モビリティ戦略をアップデートして、物流業界のピンチをチャンスに変える

※MobiControlの開発元SOTIによるSOTI ONE Platformについての発信内容をご紹介します
(原文https://www.soti.net/resources/blog/2020/level-up-your-business-critical-mobility-strategy-to-turn-your-supply-chain-pains-into-supply-chain-gains/)

新型コロナウィルス(COVID-19)による混乱は、「サービスを中断させない」ことの重要性を考える契機となるのではないでしょうか。

パンデミックへの対応は、国や地域によって多少の違いはありますが、ほとんどの場合ある程度の自己隔離が推奨されています。
集団行動の制限、在宅勤務の奨励、不要不急であるものを除いたサービスの制限、自宅待機措置などがその一例です。
これらの対策により多くの人が外出を控えた結果として、1年前の同時期と比べてオンライン購入が52%増加しています。1
また、隔離がより厳格に管理されている中国では、1つのオンライン小売業者の食料品の売上高が前年比で215%増加しました。2
サービス維持のために、物流業界は最前線の従業員の保護、遅延の緩和に取り組む必要があり、これは経済に波及効果をもたらすでしょう。

◆ビジネス継続性と管理されたモビリティ

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により在宅勤務が多くの企業にとって必須のポリシーとなった現在、最新のモバイル技術の採用が大幅に増加しています。
そんな中、物流業界は今回のパンデミックによる対策が始まる前から、モバイル技術の依存度が高く、それらによって顧客サービスの向上、コストの削減、生産性の向上を実現していました。
しかし今回、需要に応じて仕事量が増加するにつれて、更新されたリアルタイムの在庫情報を表示できる自動レポートシステムの導入などのさらなる対応が求められています。

この期間中のクライアントと顧客のサービスの継続性は、リモートアクセスとサービス機能の深化によって改善されます。
安全な接続とデータの保存を保証することは常に最優先事項であり、今や極めて重要です。

モバイル技術を用いることによって管理の複雑さが増し、
セキュリティ、リモートサポート、アプリとコンテンツの配布、プライバシーとモバイル端末の分析など、様々な要素が増えることは導入の上でネックになりかねませんが、1つのシームレスなプラットフォームですべてのモバイル端末の管理を最適化するように設計された統合モビリティ戦略により、これらのリスクは排除が可能です。

企業がどれだけ迅速に、モバイル技術の利用に適応することができるかによって、さらなる変化を乗り切れるかどうかが決まります。

◆物流業界の企業がモバイル技術にどのように順応できるか

今後物流業界の企業は、既存のモバイル技術を活用しつつ、新たなシステムを導入し、加えて冗長性の計画とプロトコルを実装する必要があるでしょう。
そして適切にシステムを運用するためには、組織内のすべてのレベルで明確な一連のステップ、役割および責任の定義も必要です。

例えばElectronic Logging Devices(ELD)は、車両を相互に接続し、ルートを最適化し、注意散漫な運転の懸念を軽減し、安全性とコンプライアンスを確保するために完全に最適化する必要があります。
小型機器をスマートグラスや時計などの身に着けられるものに置き換え、さらに全車両を統合すると、ハンズフリーで中断のないアクティビティが可能になり、時間とコストの節約が可能です。

SOTIのお客様にとって、これはモバイル技術を用いたデバイスをリモートで安全に管理、トラブルシューティングできるSOTIの広範なITインフラストラクチャのサポートを活用することを意味します。
データインサイトを共有すると、ネットワーク全体で共有できるインテリジェントな分析も提供され、情報に基づいた適切なビジネスが可能となります。

◆コミュニケーションが鍵となる

物流業界の企業は、パイプラインに沿ったすべてのタッチポイントを考慮する必要がありますが、その中でも顧客やパートナーへの明確なメッセージ通達が最優先です。
最終的に荷物を受け取るエンドユーザーが配送物の安全性を信じていない場合、配送チェーンに沿って実行されている手順に関係なく、企業の収益に影響が及びます。

上記に対し、運送・物流業界のコミュニティに向けた私たちのメッセージは明確です。
SOTIは、エンドからエンドへのサプライチェーンの可視性を獲得し、運用中の予期しない中断に適応する能力を向上させることができます。
また、SOTI ONE Platformは、モバイルデバイスのダウンタイムの削減が助長できるよう設計されており、あらゆるステップにおいてドライバーを安全に保ち、企業資産を追跡し、効率的なサプライチェーンを維持させることができます。

私たちはまだこの世界的パンデミックの初期段階にあるため、短期計画はこれまで以上に重要になってきます。
また、企業は、長期にわたって混乱状態に陥る可能性を考慮し、かつそうなった際は可能な限り対応する必要があります。
不確実性は混乱を生み、パニックを引き起こしますが、モバイル接続とリモート接続は、一部のパニックを緩和するのに役立ちます。したがって、頻繁なアップデートを提供し、サービスを継続するための明確な策略を立てることはとても有益です。


1. Yahoo! Finance, 6 E-commerce Stocks to Gain as Coronavirus Boosts Online Orders, March 2020.
2. Yahoo! Finance, 6 E-commerce Stocks to Gain as Coronavirus Boosts Online Orders, March 2020.