Windows 10 最大35日の更新延長が可能に

 


Windows Update方式が「May 2019 Update」より変更されるそうです。

下記の新機能と特徴が追加となります。

・「Download and install now」
このオプションを設定することで、機能更新プログラムのインストールを開始するタイミングを管理可能です。
この機能により、いわゆる「セキュリティアップデート」と「大型アップデート(機能アップデート)」の分離が実現されます。
これまで通りWindows Updateを通じてセキュリティアップデートを実行できる一方、
大型アップデートについては「サポート終了期限が近付いたタイミングで“Download and install”の項目が出現し、個別にアップデート対応が可能」となるようです。

・更新を最大35日間延長する機能 
Windows 10の全てのエディションで、機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方について、インストールを最大35日間(1回につき最大7日間、最大5回)、一時的に停止できるようになります。一時停止期間が上限の35日間に達すると、ユーザーは再び一時停止する前に、デバイスを更新する必要があります。

・テスト期間の拡大と問題の早期発見
アップデート完成後「Release Preview」での長期テストの後に配信を開始し、
配信にあたっては機械学習(Machine Learning)を活用したフィードバック体制が活用されます。
この仕組みは「October 2018 Update」のファイル消失問題の反省を取り入れた対策と言えます。

・使用パターンに基づいたアクティブ時間の設定
Windows 10 Anniversary Updateで導入されたアクティブ時間機能は、手動で構成された時間範囲での更新プログラムの自動インストールと再起動を回避できます。
多くのユーザーは、アクティブ時間の設定を午前8時から午後5時のデフォルトのままにしていますが、
新しい方式では、ユーザーのデバイス固有の使用パターンに基づいたアクティブ時間の調整が可能となります。

 

上記の変更により、作業中に勝手に更新がかかってしまう事による作業の中断を回避できるようになりますね。

以上、今回はWindows Updateの方式変更についてご紹介させていただきました。

<MobiControlのご紹介>
弊社で扱っているMDMツール「MobiControl」はマルチOS対応で、Windows10にも対応しております。
例えば、
・PCのリモート操作
・アプリの自動インストール
・正常性構成証明書の取得
・WIP(情報保護) 、Windows Defenderに関する監視
などの機能がございます。
端末の管理やサポートに役立つ製品ですので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

新しいGoogleマップについて

 

今後数週間以内に、新しいGoogleマップが日本に導入されるそうです!

新しいGoogleマップでは、現在のような「次を右折」といった表現ではなく、
「コンビニで右折」のように、ランドマークを目印とするナビゲーションが提供され、
さらに、今後数ヶ月の間には、より便利な乗換案内やダウンロード可能なオフラインマップなどの機能も加わるとの事。

また、これまでより簡単にユーザーがフィードバックを送ることができるようになり、
フィードバックによるデータの更新や修正がいち早くマップに反映されるそうです。

それによって今後、Googleマップの精度はより高まり、ユーザにとっても利用しやすいものとなっていきますね。

 

これだけのサービスが無料で利用できるとなると、
わざわざカーナビを購入しなくてもGoogleマップをインストールした
タブレットで十分と考える人が増えるのではないでしょうか。

実際、運送業やタクシー業界などにおいて ドライバー用の端末に、
マップや電話など、業務に利用するアプリケーションを入れて利用している企業様もいらっしゃいます。

 

そうした運用をする際に、弊社の扱う【MobiControl】で端末を適切に資産管理することが可能です!

業務に関係の無い[アプリの制限]、端末の紛失時に有効な端末の[位置情報把握][ウィルス対策]
複数台の[アプリケーション配信]、不具合時にサポートを容易にする[リモートコントロール]など多くの機能が備わっています。

その他にも、通常のホーム画面ではなく専用のメニューを適用し、運転中は画面表示を制限してわき見を防止するなど様々な運用が可能です。

世界ではビジネスで使用されるスマートフォンの半数以上がAndroidOSです。
そんな中、企業がAndroidデバイスをより適切に管理および保護するのを支援するために、
Googleはデバイス管理のためのソリューションを検証するAndroid Enterprise Recommendedプログラムを開始しました。

そして、なんと【MobiControl】は2019年1月14日、Android Enterprise Recommendedプログラムの
検証済みソリューションとして、正式に発表されました!

