フィットネス用品販売業におけるPOSシステムの導入事例

売上管理の効率化、顧客管理の充実、在庫の精度アップに導入効果抜群

株式会社THINKフィットネス

今回のシステムで採用した自動認識機器

POSシステム 本体:iPad(アップル製)
バーコードスキャナー:CM500W3-IP(アイメックス製)

レシートプリンタ:Priflex(ヒット製)
LAN対応キャッシュドロア:DWM48LMN(テクノべインズ製)

課題

  • 店舗の売上・会計処理に時間がかかり、顧客を待たせることが多い
  • 顧客管理(CRM)が不十分なため、リピーターへの販売機会を逃している
  • 店舗の事務処理が煩雑で、非効率で事務品質が低い

参考データ

商品数:約6万点

導入効果

  • 店舗はPOSでの売上登録やハンディによる入出荷登録と同時に在庫が更新されるため入力業務の省力化、売上データ等の精度がアップした
  • POSで顧客検索、売上登録、レシート発行、クレジット決済等の支払業務が一貫してできるため、顧客の待ち時間が大幅に短縮した
  • POSで顧客と売上商品の紐付けが可能になったため、顧客分析の結果などからの販促活動が可能となり、リピート客の増加に結び付きつつある
  • 閉店後の現金精算処理や営業日報の作成が容易となり、事務作業が大幅に軽減された

導入の背景

作業効率化、在庫情報の精度向上、管理事務作業の省力化、在庫削減が経営課題

㈱THINKフィットネスは1986年に創業し、フィットネスクラブ展開とフィットネス用品の販売を手掛ける成長著しい企業です。1995年に米GOLD'S GYM FRANCHISING(GGF)社とフランチャイズ契約を締結して以降、現在は全国に35のジム(フィットネス商品販売も行う)とフィットネス用品販売8店舗を展開しています。事業拡大の中で、特に店舗管理分野をはじめとした作業の効率化、顧客情報の管理、管理事務作業の省力化、売上向上が喫緊の改善を要する経営課題でした。

導入の決め手

低価格・省スペース・顧客管理・リモートによるメンテナンス

店舗では奉行と直接連携ができる低価格、省スペースのPOSシステム「iPOS」で売上処理と同時に出庫処理ができ、しかも顧客管理も可能です。導入後のシステム保守にはMDM機能(MobiControl)が提供されているので全国の拠点端末に対してリモートによるメンテナンスが可能です。以上、「iPOS」は求める要求仕様をほぼ、満たしていることが導入の決め手となりました。
さらに具体的な決め手となった業務での2つの有効性

商品販売店舗業務


店舗における商品在庫管理業務の省力化と在庫精度向上が実現し、売上管理や顧客管理にも効果が波及


倉庫からの転送(振替)依頼は店舗がハンディ入力による奉行の受注伝票(社内依頼伝票に流用)で行い、転送品が店舗に入荷したら振替入庫入力で入荷検品すると同時に倉庫の振替在庫から店舗倉庫に倉庫間振替されます。店舗から客先への直送を倉庫に依頼する場合は店舗がハンディ入力により奉行の受注伝票を作成し、倉庫でのハンディによる出荷入力と同時に店舗の奉行売上伝票が生成されます。店舗が受注した商品の入荷処理は発注伝票に基づいた入荷予定表でハンディによる入荷検品を行うと同時に仕入伝票が生成されます。一方、POSシステムは無線LANに接続されたIPadにカードリーダ付携帯プリンタとバーコードスキャナーをBluetooth接続し、さらにキャッシュドロアはLANに接続されているため、場所を選ばないコードレスPOSシステムである弊社製「iPOS」を利用しています。「iPOS」は「在庫リアライザー」と「蔵商奉行」に直接連携しているため、売上を上げると同時に店舗在庫から出庫され、奉行の「売上伝票」が生成されます。一方、「iPOS」のバックオフィスには顧客管理機能が用意されているため、顧客と紐付いたポイント管理や購買履歴が掴め、各種顧客分析情報から販促メール発信などが可能で、来店客数の増加に役立っています。閉店後の事務作業は現金精算処理についてはPOSの導入で、営業日報作成には必要な集計データが出力されるため、大幅に軽減されました。以上、店舗では「在庫リアライザー」と「iPOS」が導入されたことにより、在庫管理業務や営業管理事務の省力化、作業品質の向上、在庫の削減、リポート顧客の増加等の改善が一気に図れました。

システム保守


システム稼働後のダウンが許されない店舗内のフロント業務に対し、MDM利用で安心サポート


本システムは80台を超えるハンディターミナル(WindowsCE)、50台を超えるPC(Windows7)、5台のPOS(iPad)とサーバー(WindowsServer2012)が北は仙台から西は博多までの全国の店舗、倉庫とデータセンターで稼働しています。特にPOSは接客を伴うため、システムダウンは許されないシステムであります。また、店舗でのハンディの発注や入出庫業務もリアルタイム処理を前提にしていますのでシステムトラブルを極力、避ける必要があります。今回の「在庫リアライザー&iPOS」システムの導入に当たってはシステムの保守の工数削減と迅速なトラブル対応が重要な課題となっていました。これに対するソリューションとして弊社が日本総販売代理店として販売しているカナダSOTI社製のMDMである「MobiControl」を採用しました。MobiContarolはマルチOS対応であり、今回導入した機器(OS)全てを集中管理できますので、リモートでのアプリケーションの更新やトラブル対応、ヘルプディスク等が可能です。実際に今回のケースではPOSの設置店に初期導入時の訪問をした以外は全てリモートで対処しており、保守工数を最小限に抑える効果と迅速なトラブル対応に十分な効果を発揮しています。
TO TOP

contact

お問合せフォーム お問合せフォーム

受付時間:平日10:00〜18:00(日・祝日・弊社指定休業日は除く)