの機能

Apple Music
• まったく新しいデザインに変わり、より明確に、より簡単に、いろいろな角度からお好きな曲をお楽しみいただけます。
• ライブラリをナビゲートするメニューが改善され、オフライン中でもデバイス上で再生できる”ダウンロード済み”の項目をすべて見ることができます。
• “For You”には、ラブ済みのミュージックやアーティストに基づいて、ミックス、プレイリスト、アルバム、Connectの投稿などがお勧めとして紹介されます。
• “見つける”では、Appleのエディタによって週ごとにピックアップされた、ほかでは入手できないようなリリースや、curatorによるプレイリストや、最も重要なリリースが簡単に見つけられます。
• “Radio”を聴くのもより簡単になり、Beats 1で現在放送中の内容がすぐ確認できたり、お気に入りの番組をオンデマンドで聴いたり、すべてのジャンルでcuratorによるステーションを選んだりしやすくなりました。
• ミュージックの再生をする”再生中”の機能も改善され、歌詞を見るには上にスワイプ、ほかにも次に再生される曲を見たり編集したりできます。

Apple News
• まったく新しいデザインの”For You”は、太めのタイポグラフィーと鮮やかな色、そしてはっきりと分かれたセクションにより、特定のトピックの記事を見つけやすくなりました。
• その日の最も重要な記事は”Top Stories”に含められ、1日を通して編集者たちにより更新されます。
• 最も人気のある記事は”Trending Stories”に含められ、ほかの人たちが何を読んでいるかに基づいて選択されます。
• 記事はすべて、フォローしているまたは読んでいるトピックのセクションに読みやすい形でグループ化されます。
• 編集者たちによって選択された、”Featured Stories”で、その週で最高に面白い記事を見つけることができます。
• 記事の共有も簡単になり、記事のアイコンをタップするだけで”For You”から直接友人に送信できます。
• 信頼の置ける提供元からのニュース速報の通知を受け取れます。
• Newsから直接お好きな雑誌や新聞を購読登録できます。
• “今日”の新しいウィジェットで、1日を通して最新の記事を見ることができます。

エクスペリエンス
• “手前に傾けてスリープ解除”は、iPhoneを持ち上げて手前に傾けると画面のスリープを自動的に解除します。
• リッチな通知機能は、リアルタイムの情報、オーディオ、写真、ビデオをサポートします。
• “今日”の表示が新しいデザインになり、”天気”、”次の予定”、”マップ”、”株価”などたくさんの新しいウィジェットをサポートします。
• “コントロールセンター”は新しいデザインになりコントロール項目にアクセスしやすくなり、ミュージック再生と”ホーム”を含め、それぞれ別々のカードになりました。
• 3D Touchの利用を拡大
◦ ロック画面の通知は、表示を増やすことが可能になり、クイックアクションにアクセスできます。
◦ “天気”、”株価”、”リマインダー”、”ヘルスケア”、”ホーム”、FaceTime、iCloud Drive、”設定”などの内蔵App用の新しいクイックアクション。
◦ ホーム画面のウィジェット
◦ コントロールセンターからフラッシュライト、タイマー、計算機、カメラ用のクイックアクション項目にアクセス可能
◦ 通知センターですべて削除が可能

QuickType
• 新しい絵文字を追加。また既存の絵文字にも性別や家族の多様性、レインボーフラッグを加え、よく使われる絵文字は美しく再デザインしました。
• ニューラルネットワークの技術を使用して、現在地、最近使用した住所、連絡先の情報、カレンダーの予約状況などについて文脈に応じた予測を行います。
• 絵文字の予測変換
• 深層学習(ディープラーニング)の技術を利用して、”メール”と”メッセージ”の会話からインテリジェントにカレンダーのイベントを検出します。
• 複数言語キーボードは、キーボードを切り替えずに複数の言語をタイプすることを可能にします。
• iPadのレスト&タイプ機能は、インテリジェントにあなたのタイピングのパターンに適応します。
• 予測タイピングは、ニューラルネットワークの技術を使用して、予測精度を改善しています。

電話
• 留守番電話の発音表記(ベータ)
• 迷惑電話識別Appによる迷惑電話のアラート機能
• 割込通話、消音、お休みモードのサポートを含めた、ロック画面上で他社製のVoIP Appによる通話受信のサポート

