Windows 10 最大35日の更新延長が可能に

 


Windows Update方式が「May 2019 Update」より変更されるそうです。

下記の新機能と特徴が追加となります。

・「Download and install now」
このオプションを設定することで、機能更新プログラムのインストールを開始するタイミングを管理可能です。
この機能により、いわゆる「セキュリティアップデート」と「大型アップデート(機能アップデート)」の分離が実現されます。
これまで通りWindows Updateを通じてセキュリティアップデートを実行できる一方、
大型アップデートについては「サポート終了期限が近付いたタイミングで“Download and install”の項目が出現し、個別にアップデート対応が可能」となるようです。

・更新を最大35日間延長する機能 
Windows 10の全てのエディションで、機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方について、インストールを最大35日間(1回につき最大7日間、最大5回)、一時的に停止できるようになります。一時停止期間が上限の35日間に達すると、ユーザーは再び一時停止する前に、デバイスを更新する必要があります。

・テスト期間の拡大と問題の早期発見
アップデート完成後「Release Preview」での長期テストの後に配信を開始し、
配信にあたっては機械学習(Machine Learning)を活用したフィードバック体制が活用されます。
この仕組みは「October 2018 Update」のファイル消失問題の反省を取り入れた対策と言えます。

・使用パターンに基づいたアクティブ時間の設定
Windows 10 Anniversary Updateで導入されたアクティブ時間機能は、手動で構成された時間範囲での更新プログラムの自動インストールと再起動を回避できます。
多くのユーザーは、アクティブ時間の設定を午前8時から午後5時のデフォルトのままにしていますが、
新しい方式では、ユーザーのデバイス固有の使用パターンに基づいたアクティブ時間の調整が可能となります。

 

上記の変更により、作業中に勝手に更新がかかってしまう事による作業の中断を回避できるようになりますね。

以上、今回はWindows Updateの方式変更についてご紹介させていただきました。

<MobiControlのご紹介>
弊社で扱っているMDMツール「MobiControl」はマルチOS対応で、Windows10にも対応しております。
例えば、
・PCのリモート操作
・アプリの自動インストール
・正常性構成証明書の取得
・WIP(情報保護) 、Windows Defenderに関する監視
などの機能がございます。
端末の管理やサポートに役立つ製品ですので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Windows Server 2008のサポート終了

日本マイクロソフト社は8月8日、Windows Server 2008のサポート終了
(2020年1月)に向けて、既存ユーザーへのサーバー移行支援を強化
することを発表しました。
https://www.microsoft.com/ja-jp/business/windows/server-end-of-support- discover.aspx

転換期として、来たる2020年1月14日に Windows Server 2008/R2 が、
2019年7月9日にSQL Server 2008/R2 のサポートが終了します。
これに伴い、まだ上記バージョンを利用されている企業向けに、Azure
への移行を推奨しており、移行時には無償セキュリティ更新プログラム
がさらに3年間追加されるサービスがついてきます。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/

2017年の調べでは、世界のクラウドシェア率でAzure(Microsoft)は13%
前後のシェアをもっており、順調にシェアを高めています。

国内だけでも54万台はあるとされるWindows Server 2008が、どれだけ
Azureに移行されるかにより、シェアも変わってくるのではと考えられ
ます。

日本の企業ではまだまだクラウドに移行するのに、セキュリティポリシー
上難しい企業が多いことも事実ですが、これを機にクラウドへ行こうする
企業が増えるのではと期待しています。

今ではAIをはじめビッグデータの解析など、より処理能力が高く
セキュリティ面のリスクの少ないシステムが求められています。
Windows Server 2008のサポート終了を機に、クラウドのシステムを
検討してみるのはいかがでしょうか。

まだ出ます

2015年10月に「windows 10 Mobile」搭載のスマートフォンを国内で発売すると発表されてから、約10ヶ月経ちましたが、まだまだ端末が登場しそうです。

ソフトバンクはSoftBankの新商品として、法人向けにレノボ製端末「SoftBank 503LV」を発売すると発表しました。

Lenovo

約5インチ(1280pix × 720pix)のディスプレイ、オクタ(8)コアCPUのチップセット、3GBのRAMに32GBストレージ。

背面カメラは800万画素で、前面カメラは500万画素にマイクロSDカードスロットも実装となかなかのスペックとなっています。

Windows 10 Mobileは少ないRAMでもそこそこ快適に動くので、3GBもあれば相当キビキビ動きそうです。

エイサーはやはり法人向けに「Liquid Jade Primo」を8月25日に発売すると発表しました。

Acer

5.5インチ(1920pix × 1080pix)のディスプレイ、ヘキサ(6)コアCPUのチップセット、3GBのRAMに32GBストレージ。

背面カメラは2100万画素で、前面カメラは800万画素にマイクロSDカードスロットも実装もメインカメラの画素数が目を引きます。

チップセットのCPUは6コアですが、フルHDのディスプレイなど、この端末もスペックが高いです。

マウスコンピューターはコンシューマー向けとなる新たな端末「MADOSMA Q601」を発売しました。

Madosma

6インチ(1920pix × 1080pix)のディスプレイ、オクタ(8)コアCPUのチップセット、3GBのRAMに32GBストレージとマイクロSDカードスロットも実装。