SOTI MobiControlのAndroid管理機能の詳細については、https://soti.net/solutions/android-managementをご覧ください。

様々なアプリケーションが端末で無料で利用できる環境において
不必要なアプリを制限したり、デバイス管理について考えることはとても重要です。

ぜひ興味がある方は下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Windows7のサポート終了について


Windows 7」(および「Windows Server 2008 R2/2008」)の延長サポートは約一年後、2020年1月14日に終了します。

しかし、今月時点で国内で使用されているWindows 7は法人・個人の合計で約2700万台に上り、MSが提供する国内OSの半数近いそうです。現状ではサービス終了時でも約1750万5000台が残ると予測されています。
特に中小企業は保守サービス終了の認知度が6割にとどまり、対応が遅れているようです。

それでは、「EOS(End of Support)」となったWindows 7を使い続けることで、どのようなデメリットが考えられるでしょうか。

まず、延長サポート期間が終了すると、脆弱性が発見されても修正プログラムが提供されなくなってしまいます。

そのため、脆弱性を利用したウィルスやランサムウェアの標的となりやすくなってしまいます。
また、障害発生時にMicrosoftによる根本的な対処が施されません。
最新のソフトウェアやハードウェアが対応しなくなる事もデメリットです。

そのようなデメリットを回避するために、Windows 10への移行を早めに行っておく事が推奨されます。

Windows 10では、セキュリティ対策として、Windows Defenderが標準搭載されているので、それだけでもセキュリティ面のメリットがあると言えるのではないでしょうか。

またMSによって、「Windows as a Service(WaaS)」の考え方に基づき、3月と9月を主とした年二回の大規模アップデートが提供されます。
そして、それぞれのアップデートに対して18ヶ月間のサポートが受けられます。
つまり、定期的にアップデートを行なっておけば、Windows 7のようにサポートが切れてしまうということがありません。

Windows 10への移行手段としては、Windows 10が搭載されたPCの購入、オンライン版、パッケージ版、もしくはDSP版によるアップデート・インストールが挙げられます。
中でも、PC用のパーツに対してライセンスされるDSP版が若干安くておすすめです。
ただし、DSP版を購入する際は、32bit版と64bit版で個別に販売されているので注意しなければなりません。

弊社で販売しているMDM製品MobiControlはマルチOS対応であり、Windows 10のセキュリティ設定をリモートで行い、監視する事が出来ます。
移行した上で併せてMobiControlをお使いいただければ、より効率的でセキュアな管理を実現できます。

サポート終了後の2020年は、東京オリンピックが開催される年であり、更なるセキュリティリスクの増大が予測されます。
少しでもセキュリティリスクを低減して被害を最小限に留めましょう。

これからのプログラミング教育

NTTDOCOMOは12月5日に教育用プログラミングロボット「embot」を活用した
研修プログラムを世田谷区の小学校でスタートしました。

embotは子供向けプログラミング教育サービスです。
このサービスでは、まず子どもにロボットをつくってもらいます。
これだけでも十分に面白そうですが、さらにスマートフォンやタブレットで
プログラミングした通りに動かすこともできます。

基本的には直感的なビジュアルプログラミングですが、テキストコーディングも可能
です。
また、難しいプログラミングを組むと「レベル」が上がるので、
子どもの向上心も刺激することができます。

今後の教育現場の課題として、文部科学省はプログラミングの必修化があげられてい
ます。
2020年度からは小学校でプログラミング教育が必修化されることが明示されていますが、
これは「プログラミング」という科目が追加されるわけではなく、
既存の教科の中に組み込んで学ぶものです。
つまり、「プログラミング言語」を学ぶものではありません。

そのためには「embot」のような「面白い」サービスは子どもたちに興味を持たせるためには
とても意義のあるものだと思います。

情報化社会となった現代では遅すぎるくらいかもしれませんが、自分の学生時代と
比べると内容も質も格段に変化していると感じます。

任天堂の「Nintendo Labo」や「Mineclaft」など、色々なプログラミングのおもちゃが
出てきています。

知識の底上げにともない、20年後の世界では現代のITリテラシーが
全く通用しなくなっている可能性が高いです。

そのためにも我々は常に最新技術にアンテナを張り、頭の中をアップデートし続けな
ければ、あっという間に時流に取り残されていくでしょう。

球体型AIロボット「CIMON」

みなさん、球体型ロボットCIMON(サイモン)をご存知でしょうか。

CIMONとは、独航空宇宙センターが仏Airbusおよび米IBMと共同開発した球形ロボットです。
Airbus製の本体に、IBMのWatson採用の頭脳を搭載(厳密には地上ベースのWatsonと衛星接続で通信)しております。

2018年6月29日、米宇宙企業SpaceXは「Falcon 9」ロケットの打ち上げを成功させました。
国際宇宙ステーションへの15回目になる物資輸送が目的だそうです。

そして、なんとCIMONはそのロケットに
新たな“サイバー乗組員”として搭乗しているのです。

ではそもそも、CIMONは一体なんのために開発されたのでしょうか。

CIMONの開発の目的、
それは「火星への使命を含む、より長い任務期間に乗組員の効率と士気を向上させること」です。

CIMONは、内蔵する12の送風機を使って自由に移動します。
頷くことや顔を横に振ることももできます。
例えばマニュアルを表示することもできるので、
宇宙飛行士は操作中にページをめくらずにマニュアルを参照することが可能なのです。