その他の機能改善
• SafariでのApple Payの使用
• iPad上のSafariで、Split Viewを使用して2つのページを同時に表示
• 複数の人に参加を依頼してメモを共有して作業する機能
• “メッセージ”、”写真”と”メモ”に保存されたPDFでのマークアップのサポート
• “時計”の”ベッドタイム”アラームを使うと、規則的な睡眠スケジュールの設定と就寝時刻のリマインダーが受け取れます。
• “ヘルスケア”にはヘルスケアレコードと臓器提供のサポートが追加されました[米国のみ]
• Live Photosに手ぶれ補正サポートが追加され、写真撮影が改善されました。
• Live Photos撮影時におけるライブフィルタのサポート。
• iCloud DriveにmacOSのデスクトップと書類フォルダのサポートが追加されました。
• 中国語と日本語による、Spotlightでのライブ検索結果
• スペイン語(チリ)、中国語(広東語-中国)、英語(アイルランド)、英語(南アフリカ)でのSiriのサポート
• Ling WaiとKaiti Blackの文書用フォントの追加(中国語)
• 游教科書体フォントと凸版文久体フォントの追加(日本語)
• 繁体字中国語とデンマーク語用の新しい辞書と、オランダ語とイタリア語の二言語辞典
• スペイン語(ラテンアメリカ)用のキーボード

アクセシビリティ
• “拡大鏡”はiPhoneまたはiPadのカメラを使って実物をデジタル的に拡大して表示します。
• ディスプレイカラーフィルターに新しいレンジが追加され、異なる種類の色覚異常やその他の視覚に関する問題をサポート。
• VoiceOverに、単語の発音の仕方を変える発音エディタ、新たな声、複数の音源のサポートが追加されました。
• “画面の読み上げ”と”選択項目の読み上げ”に新たなテキストハイライトのオプション。それに加え、キーボードの文字を読み上げる機能と、複数モデル学習をサポートする予測タイピング候補
• スイッチコントロールで、iOS、macOS、tvOSをすべて同じiPhoneまたはiPadからコントロール可能になり、2つ目のデバイス用にスイッチを設定する必要がなくなりました。
• 従来のハードウェアのテレタイプアクセサリを必要とせずに、ソフトウェアTTYだけでTTY通話の発信・着信が可能になりました。

一部の機能は、デバイスや国や地域によっては利用できないことがあります。

と非常に多岐にわたっています。

ところが、一部の端末でアップデートに失敗する事例が出ており、アップデートや復元ができなくなる恐れがありました。

ios_recovery

Apple社では復旧方法も提示していて、併せて修正版を「iOS 10.0.1」としてリリースしています。

いつもの様にOSのバージョンアップは様々な情報を収集した上で、慎重に行った方が宜しい様です。

日本だけとなるか

先日のスペシャルイベントで発表された「iPhone7/iPhone 7 Plus」ですが、日本では9月9日に予約受付けが始まって、9月16日の発売になっています。

熱を持って迎え入れているのは「日本だけ」なのでしょうか。

ロイターでは中国での状況を、去年に比べ新しいiPhoneは予想されたものとなり、大きな歓声はなかった、としています。

日経ビジネスオンラインでは新しい製品を創造していく「プロダクト・アウト」から消費者のニーズを取り入れる「マーケット・イン」にアップルが移行しつつあり、「大衆迎合」に走っていることにより、魅力が薄れるのではないか、と見ています。

ニューヨークタイムスでは新しいiPhoneのデザインが去年と代わり映えしていないことから、来年の「10周年」に「変化を温存」しているのではないか、とも見ています。

NHKでは調査会社の結果として、4月-6月の販売台数がアメリカで「14.5%」の減少、中国で「31.7%」の減少と、世界規模では落ち込みが激しいと報じていますが、一方の日本では同じ時期に10%以上シェアを伸ばし、「43%」を獲得するなど、世界とは違う日本の動きを紹介しています。

アップル製品に対しては数多くの国内部品メーカーが携わっているので、iPhoneの販売動向も気になるところでしょうが、他社の製品にも多く供給していることから、全体を俯瞰すると、タブレットを含めたスマホ「全量」の行方の方が気になるかもしれません。

何れにせよ、9月16日の販売開始から注目し、動向を確かめていきたいと思います。