背面カメラは1300万画素で、前面カメラは500万画素ですが、メインはF2.0、フロントはF2.4と十分な明るさのレンズを搭載しています。

ファブレットの大きさとなりますが、「Continuum」にも対応し、併せて快適に使えそうです。

世界では失速気味なWindows 10 Mobileですが、日本ではまだ活気がある様です。

Windowsの戦略変更

デスクトップ向けOSの「Windows 10」リリースから遅れて、同じプラットフォームとなる「Windows 10 Mobile」がリリースされましたが、同時に国内では様々な端末が出てきました。

満を持しての登場となる端末も紹介しています。

ただ、これら端末は「スマートフォン」です。

タブレット(スレートPC)の登場が待ち遠しい限りですが、情報がありません。

目を拡げると中国メーカー製らしき端末(タブレット)が出ており、「Windows 10」を搭載しています。

中には「Android」OSとのデュアルブートになっているタブレットもあります。

ほぼ8インチ未満のタブレットで、これはライセンス条件が「8インチ未満」となっているためで、この条件によりOSが無償提供さるので安価なタブレットがあふれています。

このクラスのタブレットはCPUにIntel製の「Atom」を搭載していますが、Intelは今後「Atom」の開発を中止する考えを明らかにしました。

Intelの行動により、タブレットメーカーとMicrosoftはタブレットにおける「Windows 10」の普及に歯止めがかかる恐れが出てきました。

この状況を受け、Microsoftはライセンス条件を「9インチ」へと緩和し、同時に搭載CPU(チップセット)を「Atom」から「ARM系」へ移行できる環境を整えている様です。

ARM系のチップセットですと、「Snapdragon」や「Tegra」、「Exynos」などが有名どこですが、MediaTek製チップセットなど安価でパフォーマンスの高い製品も出ているので、ライセンス条件変更で期待が持てる部分が出てきました。

既存のアプリケーション利用の「親和性」から「Windows」搭載のタブレットが使われる理由になるかと思いますが、安価に導入できる様になれば嬉しい限りです。

もちろん、MobiControlは早々に「Windows 10」に対応し、「Windows 10 Mobile」にも対応済みになっていますので、新しいデバイスを導入しても、変わらずのご利用が可能です。

教科書のデジタル化

本ブログでも学校教育でのタブレットの導入を記事にしていますが、ついに文部科学省が「デジタル教科書」導入へ動き出しています。

 
2020年をめどに全国の小・中・高校生に対して1人1台ずつ端末を用意することを想定しており、当面は紙とデジタルが併用される方針で固まったということです。

デジタル化になれば持ち歩けない量の資料を付加できたり、辞書や問題集の参照も容易になります。また、単純に教科書を家に忘れることもなくなるでしょう。

その一方でタブレットの買い替えのコストや端末のサポートの問題もありますし、端末を学校に置いていくことが義務化されると、卒業と同時に学習ログが消えてしまうという課題もあります。

さらに教科書ともなると、教科書検定制度で中身をチェックする作業も発生します。

紙の教科書でも膨大な情報量な上に、短期間でのチェックしている現状では、デジタル版で同等の正確性を保つのは困難だと言う有識者もいるようです。

また、動画教材などで特定の事項に焦点が当たった場合、海外から思わぬ批判を呼ぶことになるという懸念もあります。

やはりデジタルにする利点は大きくても、一気に紙の教科書から切り替えるにはクリアしなければいけない課題も多いですね。

デジタル化の決定をしたからには、学習する子供たちにとって良い結果となるように進めてもらいたいものです。

OSサプライヤーのSIM

フューチャーフォン(ガラケー)が登場した時は通信キャリアが端末と回線を提供していましたが、もちろんこの提供形態は現在でも続いていますが、スマホ登場時から通信キャリアの回線を借り受けた「MVNO」(仮想通信事業体)も登場しました。

借受元キャリアの端末であれば利用可能だったので、「キャリア以外のSIM」として新しい道が出てきました(もっとも、SIMにはキャリア名が印刷されていましたが)。

今では、すっかり定着した感があり、様々なMVNOが登場し、オリジナルなプランを展開しています。

また、スマホでもキャリア提供のものだけでなく、「SIMフリー」な端末も多く出てきまし、一定期間が経過すればキャリア提供の端末もSIMフリー化できる様になりました。

