新しいGoogleマップについて

 

今後数週間以内に、新しいGoogleマップが日本に導入されるそうです!

新しいGoogleマップでは、現在のような「次を右折」といった表現ではなく、
「コンビニで右折」のように、ランドマークを目印とするナビゲーションが提供され、
さらに、今後数ヶ月の間には、より便利な乗換案内やダウンロード可能なオフラインマップなどの機能も加わるとの事。

また、これまでより簡単にユーザーがフィードバックを送ることができるようになり、
フィードバックによるデータの更新や修正がいち早くマップに反映されるそうです。

それによって今後、Googleマップの精度はより高まり、ユーザにとっても利用しやすいものとなっていきますね。

 

これだけのサービスが無料で利用できるとなると、
わざわざカーナビを購入しなくてもGoogleマップをインストールした
タブレットで十分と考える人が増えるのではないでしょうか。

実際、運送業やタクシー業界などにおいて ドライバー用の端末に、
マップや電話など、業務に利用するアプリケーションを入れて利用している企業様もいらっしゃいます。

 

そうした運用をする際に、弊社の扱う【MobiControl】で端末を適切に資産管理することが可能です!

業務に関係の無い[アプリの制限]、端末の紛失時に有効な端末の[位置情報把握][ウィルス対策]
複数台の[アプリケーション配信]、不具合時にサポートを容易にする[リモートコントロール]など多くの機能が備わっています。

その他にも、通常のホーム画面ではなく専用のメニューを適用し、運転中は画面表示を制限してわき見を防止するなど様々な運用が可能です。

世界ではビジネスで使用されるスマートフォンの半数以上がAndroidOSです。
そんな中、企業がAndroidデバイスをより適切に管理および保護するのを支援するために、
Googleはデバイス管理のためのソリューションを検証するAndroid Enterprise Recommendedプログラムを開始しました。

そして、なんと【MobiControl】は2019年1月14日、Android Enterprise Recommendedプログラムの
検証済みソリューションとして、正式に発表されました!

SOTI MobiControlのAndroid管理機能の詳細については、https://soti.net/solutions/android-managementをご覧ください。

様々なアプリケーションが端末で無料で利用できる環境において
不必要なアプリを制限したり、デバイス管理について考えることはとても重要です。

ぜひ興味がある方は下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