高まるGoogle Tangoへの期待 ~ARとモバイル~

昨年12月にリリースされた LENOVO の Phab 2 Pro には、Google TangoのAR技術が搭載されており話題を呼びました。発売当初は「ARが売りのレノボ端末を買うにはまだ早い」といった声を周りから聞いてもいましたが、そこから半年近く経った今では購入を検討している人たちが増えているのではないかと思います。

理由は大きく分けて2つあります。

 

1つは半年前と比較し、Google Tangoに対応したアプリが増えてきたことで。まだまだ、一般的なアプリと比べると数は少ないですが、確実にその数は増えてきています。

中でもBMWが提供しているアプリ「BMW i Visualiser」は、是非体験してみてください!!

カメラを向けた先に「BMW i3」と「BMW i8」を投影し、自在に希望の色やホイールに変更することができ、実際に購入した時のイメージを店舗に行かなくとも、自宅の駐車場で行える。近未来型のアプリとなっています。

実際に扉を開き乗り込むこともでき、今後の「物」のあり方を問う画期的なシステムとなっています。

 

もう1つの理由として、LENOVO以外のメーカーがTangoに対応した端末をリリースすることにあります。4月に発売されているものでは、ZenfoneARがあり夏以降に国内でもリリースを予定しています。

ZenfoneAR では、AR だけではなく VR の機能も搭載されており、ヘッドセット(Daydream)をつけることで、高解像度のバーチャル世界を体験できます。 ※Daydreamは2017年4月現在、日本未発売となります

 

夏以降、LENOVO以外の端末でもTangoい対応されていくことで、アプリの数も増えていくと考えられ、業務や販促ツールとしての活用も今後どんどん増えていくと期待できます。

是非、これを機に一度検討してみてはいかがでしょうか。