Windows10 セキュリティ

Windows10から拡がるMDM+Windowsの拡張性

Microsoft社ではMDMを用いたWindows10のAPI拡張を行っております。
その中でも近年セキュリティの機能を拡充しており、MDM側からの設定変更も用意に行えます。

MobiControlでも多くの機能をサポートしており、その中の一部が下記となります。

シングルアプリ機能

Windowsのアプリケーションを1つ設定し、他のアプリケーションやPCの設定を変更できないように設定することが可能となります。
更に、指定するアプリケーションをランチャーアプリとすることで、複数個の業務で利用したいアプリケーションのみ呼び出すことが可能となります。
業務利用時に、簡素化することで利用を簡略化でき、更にセキュリティ面を強化することが可能となります。

WindowsDefender

Microsoftが提供するウイルス対策ソフトのDefenderをMobiControlから設定可能となります。
セキュリティパッチの更新状況を確認するのはもちろん、更新をMobiControl側から任意のタイミングでプッシュできます。
世界中のWindowsデバイスから怪しいプログラムを検知していため、ウイルス対策ソフトとしても非常に高い検知率を誇っています。

端末の機能制限

カメラ機能やSDカードなどの外部機器とのデータ転送など、企業で用いるPCには様々なセキュリティリスクが潜んでいます。
MobiControlではそれらの端末側の機能を制限することができ、従来個別で端末毎で行っていた機能制限を一括で行うことが可能となります。
時代の移り変わりに伴い、部署や部門で様々な運用が求められるPCの管理を一元管理でき、いち早く設定変更することが可能となります。