次世代型通信回線

少し前から5Gの回線が話題になっています。
ソフトバンクとリコーは8日に5Gにて360度映像のリアルタイム伝送と
YouTubeサーバへの同時配信実験に成功したと発表しました。
そもそも「5G」とは何でしょうか?
4G」とは何が違うのでしょうか?

まず、「4G(第4世代移動通信システム)」が2012年にジュネーブのITUの会議で承認さ
れたことが始まりです。
それまではいわゆる3Gが一般的でしたが、このときから徐々に普及されていきまし
た。
ちなみに携帯回線でよく聞く「LTE」は「4G」の一種です。

3Gも4Gも同じデジタル方式であることは変わりません。
ただし、大きく異なる点として通信速度が挙げられます。

3Gが数Mbps~14Mbpsであるのに対し、4Gは75Mbps~100Mbpと5倍以上も違います。

その上で今回の5Gなのですが、こちらは4Gに比べ体感速度が100倍早くなると言われ
ています。
主な変更点として超高速・大容量通信、超低遅延、同時接続数の増加の三つが挙げら
れます。
1.超高速・大容量通信
単純な速度ですが、5Gでは最大10~20gbpsとなります。

2.超低遅延
4Gでは10~数十ミリ秒の遅延がありましたが、5Gの遅延時間は1ミリ秒以下となりま
す。

3.同時接続数の増加
5Gでは基地局あたりのアンテナを従来の20~30倍に増やすことによって、同時接続数
を増やし、つながりにくさを軽減します。

2020年には東京オリンピックが控えていますが、通信量は現在の1000倍になると言わ
れています。
その中でこの5G回線をどこまで活かしていけるが非常に重要になります。

5Gの導入も2020年と言われていますが、果たして間に合うのだろうかと心配な面もあ
ります。
とはいえ次世代のIT業界の基盤になりますので引き続き目が離せません。

VR・ARの先 MRの可能性

VR(Virtual Reality:バーチャルリアリティ)やAR(Augmented Reality:オーグメンテッドリアリティ)のキーワードも今では馴染み深くなってきました。

VRではSONY社が提供されているPlayStationVRが国内では広く知られており、他にもSamsung社のGearVRやhtc社のVIVE PROなど様々なデバイスが国内外問わずリリースされています。

また、ARではGoogle社が昨年新しく発表した「ARCore」や、Amazon、Microsoft、Appleの大手企業が様々なシステム及びハードウェア技術を競って出してきています。

VRでは仮想現実の中で疑似体験を行え、ARでは仮想現実を日常に反映することが行えるのですが、この2つは一般的なコンシューマー製品だけではなく、ビジネスや学校の教育向けにもニーズを見出しています。

そして、今MRという技術が業務などで活躍できるのではと、期待を持たれております。

MRとは、「Mixed Reality:ミックスドリアリティ」の略称となり、日本語では複合現実と言われています。

MRとは現実世界の情報をカメラなどで解析し、仮想的な情報を現実と紐づけることで新たな世界を投影する技術となります。
言葉で表現するのは非常に難しいのですが、一番有名なものではMicrosoftが提供している「HoloLens」があります。

指でグラスに投影された世界を操作することができ、これにより従来のコントローラーが必要とされないことで、使いやすくシームレスな世界感を提供できるようになります。

すでにNASAの宇宙飛行士の訓練にMRが活用されており、今後は医療現場などでも利用され、教育現場での活用などが期待されています。

VR・AR・MRでは今後も市場が大きく成長することを期待されているため、是非一度デモ機などを触り、自社やお客様のサービスに活用できることを模索してはいかがでしょうか。

業務用途のスマートウォッチ

最近ではお客様から「スマートウォッチの管理がMobiControlでできないか」といったお問合せも増えています。
業務用途でのスマートウォッチの可能性を、各ハードメーカーや企業が模索しており、すでに実用化も進んできているのを肌で感じています。

今では馴染みも多いGoogleの提供する「Android Wear」ですが、発表されたのは2014年6月と今から4年も前となります。
そこから時計メーカーやAndroidのスマートフォンなど販売する各メーカーが、様々なスマートウォッチを販売してきています。

また、「Android Wear」のOS名はGoogleが今年の3月15日(現地時間)に新たな名称へと変更しました。
新名称は「Wear OS by Google」となりますが、日本ではまだまだ馴染みは薄いかなと感じます。

