iOS12について

日本時間9月18日、AppleiOS12を正式に公開しました。

リリースから一週間が経過しましたが、iPhoneXのユーザーからディスプレイの画質が劣化したなどの声も上がっているようです。

また、アップデート後に「バッテリーが持たない」という声も相次いでいるそうです。
しかし、こちらは、アップデート直後のインデックス再構築や、アプリの自動アップデートによるもので、すぐに収まるそうです。

今回のiOSのアップデートの対応機種は、iOS11と同じで、iPhone5S以降が対応しています。
iOS12では、カメラの起動速度は70%速くなり、アプリの起動は2倍速く、
文字入力のキーボード表示は50%高速になったそうです。
古い機種を使用するユーザーにとっては、今回のアップデートによるパフォーマンス向上は、ある意味救済措置とも言えるのではないでしょうか。

その他にも、スクリーンタイムによる端末使用時間の管理や、通知の設定を即座にできる機能、
Siriとのショートカット連携計測アプリケーションをはじめとしたAR機能の充実化(ARの共有)など、iOS12の新機能は、多岐にわたっています。

 

しかし実際に、アップデートするのは、iOS12のマイナーアップデートの公開を待ってから行うのが推奨されます。
アップデートする際には、iPhoneのバックアップを取る事も忘れないようにしましょう。