2021年に考慮すべきヘルスケア組織のトップ3トレンド

※MobiControlの開発元SOTIからの発信内容をご紹介します。

 

(原文https://soti.net/resources/blog/2021/top-3-trends-for-healthcare-organizations-to-consider-in-2021/)

 

by Shash Anand on Jan 4, 2021

 

 

COVID-19の世界的大流行により、医療専門家が命を救い、ファイルにリモートでアクセスし、古いテクノロジーやさらには筆記のプロセスによるダウンタイムをなくすための、効率的なモバイルテクノロジーの必要性が高まっています。

 

より多くのデータベースの治療法が使用されるにつれて、臨床医は患者の症状を早期に検出し、治療法を調整し、より正確に進行状況を追跡できるようになりました。ただし、医療専門家がデータを最大限に活用するためには、データが正確であり、継続的に更新される必要があります。そして専門家は、これらのデバイスをリモートで使用できなければなりません。

 

これを実現するには、現場のスタッフが適切なデバイスと適切なシステムを導入する必要があります。これらのデバイスは相互にシームレスに接続し、誰が、また何が企業のオペレーティングシステムを使用していても、権限を持った関連する全てのシステムとユーザーがデータをすぐに利用できる必要があります。

 

実際、最近のレポート「クリティカルケアのためのクリティカルテクノロジー:ヘルスケアのモビリティの状態」によると、世界の現場労働者の65%がより良いテクノロジーを求めており、パンデミックの最中、米国の医療労働者の71%が、COVID-19に関連する状況を管理するためにはテクノロジーとシステムが不十分だと述べました。2021年に入ると、よりスムーズな運用を保証し、患者経験価値を向上させるために、医療専門家がテクノロジーのトレンドを備え、利用することは不可欠です。2021年に注目すべきテクノロジートレンドのトップ3は次の通りです。

 

1.ロボット工学とドローンの台頭

 

ロボットは、高レベルの正確さ、精度、耐久性、速度により、多くの産業の運営方法に革命をもたらしています。統合されたモバイルやIoT管理戦略によるサポートのもとで、ロボットの手術室での使用が増加し、ある場所から次の場所への医療品の収集などの単調なタスクを実行し、バイタルサインのチェック、患者の状態の監視、さらには採血などのルーティンタスクをこなします。

 

ドローンの活動も急増しており、リモートで患者に非接触で安全かつ迅速な支援を提供しています。

 

COVID-19の蔓延を抑えるため、通常は人々が実行するタスクの処理に、ロボットやドローンの使用が増えてきています。

 

• 消毒: COVID-19で汚染されている可能性のある病室やエリアを消毒するために、強力な紫外線(UV)ライトを備えたロボットが送られます。紫外線は有害なウイルスのDNAとRNAに損傷を与え、増殖する能力を妨げます。

 

• 食事の配達:隔離された患者に毎日の食事を配達するためにロボットが使用されています。

 

• 医療用ドローン: COVID-19のパンデミックにおいて、薬局は混雑し、研究所は支援されます。処方箋や医薬品を配達したり、血液サンプルを検査施設に送ったりするためにドローンが送られます。これにより、人と人との接触が制限され、遠隔地や農村地域の人々が適切なサービスを受けられます。

 

2.革新的なモバイルテクノロジー

 

医療従事者はモバイルテクノロジーを使用することで、時間がかかり、患者経験価値が低下する可能性のある古いシステムによる患者の記録を更新し続けています。

 

最近のヘルスケアにおけるモビリティの状態に関するレポートによると、医療従事者の26%から39%(市場によって異なります)が、紙やペンなどの手動プロセスをまだ使用していることを確認しました。4分の1未満が、モバイルデバイスを介して一般的な医療情報にアクセスすると答えています。一方、わずか18%が、デバイスを使用して検査結果などの患者固有のデータにアクセスすると答えました。

 

SOTI Snapを使用すると、医療提供者は、患者が自宅にいるときに医師や看護師と重要な情報をやり取りしたり共有したりできるアプリを数分で簡単に作成できます。これは、潜在的なCOVID-19感染患者への医療提供者の曝露を制限します。

 

WHOのデジタルヘルスに関するグローバル戦略2020– 2025レポートによると、在宅医療機関は2023年までに完全にデジタル化する必要があります。モバイルテクノロジーとアプリを使用することで、医療提供者のチームが患者データを安全に共有してアクセスできるようになります。これにより、テストセンター、医師、看護師は、個人がテストされた瞬間からすべてが揃っていることを確認できます。

 

3.プライバシーとセキュリティ対策の強化

 

重要なヘルスケアの提供を支援するモバイルテクノロジーとモバイルデバイスでの使用の増加、およびネットワーク間で共有される大量のデータに関しては、あいにく、ヘルスケア組織がセキュリティ違反を積極的に防御しなければならないのが現実です。

 

世界的な2020年の調査によると、データ漏洩の平均総コストは386万ドルです。また、この調査では、侵害の平均総コストの40%近くがビジネスの損失により占められていることがわかりました。これらのコストには、システムのダウンタイムによる収益の損失、顧客の離職率の増加、評判の低下による新規ビジネスの獲得コストの増加が含まれます。この調査により、特に医療部門を見ると、データ漏洩の平均コストが2倍以上の713万ドルに及んでおり、このような漏洩にかかる業界最高の平均コストに相当することがわかりました。

 

金額、機密性の高い患者データ、および危機に瀕している風評リスクを検討すると、問題の大きさを理解できるでしょう。患者記録システムに対する懸念は常に高いままです。私たちの調査では、デバイスがマルウェアやサイバー攻撃から適切に保護されていると感じていないのはわずか15%であることがわかりました。これを米国にいる医療専門家の数に当てはめると、270万人が安全でないシステムに取り組んでいる可能性があります。SOTI ONEプラットフォームなどのテクノロジーを活用することで、医療機関は管理対象デバイスをいつでもどこでもロックダウンして、セキュリティとコンプライアンスを維持し、機密データを保護できます。

 

さらに、モバイルテクノロジーを採用する医療機関が、患者と医療専門家の両方にとって同様に、より安全で合理化された便利な経験を最大限に活用するために、現場を適切にトレーニングし、それらの使用方法についてスタッフをサポートすることが不可欠です。

 

COVID-19の世界的大流行が私たちに何かを教えてくれたとしたら、データ駆動型のセキュリティで保護されたモバイルテクノロジーは、医療専門家が患者を効率的かつ効果的に治療するために必要なものだということです。適切な専門知識、適切なテクノロジー、適切な統合アプローチにより、データはグローバルヘルスケアの変革を可能にします。