そしてなによりも、CIMONは音楽好きです。
2018/11/30に公開されたビデオでは、CIMONが、実験を通して宇宙飛行士とやり取りする様子を見ることが出来ます。
そこで、CIMONは「音楽を止めてくれ」というリクエストを無視して、音楽をかけ続けます。
なんと自己中心的なAIでしょうか。

独航空宇宙センターは、将来的にはCIMONの後継機を医療、介護、教育などの分野で利用を考えているそうです。
例えば、医療の現場では、医師が電子カルテを確認する際などにCIMONに話しかけて確認したり、
教育の現場では子供たちがCIMONに勉強を教えてもらうといったことまで考えられます。

もしくは、そうした個別の現場に限らず一人の人間に対して専用のAIロボットが存在する未来もあり得ます。
AIがもたらす可能性について考えるだけでもワクワクしてきますね。

弊社でも、AIチャットボット「amie」の開発をはじめとして、AIに関する取り組みを行ってまいりますので、
ぜひご注目ください。

次世代型通信回線

少し前から5Gの回線が話題になっています。
ソフトバンクとリコーは8日に5Gにて360度映像のリアルタイム伝送と
YouTubeサーバへの同時配信実験に成功したと発表しました。
そもそも「5G」とは何でしょうか?
4G」とは何が違うのでしょうか?

まず、「4G(第4世代移動通信システム)」が2012年にジュネーブのITUの会議で承認さ
れたことが始まりです。
それまではいわゆる3Gが一般的でしたが、このときから徐々に普及されていきまし
た。
ちなみに携帯回線でよく聞く「LTE」は「4G」の一種です。

3Gも4Gも同じデジタル方式であることは変わりません。
ただし、大きく異なる点として通信速度が挙げられます。

3Gが数Mbps~14Mbpsであるのに対し、4Gは75Mbps~100Mbpと5倍以上も違います。

その上で今回の5Gなのですが、こちらは4Gに比べ体感速度が100倍早くなると言われ
ています。
主な変更点として超高速・大容量通信、超低遅延、同時接続数の増加の三つが挙げら
れます。
1.超高速・大容量通信
単純な速度ですが、5Gでは最大10~20gbpsとなります。

2.超低遅延
4Gでは10~数十ミリ秒の遅延がありましたが、5Gの遅延時間は1ミリ秒以下となりま
す。

3.同時接続数の増加
5Gでは基地局あたりのアンテナを従来の20~30倍に増やすことによって、同時接続数
を増やし、つながりにくさを軽減します。

2020年には東京オリンピックが控えていますが、通信量は現在の1000倍になると言わ
れています。
その中でこの5G回線をどこまで活かしていけるが非常に重要になります。

5Gの導入も2020年と言われていますが、果たして間に合うのだろうかと心配な面もあ
ります。
とはいえ次世代のIT業界の基盤になりますので引き続き目が離せません。

「Google Pixel 3/ 3 XL」発売

11月1日、Androidスマートフォン「Google Pixel 3/ 3 XL」が発売されました。
ソフトバンク銀座で行われた発売セレモニーでは、DA PUMPペッパー君が「U.S.A.」を披露し、
会場を盛り上げました。

Pixel」とは一体どのような特徴を持つ端末なのでしょう。

Pixel担当シニアディレクター、ナンダ・ラマチャンドラン氏によれば、
AIとハードウェア、ソフトウェアの3つを掛け合わせて特徴を出したのがPixelだそうです。

例えば、クラウド側のAIと連携した機能として、
カメラ起動時にディスプレイを長押しすると、Googleレンズが起動し、
リアルタイムで映し出した言語を翻訳したり、名前を調べたりできます。

カメラ以外では、BGMの名前をロック中の画面に表示することも可能だそうです。
その他にも、膨大なデータで鍛えたAIを武器に、単眼でも高度な奥行き推定で背景をぼかすポートレートモード、
望遠レンズに肉薄する超解像ズーム、さらに夜間撮影モード Night Sightなどの機能も注目です。
Night Sightを使えば、極端に暗い場所で、フラッシュを使わなくても、不自然に明るくない写真が撮れます。
「AI手ぶれ補正」とスローシャッターでより多くの光を集め、機械学習エンジンで明るい時の色を「復元」することで
実現しているとのことです。

また、Pixelには、最新OS「Android 9 Pie」が搭載されています。
Android 9 Pieの新ユーザーインターフェースや、
今後提供される予定のアプリ利用の監視機能「Digital Wellbeing」のベータ版をいち早く利用できます。