「Wear OS by Google」に名称が代わっても大きな仕様変更はありませんでした。
しかし、Googleが5月3日(現地時間)に発表した「Googleアシスタント」の新機能を見ると、このためにも名称を変えてきたのかと考えさせられます。

「Googleアシスタント」でできることは、アクションをサポートする機能となり、スマートウォッチに対してスマートホーム端末の操作やサードパーティ製のシステムにアクションを実行できるようになります。
スマートフォンで行っていたような作業がスマートウォッチ単体でできることにより、常に身につけているコントローラーとして利用が可能となります。

声だけで利用できるスマートスピーカーだと家の外では利用が難しいため、常に肌身離さず持たれるスマートウォッチならではの活用が想像できます。

また音声での質問や、音声での回答が行えるようになり、ハンズフリーでの操作が実現しています。

この「Googleアシスタント」の機能により、業務用途では今までのハードからスマートウォッチに切り替わる可能性が高まってきました。 
倉庫業ではハンズフリーで利用できる音声での棚卸しや作業ガイダンス、場所や移動速度に合わせて設定変更や緊急連絡を行うなど、様々な活用が想定されます。

実際にカシオ計算機社の提供されるスマートウォッチは岡山県警が実用を開始するなど、用途も多いに広がってきています。

より効率的に業務を進めるためにも、業務用途でのスマートウォッチの活用シーンは、今後益々増えて行くと感じています。

広がるMobiControlの世界

お久しぶりです。
しばらくサーバの移行作業や新規導入でばたばたしておりましたが、新機能含めたMobiControlの機能について久しぶりにご紹介いたします。

今回お話するのは大きく分けて3つ、「Zero-touch enrollment」「LinuxOS対応」「MacOS対応」となります。

国内メーカーではまだ対応のされていない「Zero-touch enrollment」ですが、MobiControlはすでにこちらの機能に対応を行っております。
実際に動作を見ると、AppleでいうDEP(Device Enrollment Program)のサービスに近く、ネットワークに繋げGoogleのアカウントを入れただけで初期設定が軽減できるサービスとなります。

※Zero-touch enrollment
 https://www.android.com/intl/ja_jp/enterprise/management/zero-touch/
※DEP
 http://mobicontrol.jp/blog/2015/11/02/192114/

OSの制限やメーカーの制限がまだあり、国内のMDMベンダーが対応できていないことから、まだまだ脚光を浴びておりませんが、今後より機能が充実していくことは間違いありません。

まだまだ情報も国内では少ないので、今後情報発信を努めたいと考えています。

またMobiControlではこれから2つの新しいOSに対応を進めていきます。それが「Linux」と「Mac」となります。

※Linux
 http://www.linuxfoundation.jp/projects/linux/

※Mac
 https://www.apple.com/jp/mac/

Linuxは20年以上にわたり、低コストのサーバー、コントローラ、デバイス、およびフィールドのエンドポイント製品として提供されており、ひろく企業で活用されています。
業務で活用される中、今までLinuxのモビリティ管理は独自のものが多く、ほとんどのLinuxデバイスは管理がされていませんでした。そこをMobiControlではサポートをスタートしました。

※MobiControlではサポートをスタート
 https://www.soti.net/solutions/multi-os-compatibility/linux-management/

実際に端末のリモートコントロールやアプリケーションの配信など、今までサポートしてきたOSに近く対応されております。
MobiControlでは今後のIoTのエンドポイントとしてLinuxにも力をいれていく方針です。

※IoTのエンドポイントとしてLinux
 https://www.trendmicro.com/jp/iot-security/special/10063

MacOSの対応は私たちも大変楽しみにしていた一つです。Linuxの対応後ということもあり、まだまだ日本では検証を行っている段階ですが、MacOSに対応したことでAppleユーザーをMobiControlではすべてサポートできるようになります。

※MacOSの対応
 https://www.soti.net/solutions/multi-os-compatibility/macos-management/

今までも日本での要望を多く受けていただけに、今後日本のお客様の期待に応えられることを嬉しく思っています。

これらのOSに対応できたことで、業務で利用されるOSをMobiControlではほぼすべて網羅できたのではないでしょうか。
これからは各OSの質をさらに高め、日本向けに発信していきたいと思います。

是非ご期待ください。

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start writing!