特に、SIMフリー端末は旅行などでの海外利用を考えた場合、現地SIMの利用が可能となるので、圧倒的な費用低減効果が現れます。

更に便利なSIMを・・・とのことでしようか、アメリカ/アップル社は1枚のSIMカードで複数の通信事業者を選択できる仕組みを作りました。

「Apple SIM」です。

Apple_SIM

当初、限定された地域での展開に留まっていましたが、日本でも展開が開始されました。

このSIMがあれば、来日した外国人は日本の通信会社を選択して利用できますし、日本人が海外に行った際も、現地通信会社が提供するプランを手軽に利用できる様になります。

SIMの交換がなくなるだけでも、使い勝手が非常に良さそうです。

アメリカ/グーグル社(アルファベット社)も同様な仕組みとして、「Project Fi」を考えていますが、Wi-Fiとの組み合わせでシームレスな通信を目指しています。

Project_Fi

スマホ界でがっぷり四ツとなっている、アップル(iOS)とグーグル(Android)がSIM絡みの通信でも四ツを組もうとしています。

この中にアメリカ/マイクロソフト社が割って入ろうとしています。

Windows 10が好調で、日本でもWindows 10 Mobileを搭載したスマホが発売され始めましたが、スマホのシェア拡大を狙ってか、2社と同じ土俵に上がろうとしています。

Celler_Data

「マイクロソフトSIM」の登場で三つ巴の様相を呈してきましたが、マイクロソフトSIMはマイクロソフトアカウントからの支払いが可能の様で、決済時の利便性が高そうです。

SIM利用が可能なWindows 10 PCやタブレットも含めて考えると、スマホシェアの圧倒的に低いマイクロソフトのサービスも意外と検討するかもしれません。

何れにしても、3社共に日本でもしっかりとしたサービス展開をしてもらって、便利さを享受したいところです。

待ち遠しさが高い、サービスの話でした。

IEのサポート期限

Microsoftは米国時間の1月12日、2016年のセキュリティアップデートを開始しました。

このアップデートで「Windows8」と「Internet Explorer 8」、「Internet Explorer 9」、「Internet Explorer 10」のサポートも終了します。

(Internet Explorerは、以下IEと表記)

今まではWindowsOS本体のサポート終了日まで、いずれのバージョンのIEもサポートが継続されていましたが、今後サポートされるIEは最新版のみになりました。

 
サポートが終了するとセキュリティ更新プログラム(セキュリティパッチ)の無償提供が終了し、新たに見つかったセキュリティ上の脆弱性も放置されてしまうため、最新版IEにアップグレードするか、セキュリティサポートが提供されている他のWebブラウザへ移行する等の対策は必須です。

各WindowOSで利用できるIEのバージョンについては、下の表を参考にしてください。

ie_support

 

この表はESETがセキュリティブログに掲載した記事「Microsoft ends support for old Internet Explorer versions」に掲載されていたものです。

左側がOSで、右側が2016年1月のアップデートでサポートされているIEです。

 
ちなみにWindows Vistaでの「IE 9」のサポートは2017年4月まで、Windows Server 2008での「IE 9」のサポート期間は2020年1月までなので、サポート終了時期は目の前ですね。

 
Windows Vistaは昨年末のデスクトップOSシェアのTOP10に入っており、ユーザーは減少傾向とはいえ一定数いますので、サポート終了期限には気を付けてもらいたいものです。

 

しかし既に現段階でVistaユーザーだけでなく、全IEユーザーが「ブラウザは常に最新版を利用すること」を意識することが重要ですね。

プログラミングを身近に

「Hour of Code」をご存知ですか?

 
「Hour of Code」は、アメリカで2013年から始まった、子どもたちにコンピュータサイエンス教育を普及させようという運動です。

 
米国の非営利団体「Code.org」が始めた運動で、米国でのIT人材不足の解消やSTEM教育の向上
にも期待されており、オバマ米国大統領やMicrosoft創業者のビル・ゲイツ氏らも支援しています。

 
「Code.org」の主な活動は、ウェブサイトを通じて1時間で簡単にプログラミング体験できる教材や学習環境を提供することと、インターネットを通じたプログラミング教育の啓発活動です。

 

ウェブサイトでは「アナと雪の女王」や「アングリーバード」「スターウォーズ」など、子供に人気のキャラクターが教材に使用されており、子供がプログラミングに興味を持つ工夫が施されています。

