Windows10

Windows10から拡がるMDM+Windowsの拡張性

Microsoft社ではMDMを用いたWindows10のAPI拡張を行っております。 Microsoft社のMDMでも管理が可能となりますが、他のOSと統合管理するためにも、MobiControlのような3rd partyのMDMも推奨しています。

MobiControlでも多くの機能をサポートしており、その中の一部が下記となります。

OSアップデートの制限・更新機能

Windows10では年に2回のメジャーアップデートと、月に一度のマイナーアップデートが行われていますが、業務で利用する上では最新のOSにあげることはリスクが伴います。 そのため、情報システム部や管理者側で、一定期間後にアップデート配信を行いたいといった需要が存在します。 Windows10とMobiControlで連携すれば、OSのアップデートが抑止でき、配信したいタイミングで配信したいグループに適応できることで、ネットワークの負荷やセキュリティのリスクを軽減できます。

リモートコントロール機能

端末が「オンライン」となっていればリモートコントロールをすぐに実行でき、状況把握が容易になるため、「何故起きたのか」の解決も迅速になります。 また、双方向での画面共有が可能となるため、ユーザーの操作案内なども簡単に行えます。

アプリケーション・業務ファイルの配信

業務で利用する上では、業務用のアプリケーションや業務ファイルが必ず発生します。 端末一台一台に設定するのはもちろん、アプリケーションのアップデートは、端末を社員に配った後ではとても困難となります。 そこで、MobiControl側からWindowsアプリケーションやZipファイルなど、指定のディレクトリに配信することも可能となります。