Googleのサービスをいち早く利用したい、また、AIと連携した機能を試してみたい人には、
魅力的な端末なのではないでしょうか。

iPhoneXR発売

Appleは10月19日にiPhoneXRの予約をスタートし、26日に発売する予定です。
  

Appleは毎年最新モデルを発表しており、昨年もiPhoneXを発表することで大きな話題
となっていました。
今年もiPhoneXSとXS MAXを発表しているので今回で三回目となります。

デザインについてはiPhoneXに続いてホームボタンのないフルディスプレイになって
います。
慣れていないと使いにくいかと思いますが、それを置いておいても画面が大きくなる
のは魅力的です。

プロセッサーについては前回のA11からアップグレードしたA12です。
性能コアが最大15%高速化し、グラフィックス性能が最大50%高速化するとのことで
す。
また、A11に比べると電池消費量が50%削減されており、より使いやすくなっていま
す。
googleの発表したpixelでも取り上げられていたAI機能がiPhoneでも強化されていま
す。


まずはfaceIDです。
これはいわゆる顔認証です。
iPhoneXでも搭載されていた機能ですが、より精度が増しており、サングラス越しで
も判別ができるとのことです。
iPhoneXRは6色のカラーバリエーションがあります。

まだiPhoneと言えば白もしくは黒というイメージが強いですが、これからはブルーや
イエローを利用するユーザーも増えてくることでしょう
価格については下記の通りで他2デバイスに比べると手を出しやすい価格になってい
ます。
【iPhone XR】64GB:84,800円128GB:90,800円256GB:101,800円
【iPhone XS】64GB:112,800円256GB:129,800円512GB:152,800円
【iPhone XS Max】64GB:124,800円256GB:141,800円512GB:164,800円

他のスマートフォンに比べるとまだ高価な印象を受けますが、これを機に乗り換えて
みてはいかがでしょうか?

Windows10 October 2018update

Microsoft社が2018年10月10日にWindows Update(バージョン1803)
公開しましたが、新機能や改善よりもデータが削除される不具合が話題と
なっています。

Windows10では年に2回のメジャーアップデートを3月、9月時期に行って
いますが、今回のような致命的な不具合が起きると、次回のアップデート
も心配になります。

すでにWindows10のサービスが開始してから3年を過ぎ、クラウドサービス
への移行を推し進めているMicrosoft社では、今回の問題をどのように
とらえているのでしょうか。

初期化がかかるなどの事象も報告が上がっておりましたが、ファイルの
空き容量などが不足していたり、ファイルシステムの異常により発生して
しまうこともあるようです。

どちらにしても、それらの原因を特定することは困難で、それならば
「アップデートを見送ろう」と考える企業が多いのではと、容易に想像が
つきます。

噂ではバージョンアップの頻度を減らすことも検討しているいわれて
いますが、どこまで本当なのか、引き続き動向を追って行きたいと
思います。

しかし、それらのリスクを踏まえてもアップデートしたくなる、素晴ら
しい機能も存在します。
それが「Windows Autopilot」です。

AppleのDEPやGoogleのZeroTouchのような初期導入作業を軽減できるサービス
が存在しますが、「Windows Autopilot」がこれにあたります。
キッティングの手間を軽減でき、自動で事前に設定したプログラムが起動
する機能となりますので、入れ替え作業や追加での端末導入がとても簡単
になります。

まだIntune以外のMDMは対応していない機能となりますが、MobiControlの
対応を私たちも心待ちにしております。

OSのアップデート制限はMobiControlでも実現しているため、是非Windows10
の業務利用と合わせて検討ください。

iOS12について

日本時間9月18日、AppleiOS12を正式に公開しました。

リリースから一週間が経過しましたが、iPhoneXのユーザーからディスプレイの画質が劣化したなどの声も上がっているようです。

また、アップデート後に「バッテリーが持たない」という声も相次いでいるそうです。
しかし、こちらは、アップデート直後のインデックス再構築や、アプリの自動アップデートによるもので、すぐに収まるそうです。

今回のiOSのアップデートの対応機種は、iOS11と同じで、iPhone5S以降が対応しています。
iOS12では、カメラの起動速度は70%速くなり、アプリの起動は2倍速く、
文字入力のキーボード表示は50%高速になったそうです。
古い機種を使用するユーザーにとっては、今回のアップデートによるパフォーマンス向上は、ある意味救済措置とも言えるのではないでしょうか。

その他にも、スクリーンタイムによる端末使用時間の管理や、通知の設定を即座にできる機能、
Siriとのショートカット連携計測アプリケーションをはじめとしたAR機能の充実化(ARの共有)など、iOS12の新機能は、多岐にわたっています。

 

しかし実際に、アップデートするのは、iOS12のマイナーアップデートの公開を待ってから行うのが推奨されます。
アップデートする際には、iPhoneのバックアップを取る事も忘れないようにしましょう。