 
どの教材も1つのステージに1つの課題が用意されており、クリアすれば次に進めるという形式のため、ゲーム感覚で楽しめます。

 

Hour of Codeのプログラミングを体験した人数は、2013年に1500万人、2014年には6000万人を超え、今年は全世界で約1億人の子どもの参加が見込まれています。

 
今月5日には東京・渋谷でも「Hour of Code Japan 2015 オープンニング」が開催された他、教育機関や関連団体を中心に、全国で100件近いワークショップが開催されました。

 
Apple Store各店でも行われていたようです。

apple_1215

 

「Hour of Code Japan 2015 オープンニング」を主催したみんなのコードは、Code.orgの公認パートナーとして今後もワークショップやイベントを全国で展開するとともに、小学校でもプログラミング教育の必修化を見据えた活動を予定しています。

 
小学校で英語が必修科目になり数年経ちましたが、近い将来ではプログラミングが必修科目になるかもしれません。

 

幼い頃からプログラミングを学んだ世代が、今後どんなサービス・仕組みを生み出すのか楽しみですね。

気になるガジェット 2015

PC版Windows 10がリリースされてから、幾らかの時間が流れました。

もう一方で、待ちわびているのが「Windows 10 Mobile」です。

「Windows Phone 8.1」に置き換わるOSとなり、PC版Windows 10と同じプラットフォームとなりますが、モバイル向けということもあり、開発が難航しているのでしょうか。

Microsoft Lumia(旧Nokia Lumia)のフラッグシップ機である「Lumia 930」の後継機種、「Lumia 950」もお披露目から随分時間が経っています。

Lumia_950

やっと、ニュースがやって来ました。

「Lumia 950」、および「Lumia 950 XL」はドイツ市場に於いて、2015年11月28日に発売を予定している様です。

おそらく、このタイミングで既存の「Windows Phone 8.1」端末も「Windows 10」にアップデート可能になると考えられます。

「Insider Preview」版の様子をみてみると、なかなか苦戦している感じでしたが、やっとリリースに漕ぎつけた様です。

楽しみに待ちたいと思います。

楽しみといえば、「小型化」されるスマホが登場するかもしれません。

最近では「ファブレット」というジャンルが確立し、スマホの筐体自体が大型化していました。

大型化したスマホをより「小型」にするために、「折り畳んでしまおう」との発想です。

Foldable_DRAS_Phone

Digital Resistive Area Sensing(DRAS®)テクノロジーを利用した「Foldable DRAS Phone」です。

このデバイスはR&D Core Limitedが開発を進めています。

同社が開発を進めている「折ることが可能な」ディスプレイをモバイル端末に応用し、多段の「折れ」に対応しています。

見た目にとてもインパクトがあり、楽しみな端末になりそうです。

「折れ」では、ユニークなキーボードもありました。

LG_Rolly_Keyboard

韓国/LG社が開発しているキーボードは海苔巻きを巻く要領でクルクルすると、文鎮型にまとまります

乾電池で駆動し、重さは156g。

Bluetoothで通信するので、Wire Free。

スマホと同じくらいの重さなので、持ち歩いたとしてもあまり気になりませんね。

打鍵感が気になります。

Microsoftの反撃?

日本で来年初頭に発売が予定されているSurface Book。

surface_book
Microsoftのノウハウを全て詰め込んだと言われるキーボードに、MacBook Proの2倍の処理速度、バッテリーの持ちも良いということで、注目を集めています。

 
Microsoftは「究極のラップトップ」と表現し、アピールしていますね。

 
発売前にも関わらず、機能比較表レビューなど、ネットでは様々な記事で溢れています。

 
日本と米国での発売時期の違いについて、「米国での売れ行きが想定以上で充分な数量を確保できてないため」とマイクロソフトが発表していることから、期待が更に高まります。

 

そんな中、Microsoftがニューヨーク市の5番街に、旗艦店を26日にオープンさせました。

 
Apple Storeから数ブロックしか離れていない距離でのオープンです……かなり強気ですね!

 
ちなみにこの旗艦店では「Surface Book」と「Surface Pro 4」が購入できるほか、セミナーやトレーニングを開催できるコミュニティーシアタースペースや、技術的な質問や修理の相談を受け付けるAnswer Deskも設けられています。

 

他にもMicrosoftの製品及びPCパートナーの製品の展示や、地域のランドマークを観光客らに紹介するculture wallが用意されており、購入目的でなくても覗きたくなるような空間になっているようです。

 
Microsoftは2012年に「Windows8」の発売に合わせてをマンハッタンのタイムズスクエアに旗艦店をオープンしていますが、臨時店舗のため数か月後に閉店しています。

 
今回の旗艦店はどう転ぶでしょうか…。