2021年に考慮すべき小売業者のトップ4トレンド

※MobiControlの開発元SOTIからの発信内容をご紹介します。

 

(原文:https://soti.net/resources/blog/2021/top-4-trends-for-retailers-to-consider-in-2021/)

 

by Stefan Spendrup on Jan 12, 2021

 

 

今年は他に類を見ない年であり、小売業界にとって特にそうでした。年初に小売業界の頑健性とCOVID-19の出現に関する懸念が高まり、実店舗は閉鎖され、小売業者は消費者をオンラインで引き付ける新しい方法をすぐに考えています。

 

消費者の消費習慣が変化し続け、店舗が再開し始めると、顧客に素晴らしいショッピング体験を提供することは、もはや単に良いことではありません。付加価値をもたらし、より人間的な体験を生み出すとともに、生き残るために不可欠となります。実際、SOTIの最新小売レポート、 From ‘Bricks to Clicks’: Navigating the Retail Revolution によると、消費者の76%は、モバイルデバイスによりパーソナライズされた店内体験を望んでおり、67%がモバイル技術を活用すると小売業者がより速く買物を提供できると思っています。しかし、これは小売業におけるテクノロジーの将来にとって何を意味するのでしょうか。

 

2021年に小売業者が注目する必要のある今後のテクノロジートレンドのいくつかを紹介します。

 

1.テクノロジーはCOVID後の小売業者の新しい在り方を生みだします

 

実店舗は、顧客の来店を増やし、売り上げを伸ばし、顧客を引き付けるために長い間苦労してきました。その結果、顧客体験を向上するための革新的なテクノロジーソリューションに投資することで小売業界が自らを改革したいという要望が高まるにつれ、オフライン小売とオンライン小売が融合し始めました。

 

顧客がオンラインショッピングの即時性と店内での個人的な接触の両方を要求するにつれて、適応しようとする小売業者にとって、人工知能(AI)などのテクノロジーソリューションは2021年の成功の鍵を握っています。AIソリューションを使用するブランドのそのような例の1つは、H&Mの例です。これは、テクノロジーを使用して店舗のレシートと返品を分析し、消費者の購入と傾向を評価して、小売業者が最も人気のあるアイテムを宣伝し仕入れられるようにするデータを生成します。

 

テクノロジーへの投資が増えるにつれ、2021年にはこれまでにないような店内ショッピング体験が提供されます。カスタマーサービスを改善するための小売売店の使用の増加、SoftBankのヒューマノイドロボットPepperのようなカスタマーサービスロボットの出現、Amazon Goのような実店舗を試すオンライン小売業者のいずれであっても、小売業界は技術的な復活を遂げるでしょう。

 

2.自律配送が実現します

 

パンデミックに伴い、小売業者は自動運転車やドローンなどの自律配送を検討してきましたが、これらの配送方法が実現し始める可能性があります。

COVID-19は大きな変化をもたらし、安全な買い物方法を求める顧客とともに、2021年にこれらの非接触型の配送が加速します。この急激な消費者の態度の変化は配送モビリティの未来を変えますが、これを実現するためには、小売業者は、ロジスティクスとブロックチェーンを管理し、サプライチェーンに沿ったセキュリティを確保するために、より堅牢なモバイルテクノロジーに投資する必要があります。

 

3.オムニチャネルはテクノロジーの接続から恩恵を受けます

 

AI、ロボット工学、モノのインターネット(IoT)などのテクノロジーの接続により、小売業者は真のオムニチャネル体験を作り出し、単一の高品質なカスタマージャーニーを確保できます。このつながりにより、オンラインショッピングと店舗でのショッピングがより緊密になり、新年の顧客に付加価値がもたらされることがわかります。

 

来年は、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の使用も増加し、オンラインと店舗の両方の体験が消費者にとってはるかに相互作用するようになります。たとえば、店内の買い物客はARを使用して物理的な商品をスキャンし、インスタント情報を入手できます。VRを使用すると、オンラインの買い物客は没入型の体験を楽しむことができます。ロレアルなど、メイクアップブランドはすでにこのテクノロジーを活用しており、ARを介してファンデーションを肌の色に合わせるために仮想的にメイクアップを試すことができます。

 

来年は、小売業者がCOVID後に繁栄するためにテクノロジーソリューションを使用するさらに創造的な方法を模索するにつれて、オンラインと店舗の融合が続くと見ています。

 

4.モバイルテクノロジーはチェーン全体を改善します

 

予見可能な将来に「通常のビジネス」に戻ることはありそうもないことを考えると、以前はデジタル戦略に投資していなかった小売業者は、現在生き残るためにデジタル変革計画を急いでいます。この一部には、モバイルテクノロジーへの大規模な投資が含まれます。これは、COVID後の世界に備えて小売業者が行う必要のあることです。

2021年には、携帯用デバイスにより従来のシステムよりも短時間で注文を処理できるため、倉庫スタッフの効率を高めるモバイルソリューションが登場する可能性があります。これに加えて、ロジスティクススタッフは、より信頼性の高いデバイスとアプリを利用して輸送し続け、管理チームは倉庫から現場店舗までサプライチェーンを完全に可視化できるため、問題を迅速に修正して、デバイスのダウンタイムの負担を軽減できます。